スポンサーリンク

山下智久の胸が新垣結衣より大きいと話題に。月9枠を救ったコード・ブルーにまさかの注目点

この記事をシェアする

遂に7月17日に山下智久が主演する月9ドラマ「コード・ブルー ~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」(フジテレビ系)が放送され、初回平均視聴率は16.3%とかなり好調だったことがわかった。

2016年以降月9ドラマは最低視聴率が続いてきた。最低視聴率は2016年1月期の有村架純主演の「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」の9.7%という10%切りを始めとして、2016年4月期・福山雅治主演「ラブソング」が8.4%、2016年7月期・桐山美玲主演「好きな人がいること」が8,9%、2016年10月期・Hey!Say!JUMP山田涼介主演の「カインとアベル」が8.2%、2017年1月期の西内まりや主演の「突然ですが、明日結婚します」は6.6%と歴代でダントツの最低記録を更新してしまっていた。

そして月9ドラマのプロデューサーを務めていたフジテレビの亀山前社長も責任を取って遂に退陣に追い込まれるきっかけとなった2017年4月期の嵐・相葉雅紀主演「貴族探偵」も8.6%とシナリオのわかりにくさもあり、大惨敗。

枠の廃止もたびたび噂されてきた月9。社運をかけたドラマにとって幸先の良いスタートであることは間違いない。新垣結衣主演のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)は毎回、回を重ねる毎に視聴率が伸びていっただけに期待も持てそうだ。

そんな第1話だが、話題作り?ということも無いだろうが、あることが話題となっている。それは山Pの胸がガッキーより大きいという声がTwitterに殺到していたのだ。

そのシーンを見てみよう。

スポンサーリンク

山Pの胸が新垣結衣より大きい!?と話題に

あまりの反響に今後、ドラマの注目点の一つとなるかもしれない。

視聴者の声

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スマジョをフォローする

スポンサーリンク