スポンサーリンク

今井翼が退所し株式会社CULENに合流!?波紋を広げる東スポの記事が本当なのか検証する

この記事をシェアする

東スポが本日9月29日に「今井翼『ジャニーズ脱退』決意 稲垣、草なぎ、香取と合流へ」報じ、ジャニーズファンの間で波紋が広がっている。

記事によると9月初旬に活動休止を表明したタッキー&翼の今井翼が、現在副社長で次期社長の最有力候補・藤島ジュリー景子氏と大ゲンカしたという情報を東スポがキャッチ。

原因は今井が敬愛するSMAP解散の件。メリー喜多川副社長の週刊文春のインタビューがSMAP解散の直接の引き金になったと主張し、ジュリー副社長との間で口論となったようだ。

記事では今井は腹をくくっているといい、退所した稲垣・草なぎ・香取らと同じくネットを中心とした芸能活動を展開するだろうと見ているようだ。

退所した3人が開設したファンクラブ「新しい地図」は既に会員数が10万人を突破。退所してもちゃんとついてきてくれるというお墨付きが得られたことで今後やりやすくなるとの芸能関係者のコメントで記事を結んでいる。

果たしてこの情報は本当なのだろうか――。

スポンサーリンク

今井翼は本当に退所するのか?

記事の内容を正確に読み解くと、東スポが掴んだという情報は「今井翼がジュリー氏と言い争いになった」のみ。あとは「関係者」「I女史の知人」「テレビ関係者」「芸能関係者」などの話を元に記事が構成されている。

そもそもの言い争いという情報の真偽も不明だが、東スポはたびたびSMAP解散に関連したガセネタを流してきた。

まず最もファンから怒りを買ったのは昨年11月6日に東スポが報じた「SMAP香取 来年9月で引退」と断定して報じた記事だろう。今年7月に香取が「おじゃMAP!!」(フジテレビ系)で否定するまで、多くのファンを不安にさせてきた。

今年1月には「SMAPに続きV6解散危機」と報道。

また今年6月には「手越祐也がイッテQ!を降板へ」を報じて、多くのファンにショックを与えたことも記憶に新しいだろう。

もちろん番組で制作している来年のカレンダーに手越の出演が決まっており、降板することは無く、継続する見通しだ。

象徴的なのは今年1月に「SMAPの解散を控えた年末に、東京ドームでジャニーズの後輩グループ4組がコンサートを行った中で、関ジャニの公演にUFOが飛来した。もしかしたら宇宙人は“ポストSMAP”として、嵐ではなく関ジャニに注目して、はるばるやって来たのかもしれない」と報じた件。もはや「ポストSMAPは関ジャニ∞」と見出しを作りたいだけだろう。

ちなみに東スポは過去に、ある芸能人から「東スポの見出しで名誉を傷つけられた」として名誉毀損で訴えられた際、「東スポの記事を信用する人間はいないので名誉毀損にあたらない」とトンデモ主張。

裁判長も「東スポの見出しは真実とは誰も思わない」として、なんと一審では東スポが勝訴した。(ちなみに二審では裁判長から「その開き直りは無責任」とバッサリ切られて敗訴した。)

これらの過去の報道を見る限り、今回の報道も疑って見たほうが良い。

とはいえ、昨年10月に週刊文春が今井について報じた件もある。酒をあおっては「SMAP解散はメリーさんのせいだ。俺はもう事務所を辞めるしかない」と投げ遣りに言っていたといい、それがメリー副社長の耳に届き、キツくお灸を据えられたようだという。

今井がSMAPを敬愛していたというのは本当なだけに、まったく信憑性が無いとも言えない。ただジャニーズ御用のスポーツ誌が報じたのであれば退所の事前予告のようなものだが、東スポの報道ということを考えると現時点ではガセに近いと見たほうが良いのではないだろうか。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スマジョをフォローする

スポンサーリンク