テレビ朝日の早河会長「SMAP出演番組のタイトルも出演者もそのまま継続」。ジャニーズ帝国の神通力の終焉の始まりか

シェアする

テレビ朝日の早河洋会長兼CEO(72)が、今月27日に開かれた定例会見での発言が大きな注目を集めて業界を驚かせた。ネット上ではSMAPファンが「よくぞ言ってくれた」としてSNSを拡散して駆け巡っている。

今迄、どの局も声を上げられずジャニーズ事務所に気を使うばかりで、番組出演者にまでSMAP解散問題への発言すら制限してきた。テレビなどでは、ジャニーズからの情報操作のソースを独自調査をすることもなく、ジャニーズに睨まれないように報道していた。

ネットの情報を知るファンや世間からは「テレビなどの報道は所詮そんなものか」と失望させてきた。だがジャニーズの独裁の支配はいつまでも続かない。

傲慢が頂点に達したら、その反動は己自身に返ってきて苦しむことになり、築き上げてきたもの歪さによって裁かれて崩壊させられる運命にある。

スポンサーリンク

早河会長の発言内容

以下、引用

早河会長は今月27日に開かれた定例会見で、12月末日での解散が決まっているSMAPの香取慎吾(39)が出演している『SmaSTATION!!』、草なぎ剛(42)司会の『「ぷっ」すま』の2番組の継続をあらためて宣言。

タイトルに関しては「年度が変わるころに事務所と協議する」としつつも、現状では「タイトルも出演者もそのまま継続していく方針」と明かした。

さらに、記者からSMAP解散騒動に絡めて「事務所の力は大きいのか」と質問が飛ぶと、早河会長は「タレント、アーティストは視聴者の支持がないと活躍できない。事務所が強ければ成功するというものではない」と発言。

続けて「視聴者が歌声や演技、パフォーマンスに魅力を感じるのが前提。そういうタレントを多く抱える事務所が客観的に見れば影響力があるように見えるかもしれないが、我々にすればプロダクションはいっぱいあるわけで、その中の優れた俳優をそろえて編成していく」と語った。

引用:デイリーニュースオンライン

今回の早河会長の勇気と確信に満ちた発言に、同調することが業界の風潮となれば、ジャニーズ事務所は手も足も出せなくなる。つまりジャニーズの切札であるメリー氏の「それならウチのタレントは出しません」が通用しなくなることで、局側の「それならタレントは要りませんよ」となれば、業界のパワーバランスが脆くも崩れ去る可能性がある。

納得のいかないSMAP解散の騒動は、解散まで後3か月となっても収まらない。SMAPを切り捨てたことで、ジャニーズ帝国の闇が次々 と炙りだされて洗脳から溶けていく気配がしている。SMAP解散の奥は深く隠されているところに原因がある。分裂の連鎖がバックの裏の世界と繋がっているのだ。

原因も明かさないSMAP解散。解散を認めないファンがSNSに拡散して運動をしている。こんな行動力のあるSMAPのファンの愛のパワーを結集して、SMAPを守る力となりテレビ局を動かし、ジャニーズ事務所を弱体化させていく源泉となっている。ネット社会では、思惑のある情報を鵜呑みにはせず、真実を暴く力とスピードが増して日々巨大化している。

以下、引用

この発言で即座にメディア関係者の間では、SMAP解散騒動で「大ボス」として注目を浴びたジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長(89)に向けた言葉ではないかと騒然となった。

「テレ朝会長の発言は『ジャニーズも芸能プロのひとつに過ぎない』と断じる言葉。今まではジャニーズの圧倒的な事務所パワーによって、テレビ局はメリー氏の言うがままに平身低頭で従うことしかできませんでしたが、その状況が変わっている証拠と言えます。これを定例会見という局の方針を示す場で語った意味は大きい」(芸能関係者)

引用:デイリーニュースオンライン

テレビ局がジャニーズの意向に沿わないことをした時、メリー氏は「それならウチのタレントは出しません」の決まり文句で局を従わせてきた。それは飯島元マネージャーがSMAPを育て上げて絶頂に導いて、国民的アイドルとなったからこそできたこと。

SMAPが解散した後に残るジャニーズタレントたち。そのニーズがある場合なら効力を発揮するが、これからのジャニーズのタレント力だけでは、この言葉による支配は難しいだろうと、早河会長の言葉の強さで想像できる。

中居正広と他のテレビ局との関係

テレビ朝日に限らず、TBSは解散騒動直後にSMAPの中居正広(44)が司会を務める「中居正広の金曜日のスマたちへ」のタイトルを「スマイルたちへ」に変更した。この素早い対応はSMAPが解散しても、中居正広が番組を続けられるための対策だと言われてきた。

日本テレビは「ナカイの窓」で中居が席を外した途端に出演者たちがSMAP解散についての思いを語り合うシーンを放送させて、ジャニーズとのタブーを破って中居正広を使い続ける意志をにおわせた。

さらに、メリーやジュリーと仲良しのフジテレビでも中居が「本人にしかわからないことってたくさんある」と発言。局側のジャニーズに対する恐れに少しずつ抵抗して放送する傾向が見られる。それだけSMAPのメンバーが高く評価されている証しとなっている。

今回のテレ朝会長の発言は、ゴールデンから深夜までバラエティーで安定感バツグンの中居正広や、ドラマでの演技力もよく好感度の高い草彅剛などを必要としていて、メンバーを潰さないようにジャニーズ事務所をけん制するための宣言だと思われる。

SMAPメンバーの4人の前途の道が開かれ明るい報道はファンを喜ばせている。それにひきかえ木村拓哉のダメージが大きくなっていく。弱体化していくジャニーズに縛られて操られ、裏切者として人気急落、限界を超えたストレス、幹部であるマッチや東山紀之との格下としての付き合い…など前途多難となりそうだ。

🔻Twitterでジャニーズニュースを速報中

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事