キンプリ(King&Prince)解散はいつ・理由は何?12月31日に解散って本当?

キンプリ(King&Prince)解散はいつ・理由は何?12月31日に解散って本当? キンプリKing&Prince
スポンサーリンク

2022年11月4日夜、突然ビッグニュースが舞い込んできました。

  • キンプリ(King and Prince)が、2023年5月22日で5人での活動を終了。
  • 平野紫耀さん・神宮寺勇太さんは2023年5月22日に、岸優太さんは2023年秋にジャニーズ事務所を退所。
  • 永瀬廉さん、髙橋海人さんはキンプリのメンバーとして活動を続ける

ということです。

突然の出来事にキンプリのファンは騒然となり、ショックを隠しきれない様子。

実質「解散」となってしまいましたが、キンプリの解散理由は一体なんでしょうか?

そしてキンプリは、12月31日に解散するという噂も流れています。

ここでは、12月31日が解散という情報に関しても調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

キンプリの解散はいつ?

キンプリの解散は2022年5月22日と決まっています。

5月23日がキンプリのデビュー日です。

デビュー5周年を迎える前日に3人が脱退します。

突然のニュースから半年での解散、となります。

契約しているCMの都合上や、テレビ番組のレギュラーとの兼ね合いなどを考慮した上での時期だったのではないでしょうか。

キンプリ解散が12月31日って本当?

「キンプリは2022年12月31日に解散する」と噂されています。

ではなぜ、12月31日という説が流れたのでしょうか?

いくつか根拠があるようなので、見ていきたいと思います。

①SMAPの解散、嵐の活動最終日が12月31日だったから

先輩グループのSMAPは、2016年12月31日に解散。

嵐は2020年12月31日をもって活動休止しました。

12月31日を選んだ理由は、キリが良い・一年の締めくくりということが一番だとは思いますが、この先輩2大グループの節目が12月31日だったため、「キンプリの解散も12月31日」だと言われたのではないでしょうか。

しかし、2022年11月4日に解散報告→12月31日に解散のスケジュールは、かなり急だと思われます。

あまりにも急なニュースでファンの落胆も大きいため、解散日まで少し時期を開けたのではないでしょうか。

このようなことから、キンプリが12月31日に解散するという可能性は低いでしょう。

②「NHK紅白歌合戦」が5人のキンプリの最後のテレビ出演となると思われたから

大晦日、12月31日の楽しみといえば「紅白歌合戦」です。

キンプリも3年連続で出場しており、2022年も出演の可能性は高いと言われています。

過去の紅白の状況から見ても、引退・解散などを紅白に合わせてくる歌手は何人もいました。

憶測ですが、①の話の通り、12月31日にキンプリが解散する可能性は低そうなので、紅白がキンプリ5人揃っての最後のテレビ出演になることはないと思います。

2022年11月15日現在、キンプリが紅白に出るのかは未定です。

ここはぜひ揃って5人で紅白のステージを踏んでほしいですね。

スポンサーリンク

キンプリ解散の本当の理由は何?

キンプリの解散の本当の理由は何でしょうか?

SNSを中心に、いろんな憶測が流れていますが、大人気アイドルグループが解散する理由を知りたいですね。

解散の本当の理由を挙げてみたいと思います。

①退所する3人は海外進出、残る2人はアイドル・俳優業を目指すため

2022年11月4日、キンプリはファンクラブ会員向けにメッセージ動画をアップ、11月10日には、永瀬廉さんがラジオ番組で心境を告白。

共通していた点は、

  • 平野さん、岸さん、神宮寺さんは海外進出を目指すために脱退・退所を決めた。
  • 永瀬さん・髙橋さんはジャニーズ事務所でキンプリを守り続けていく。
  • 5人の意思を尊重して結論を出した。

キンプリはデビュー当初から「海外進出」が目標で、ジャニーさんからは「YOU達ならできる」と言われたほど。

ところが2020年になって感染症が世界的に大流行、海外進出も厳しい状態となりました。

しかし、キンプリは今までにないダンスを披露したり、デビュー当初からの「キラキラアイドル」とは違うイメージの曲を発表したりと、海外進出を意識したパフォーマンスにチャレンジ。

個人での活動も増え、ドラマ・映画・舞台・バラエティ番組などどんどん活動の場所が増えていました。

仕事は一見、順調のようですが海外進出に向けた充分な準備ができなかったことは、確かです。

平野さんはメッセージ動画でも「年齢を考えると海外進出は難しくなってきた」と明かしていましたし、焦りはあったのでしょう。

5人の将来への方向性・目指すものが変わってきたということでしょうか。

②ジュリー社長との確執・不仲

ジャニーズ事務所社長のジュリーさんと、キンプリの確執も囁かれています。

ジャニーさんにかなり気に入られていたキンプリを、ジュリーさんが嫌悪していたとも言われています。

ただ、脱退する3人は海外進出を強く望んでいたが、ジャニーズ事務所に在籍したままでは叶えられないと察知し、ジュリーさんとも意見が合わなかったのかもしれません。

今後も王道アイドルスタイルでキンプリが活動を続けることを、ジュリーさんは強く望んだとも言われており、これらが確執・不仲という表現になったのではないでしょうか。

③滝沢秀明の事務所に移籍するため

2022年11月1日に、ジャニーズ事務所副社長の滝沢秀明さんがジャニーズ事務所を退社したことが分かりました。

その後、キンプリの解散報道があり「関係しているのか?」という噂が流れました。

滝沢さんは、独立して会社を立ち上げるという報道も出ています。

「もしかしたら新会社を構えて、その事務所にキンプリの3人が移籍するのでは?」とも言われていますが、滝沢さんも会社設立に関して何も発していないため現段階では不明です。

元ジャニーズが集まった会社ということを想像するだけで、どれだけビックな芸能事務所になるのだろうか・・・と思ってしまいますね!

今後の滝沢さんの動きにも注目したいところです。

まとめ

突然のキンプリ解散となりましたが、2023年5月22日に平野さん・岸さん・神宮寺さんは脱退、のちに退所となっています。

主な解散理由は「5人の方向性の違い」。

ジュリーさんとの確執など言われていますが、5人が将来を考えて決めた結論であることは間違いないいと思います。

ジャニーズ事務所を去る3人、残る2人、どちらも悪くはないのです。

今、ファンができることは、5人が決めた道を信じて進むことに背中を押して、応援すること。

キンプリが今一番ファンに望んでいることは、5月22日まで応援し続けることだと思います。

でも、仲が良くていつも楽しく5人で過ごしていた姿が見られなくなることは、本当にとても辛いですね。

5月22日には、5人の新たなスタートを笑顔で見届けたいと思います。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました