TOKIO城島茂は『ザ!鉄腕!DASH!!』で大好評。農業や職人としての素質もあり、サバイバル生活も大丈夫

シェアする

1995年11月2日からスタートした『ザ!鉄腕!DASH!!』でTOKIOの城島茂がみせる取り組み方が好評だ。
TOKIOのメンバーである城島茂(45歳)、山口達也(44歳)、国分太一(41歳)、松岡昌宏(39歳)、長瀬智也(37歳)が次々と出演していて、いまやTOKIOを代表する看板番組となっていている。もはや本業は農業従事者なのではと思わせるほど、日曜日の午後7時から長い期間、視聴者を楽しませている。

ファンからは

「TOKIOは芸能人やめても農業で生きていけるよ」

「TOKIOはもはやアイドルというより職人だな~」

といわしめるほどの番組の面白さ。畑の土作りから農作物を育てて、色々な野菜を育て収穫する楽しみ、それを料理する楽しみ、自分たちで育てた野菜を味わう嬉しさ、自分で料理を作る楽しみと感動を体験しているTOKIOの感動がそのまま伝わってくる。

スポンサーリンク

サバイバル生活も大丈夫

2012年10月から取り掛かったDASH島では、山から廃材を集めて基地の舟屋づくり、涸れて果てた井戸を復活させたり、水を引いたり、海で魚や貝を獲って舟屋で焼いて食べたり等々…毎週視聴者を魅了してひき込んで、一緒に体験しているような楽しみと感動を与えてくれている。中でもTOKIOの山口達也は職人芸。黙々と取り組んで何でも作れてしまう器用さはお見事で 、メンバーそれぞれの持ち味が十分に生かされているので、TOKIOファンに関わらず視聴者を離れさせない。

城島茂は、明石家さんまと同じ奈良県立奈良商業高等学校卒業している。高校に在学中の1986年7月7日にジャニーズ事務所に入所して、1994年にTOKIOを結成して同年9月21日、『LOVE YOU ONLY』でCDデビュー以来、ギタリスト、歌手、アイドル、タレント、俳優、司会者として大活躍している。ジュニア時代から先輩のバックダンサーとしてバク転ができたけど、体をひねってしまいがちで危なっかしいので、2012年5月13日放送で「城島は再びバク転が出来るか?」で41歳で挑戦して見事にクリアしている。

いつも愛は地球を救う

2014年9月2日には、城島茂は「小さなキセキ、大きなキセキ」をテーマに掲げて行われた、チャリティーマラソンに挑戦した。『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)で24時間ランナーに。全国の視聴者の声援を受けて走り出したが、途中城島の体力の消耗が激しくてハラハラさせたが、101キロを無事に走りぬき感動させた。

平均視聴率は歴代6位の17.3%(ビデオリサーチ調べ)で、最高視聴率は101キロゴールした直後の41.9%という関心の高さを記録した。TOKIOのメンバーが迎えにでて励まして見事ゴールを飾って終わったが、メンバーから楽屋で温かい慰めの言葉かなと思いきや、これからDASH島だよといわれて島に向かったから流石はプロ。本業はギタリストというマルチさに益々活躍の機会が増えることを期待している。

🔻Twitterでジャニーズニュースを速報中

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事