V6の坂本昌行がインターネットショッピングで詐欺被害

シェアする

3月21日放送のラジオ番組『V6 Next Generation』でV6の坂本昌行が詐欺に遭ったことを告白した。

坂本昌行の被害の経緯

「ノンストップ!」(フジテレビ系)の料理コーナーを担当する等、料理好きで知られる坂本がインターネットで1つの器を購入し、別のサイトでも同じ種類の色違いの器を購入したという。1つは3日後くらいに届いたが、もう1つが一週間ほど経過しても届かなかった。

「おかしいな」と思って問い合わせメールを送ったら、「商品が欠品して入荷次第」とメールが返ってきて、後日そのネットショッピングのHPもなくなっていたという。料金はすでに銀行に振り込んでいたらしい。

このあと坂本は消費者センターに初めて電話をかけて相談したが、「断定はできませんが、お金は難しいですね」と答えられたという。

有名人だからこそネットを活用。増える被害

有名人はなかなか外で買い物ができず、便利になったネットショッピングを利用する行為は当然。商品が届かないタイミングで現金を支払う行為もそれほど珍しいことではなく、一般化している。ただ楽天やAmazonといった大手サイトならともかく、無名のHP等でショッピングする際は代引き支払いを利用するのが無難だろう。

坂本のような被害は人事ではない。インターネットが普及する中、国民生活センターへの問い合わせは急増しており、2013年年間ではなんと203,272件の問い合わせにまで膨らんでいる。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

🔻Twitterでジャニーズ総選挙など速報中

スポンサーリンク