AV女優の美雪ありすと交際中の森田剛。「リスクの神様」で8年ぶりドラマ出演

シェアする

2015年11月にデビュー20周年となり15年ぶりに24時間テレビ(日本テレビ系)のメインパーソナリティにHey!Say!JUMPと出演、8月からはライブツアー開催と事務所の猛プッシュが予定されている今年のV6。そんな中でも今年、再度大きくブレイクしそうな予感なのが森田剛だ。

スポンサーリンク

ここ最近は舞台での活躍がメイン。演技に磨きをかけていた

森田剛は最近では舞台の仕事が多かった。2005年に舞台デビューした森田剛。舞台といえば演出の蜷川幸雄だが、2010年に蜷川の舞台で主演を務め、翌年には宮本亜門の演出で主演舞台も務めてた。蜷川も宮本も森田剛の才能には絶賛しているという。行定勲の舞台でも朱点を務めた。

2016年には映画「ヒメアノ~ル」にも出演

「行け! 稲中卓球部」「ヒミズ」などで知られる古谷実の漫画を実写化したもの。2008年より2010年まで週刊ヤングマガジン(講談社)で連載された。単行本は全6巻で発売されている。当時の連載中も内容が過激すぎて実写化は不可能と言われていた。

内容はビルの清掃会社で働く主人公の恋人を狙うサイコキラー森田正一の役で奇しくも同姓の役となる。「殺人をすることで快楽を得る」という猟奇的な役柄となり、強いものの餌になる弱者を意味する(ヒメ・トカゲ)ように森田が人を餌としか思わない凶悪連続殺人鬼役だ。

舞台で磨きをかけた演技が期待される。

美雪ありすと破局の報道もあったがどうなっているのか

2014年10月に「セブン」2014年10月16日号で報道された森田剛と美雪ありすの破局報道。舞台で多忙な森田のせいで破局したと報じられた。しかしその後「週刊女性」2014年11月4日号が美雪ありすが合鍵で森田剛のマンションに入っていくスクープを報道。2人揃ってマンションから出てきて、左手薬指にはお揃いのリングまでつけていた。「セブン」が裏取りをまったくしておらず報道していたことが要因だったようだが、二人の仲は継続しているようだ。

この際に記者が森田に直撃。「ちょっと待ってて、オレ逃げないから」「オレの写真を使ったりとか、名前を記事にすることはいいんだけど、彼女は大変なんです、いろいろ」と異例ともいえるインタビューに応じており、その姿がかっこいいと話題になった。

美雪ありすの経歴

1987年4月25日生まれの28歳。元々は地元の北海道で5年間モデルとして活動。

実は3年ほど地元の情報番組にレギュラー出演し、「白い恋人」などのCMで出演、企業広告のポスターのモデルなど北海道では結構有名なグラビアアイドルだった。

転機は2010年12月。AVメーカーアリスJAPANより「White Love」という白い恋人そのままなタイトルでAVデビューした。アリスJAPANの”アリス”の名称を専属女優につけたのは初めてのことであり期待がうかがい知れるが、2012年11月にアイデアポケットという別のメーカーに移籍している。事務所はFantasista。

森田剛は最近テレビではぶっちゃけキャラ

2015年5月8日放送の「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)で長野博が「ウーパールーパーやクマが美味しい」と周囲ドン引き発言が話題になったが、その場で森田は「話聞いていると気持ち悪くなるんですよ。どこまで行っちゃうんだろうと思う。かわいいのが好きだから、クマなんてあり得ない」と発言。

翌日5月9日放送のSATURDAY MUSIC LAB.』(TOKYO FM)に長野博と共に出演した際にも「メンバー間で連絡を取り合うか」と聞かれた際に森田は「誰も知らない。番号変えたら教えるのもなんか・・・」とサバサバと発言。長野も「剛はよく番号変えるから。マネジャーが知っているから大丈夫」とフォローに必死だった。

🔻Twitterでジャニーズニュースを速報中

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事