37万3515人のSMAP解散撤回署名の後押しに。SMAP電車で「皆さんで5人と行こう」

シェアする

SMAPの存続と活動継続を願う直筆署名に37万3,515人分が集まり、”皆さんで(373)5人と(5)行こう(15)”とゴロの良い数となった。 しかしその署名についてはジャニーズファミリークラブが直接の受け取りを拒否し、提出見通しが立たない状況が続いている。

そんな中、ファンの一人が署名提出の後押しとして、何と12月1日に都電荒川線の電車を貸し切った。その様子はさながら”SMAP電車”。

この貸し切りを実行したのはTwitterネーム”たまっぺ”さん。署名の提出を後押しするために実施したという。

この企画は署名活動を行っている「5☆SMILE」にも企画趣旨は連絡し、了承されているという。

当日は朝に雨が降ったものの、運行時には天気も晴れて無事に走らせることができたようだ。

電車には前後にSMAPの飾りや署名の数が記載されており、社内にはうちわなどのSMAPグッズが多数。大勢のファンが車内外で手を振ったり、写真を撮ったりしていた。

都電荒川線の貸し切りはSMAP結成25周年を迎えた9月9日にも実施されており、行われたのはその日以来。

SMAPファンにとっては思い出深い1日になったようだ。

スポンサーリンク

企画者のたまっぺさんのTwitter

当日の様子

都電荒川線の貸し切りっていくらかかるの?

年末年始やGWなど混雑する日程は貸し切りができないが、平日は10時から15時30分まで。土休日は要問い合わせとなっている。

そして貸し切り運賃は時間制ではなく、片道運行1回毎に一般の場合13,820円となっている。区間は希望で指定できるが、早稲田-三ノ輪橋間のどこまで行ってもこの値段だという。

車両は4タイプあり、空いていれば希望の車両を借りることができるようだ。

サークルの集まりや幼稚園の遠足などで利用されるケースが多く、珍しいケースでは結婚披露宴を実施した人もいるという。アイデア次第では色々な活用方法ができそうだ。

次にSMAPファンが大きく動くのは12月8日

12月8日は稲垣吾郎の43歳の誕生日。12月8日の木曜日は稲垣吾郎がMCを務めるラジオ番組「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」(文化放送)やMCを務めるバラエティ「ゴロウ・デラックス」(TBS系)が放送されることもあり、ファンにとっては特別な日となりそうだ。

その日にはもちろん「世界に一つだけの花」の集中購買日がファンの間で設定されている。

11月28日付けのオリコン週間ランキングでは13位にランクイン。累積売上枚数が歴代3位の294.2万枚に達し、大台の300万枚も見えてきた。

1位は1975年発売の「およげ!たいやきくん」、2位は1972年の「女のみち」といういずれもレコードだったことから、CDになってからは歴代1位の記録となっている。

そしてJOYSOUNDが発表した年間カラオケランキングでも昨年の107位から37位に大幅アップ。聴くだけでなく、みんなが歌う永遠の名曲となりそうだ。

🔻Twitterでジャニーズニュースを速報中

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事