スポンサーリンク

TOKIOの新曲「愛! wanna be with you」にパクリ疑惑。Simple Planの楽曲と酷似!?

この記事をシェアする

11月30日に発売されたTOKIOの新曲「愛!wanna be with you…」は松岡昌宏主演のドラマ「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)の主題歌にもなっている。

同曲はジャニーズらしからぬポップパンクな曲調が話題で、長瀬智也が作詞・作曲を担当している渾身の1曲なのだが、まさかのパクリ疑惑が波紋を呼び始めている。

「家政夫のミタゾノ」の方は2011年の松嶋菜々子主演ドラマ「家政婦ミタ」のパロディーとして有名だが、まさかの主題歌にまでパロディーである疑惑が――。

スポンサーリンク

パクリ疑惑に騒然

Simple Planの「Opinion Overload」はコチラ

実際に聴き比べて欲しい

Simple Plan(シンプル・プラン)は2002年にメジャーデビューしたカナダ出身のポップ・パンク・バンド。2010年にはバンクーバーオリンピック閉会式でパフォーマンスを行うなど、同国を代表するアーティストとして世界中で活躍している。

日本には今年3年ぶりに来日し、4月2日に神戸ワールド記念ホール、4月3日に幕張メッセで開催された「PUNKSPRING2016」に出演。4月4日には恵比寿LIQUIDROOMで単独公演も行った。

また過去にはONE OK ROCKのボーカルであるTakaがSimple Planの楽曲にフィーチャリング・アーティストとして参加したことが日本では話題になった。

日本が大好きなSimple Planは所属レーベルであるワーナーミュージックに日本人のフィーチャリング・アーティストを探してほしいと打診。そこで日本を代表するロック・バンドであるONE OK ROCKのボーカルであるTakaが選ばれたという。Simple Planの楽曲を知っていたというTakaはこれを快諾し、企画が実現していた。

ちなみに2007年にデビューし、今やアリーナツアーも即日完売するというONE OK ROCKのボーカルTakaは実は元NEWSの森内貴寛だ。

とはいえ長瀬智也がこの楽曲を知っていたかはわからない。仮に知っていたとしたら意識して似た曲調にはしないだろう。

似ていると言えば似ているが、こういった曲調をリスペクトしており、たまたま似た曲調になっただけではないだろうか?そう願いたい。

スポンサーリンク