V6岡田准一・宮崎あおいとの同棲報道後、映画「追憶」ロケでの姿

シェアする

岡田准一(37)宮崎あおい(30)との”同棲生活”を、3月25日発売の「フライデー」(講談社)に写真付きで報道された。都心の高級マンションから白いポルシェでの買い物姿などで事実婚かと思える報道。これまでも不倫報道とか色々あったが、それでも、2人の愛を貫く姿に感動するほどだ。結婚したいけど直ぐには出来ない「事情」が推定されてもどかしい思いを察する。岡田准一の”自分はアイドルではなく俳優と考えています”という発言が全てを物語っていると思える。4月上旬、岡田准一は愛しい宮崎あおいを東京に残し、映画「追憶」(17年公開予定)のロケのため富山での同じ「フライデー」に再び写真入りで報じられた。

ロケ地のひとつ、富山市屈指の歓楽街・桜木町では、大スターの来訪が熱烈に歓迎されていた。
「桜木町のスナック街でも岡田がダッシュするシーンを撮っとったぜ。あの岡田クンいうのはたいしたモンやね。全然、コソコソせん。市内の大浴場にも堂々と来とったみたいで、飲み仲間のオッサンが『岡田と裸のつき合いをしたちゃ』と自慢しとったよ。彼のオーラに圧倒されて、オッサンは話しかけられんかったみたいやけど(笑)」(市内のスナックの客)
彼が滞在しているとウワサになっていた市内のホテルに向かうと 、はたして岡田が徒歩で姿を現した。キャップもダメージジーンズも、東京で着ていたものと同じ。自然体なのである。
ところが、待てど暮らせどスタッフも関係者も来ない。やがて、
「しょうがないな……」
とばかり、タバコに火をつけると、くわえたままで歩き始めた。路面電車が走る「市電通り」へ出て、途中、桜の名所である桜橋のベンチに腰かけて休憩。その近くをギャルが数人、通りがかった。
だが、まさか現役バリバリのスターが富山で一服しているとは思わないのだろう、ギャルたちはベンチの岡田には目もくれず、トークの花を咲かすのだった。
さあ、頑張るか―一息ついて立ち上がると、岡田は近くのコンビニに寄って、栄養ドリンクを買うと、その場でグビグビッと飲み干した。

出典:FRIDAY

岡田准一の姿はキラキラしたジャニーズのアイドルが映画の撮影に来ている感じではなく、1人の男として自然体で地元の人々と溶け合う姿からは、長年の様々な挑戦と苦労から体得した自信と、一人前の男として精神的な成熟さを物語っていると思える。

今回の映画は、初めての刑事役。「追憶」は「駅STATION」「あ・うん」、「鉄道員(ぽつぽや)」等、高倉健主演の大作を世に送り出してきた監督・降旗康男・撮影・木村大作というレジェンド コンビによる9年ぶりの新作だという。岡田准一にスポットライトが当てたのだから流石は凄い。降旗監督は”「人間に内在する『陰』を演じきれる日本映画界では数少ない主演俳優」・「彼の横顔の伏し目に潜む『陰』を撮りたい」”と評している。岡田准一は2015年に日本アカデミー賞で最優秀主演男優賞と、最優秀助演男優賞をW受賞しているが、今や俳優に命を賭けるほどの意気込みで、体の鍛錬はいよいよ本格的になり技も身に付け、その鍛え上げられた肉体美と演技力の素晴らしさには脱帽で、その上爽やかな二枚目が「陰」を演じきれたら右に出るものがいない俳優となる。

スポンサーリンク

映画「追憶」の豪華キャスト

岡田准一くん演じる主人公・四方篤刑事が旧友の殺人事件をきっ かけに過去の自分と向き合う刑事を演じる。柄本佑が演じる幼なじみ(川端悟)の刺殺体と再会するところから物語は始まっている。そしてその容疑者として浮かび上がるのが小栗旬が演じる田所啓太。小栗旬の妻役を木村文乃。 岡田准一の妻役として長澤まさみが出演している。安藤サクラや吉岡秀隆も出演していて豪華なキャストに恵まれて、来年の映画「追憶」の上映がが大変待ち遠しいですね。その頃迄には、不倫報道の時は批判的だったファンとジャニーズ事務所が37歳にもなった岡田准一が、俳優だと宣言してまで望む一番の幸せを後押ししてくれて、宮崎あおいと晴れてゴールインして祝福されている可能性がある。今後、高倉健を撮り続けた降旗監督との出会いにより、より素敵に進化した新しい岡田准一の魅力を期待できそうだ。

🔻Twitterでジャニーズニュースを速報中

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事