キンプリ(King&Prince)歌割りの決め方は?歌割りが多い・少ないのは誰?

キンプリ(King&Prince)歌割りの決め方は?歌割りが多い・少ないのは誰? キンプリKing&Prince
スポンサーリンク

キンプリの誰がどの部分を歌うのか、どうやって決めているのか気になります。

ボーカルが複数いるときに、誰がどの部分のメインを歌うとか、ハモリに回るなどと担当を決める、歌割り。

最近ではファンが、歌割りを表す動画や歌割りをイラスト化して、SNSで披露することが増えています。

なるほど、誰がどのパートを歌うのか色分けしていますね。

新曲が出るたびに歌割りの予想などで盛り上がることが多いようです!

キンプリの場合、メンバーによって歌割りが多い、少ないということはあるのでしょうか?

 

本当のところを確かめてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

キンプリ(King&Prince)歌割りの決め方は?

 

まず、キンプリに限らず言えることですが、アイドルグループの歌割りはだいたい以下のような手順で決めるようです。

 

メンバーのキャラクターにもとづいて、最初から「このパートを歌うのは●●」とスタッフが割り振りを決めるという方法です。

 

もう一つの方法は、

  1. まずメンバー一人ずつで一曲をフルで歌ってもらいます。
  2. その歌を聴いてからプロデューサーやディレクター、レコーディングに携わるスタッフが、メンバーの雰囲気や性格などを配慮し、この歌詞は●●がソロで担当、ここは2人パートに、サビは全員で歌おうなどと歌割りを決めていく方法です。

かっこいい系、可愛い系などとメンバーによって「個性」「イメージ」はさまざまです。

どちらの方法も、そう言った「個性」「イメージ」を尊重して歌割りを決めているようです。

歌割りを決めるまでには、想像以上にスタッフが試行錯誤している経緯があるようですね。

 

キンプリの場合も、メンバーも5人個々のキャラクターや声質などを考慮して、歌割りを決めているのだと思います。

キンプリ(King&Prince)の歌割りの割合は?

そこで気になる点がキンプリの歌割りの割合です。

 

ファンの中でも、あらゆる声がSNSなどを通して集まっているようです。

 

キンプリの中でもメンバーによって歌割りの割合について偏りなど、あるのでしょうか?

 

歌割りが多いのは誰?

 

キンプリの中でも、1番の歌唱力の持ち主である岸優太さん。


伸びやかな歌声と安定した音程で、岸優太さんの歌唱力は評価されています。

 

そのため、じっくりと聴かせたいパートは、岸優太さんが担当することが多いようです。

 

センターで人気のある平野紫耀さん。

ファンが多いというだけでなく、ハスキーボイスが平野紫耀さんの持ち味でもあります。

 

サビの部分や、歌い出しなどインパクトを与えたいパートは平野紫耀さんが歌うことがしばしば見られます。

 

髙橋海人さんは甘い優しい歌声が好評で、歌唱力もぐんぐん上がっており、聴かせる重要なパートを担当することも増えてきました!

 

この3人がキンプリの中でも特に歌唱力があると言われており、歌割りでは重要なパートを担当することが多いように思います。

 

歌割りが少ないのは誰?

 

キンプリのデビュー曲である「シンデレラガール」では永瀬廉さんの歌割りのパートが少ないというファンの意見が目立ちました。


歌割りは、どのメンバーにも均等に考えられていると思います。

 

それでも、こういう意見は出てしまうようですね。

 

永瀬廉さんは高音で歌うことを得意としています。

 

「シンデレラガール」は高音パートが少なかったため永瀬廉さんが歌うことが少なかったように思うのではないでしょうか。

 

反対に、「I promise」は高音パートが多いため、永瀬廉さんの綺麗な高い歌声をしっかり堪能できる曲だと思います!

 

神宮寺勇太さんは歌が上手くなりたいとボイストレーニングに通っていたそうです。

 

その成果もあって、神宮寺勇太さんの歌唱力の評価も上がってきています!


決してこの二人が歌割りが少ない訳ではないようですが、メインのパートをもっと担当する事ができれば嬉しいですね。

 

キンプリ(King&Prince)歌割りが平等な曲はある?

 

賛否両論あるようですが「キンプリは歌割りが比較的平等である。」という意見が多いようです。

 

歌割りが平等な歌に限定して調べてみましたが、どの歌もメンバー全員の歌割りが平等に楽しめるようですよ。

 

そして歌割りにも関係しますが、歌うときの立ち位置も重要。

 

基本はセンターに平野紫耀さんが立つことが多いですが、歌うときはキンプリメンバー全員で立ち位置を交代しています。

 

キンプリ(King&Prince)ハモリ担当は誰?

 

歌にもよりますが、ハモるのが得意というとやはり岸優太さんではないでしょうか。

 

歌が上手な岸優太さんはキンプリのどのメンバーとハモるパートがあっても、バッチリ決めてくれるようです。

 

平野紫耀さんと永瀬廉さんのハモリもファンの間ではお気に入りのようです。

 

ハスキーボイスと高音のハーモニーは聴き応え十分ですね。

 

キンプリ(King&Prince)フェイク担当は誰?

 

フェイクとは楽曲本来のメロディーやリズム・音程などにアレンジ、変化を加えて歌うことです。

 

原曲のメロディーやリズムなどを自分流にアレンジすることができます。

 

難しいですが、このテクニックにより音楽の表現力が広がると言われています。

 

キンプリの中では永瀬廉さんの高音フェイクが好き!というファンがとても多いようです。

 

キンプリ(King&Prince)高音担当は誰?

 

永瀬廉さんは高音パートがとても得意だと言われています。

とてもクリアな高音を出すことができるので、聴いていてとても気持ちいいですね。

 

おまけに永瀬廉さんはとても甘い声なので、ファンにとってはたまらないようです。

 

永瀬廉さんがバラードの高音パートを歌っているところを、たくさん観たいです!

 

キンプリ(King&Prince)歌割りについてのまとめ

 

  • メンバー個々の声質やキャラクターを考慮して、歌割りを決めている。
  • 曲によってもイメージが違うため、歌割りを決めることはとても大切な作業である。
  • 歌割りが多い・少ないなどファンはついつい気にしてしまうが、キンプリは極端な偏りはないようである。

 

デビュー当時はキラキラのアイドル路線だったキンプリですが、数年経ち、歌う曲の雰囲気も随分大人っぽいものに変わってきました。

 

そしてキンプリの歌唱力もどんどんレベルが上がっているようで、いろんなジャンルの歌を聴かせてくれそうです。

 

これからもキンプリの歌う姿を見る事がとても楽しみです!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
キンプリKing&Prince
スポンサーリンク
ジャニーズ大好きをフォローする
ジャニーズ大好き応援し隊!

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました