スポンサーリンク

SMAP「世界に一つだけの花」300万枚突破にタワーレコード各店舗が一斉に祝福メッセージ

この記事をシェアする

12月8日付のオリコンデイリーCDランキングが9日発表され、ついにSMAPの「世界に一つだけの花」が300.8万枚とトリプルミリオンを達成したことが判明。

同日の12月8日はSMAP稲垣吾郎の43歳の誕生日。そのためファンの間で集中購買日を設定していたことも達成の後押しとなった。今後ワイドショーなど大手メディアがこの状況を取り上げることで、ますますSMAP解散撤回を求めれる声が12月31日ギリギリまで拡散することとなりそうだ。

すでにCDとしては歴代1位で、レコードを含めると歴代3位という偉業を成し遂げた同作品。ファンはもちろん、発売元のビクターとしても解散撤回を強く望んでいるだろう。

間違いなく、SMAPのメンバーにこの情報は既に伝わっていると見られるが、今後ラジオなどでどのように言及するのか反応が注目される。

2016年だけで約50万枚を売上たことになり、発売から13年経過してからの記録的な売上枚数は歴史に残るだろう。

記念すべきデビュー25周年に新曲発売やコンサートなどを開くことはできなかったが、300万枚という綺麗な花を咲かせることができた。

購買運動もあり、日本全国のタワーレコードやHMVなどの売り場では在庫が無い状況が頻繁に見受けられたものの、各店舗は独自に販売スペースを拡大し、SMAPコーナーを設置するところもいくつか出てきていた。

例えばタワーレコード新宿店は8月の解散発表後には以下のような状況で300万枚達成に向けて花摘みを応援していた。

そして300万枚を達成したことを受けて、タワーレコード各店舗の公式Twitterが一斉に祝福メッセージを寄せている。

スポンサーリンク

タワーレコード各店舗の祝福メッセージ

タワーレコード新宿店

タワーレコード大高店

タワーレコード名古屋近鉄パッセ店

タワーレコード北花田店

タワーレコード久留米

タワーレコード西武東戸塚店

タワーレコード上田店

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スマジョをフォローする

関連する記事

スポンサーリンク