イエモンからSMAP再集結のメッセージ!?「バラ色の日々」「ALRIGHT」の選曲が意味深過ぎる

シェアする

10月17日放送の「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)にTHE YELLOW MONKEY(以下、イエモン)が出演した。

イエモンはCD売上枚数が累計1000万枚を超える超人気のロックバンド。1988年に結成したが、2001年に活動停止、2004年7月に解散していた。

当時、解散した理由について問われた時、ボーカルの吉井和哉は「皆それぞれやりたいことがあって、バンドに戻れる状態じゃないと思った。各々好きな事をやりながら、年に一回アルバムを作ってライブをするという意見もあったけど、僕にとってこのバンドっていうのは、それじゃ駄目だった」と語っている。

しかし今年2016年1月に再結成と16年ぶりの全国ツアーを発表。解散を発表しているSMAPとの音楽コラボが放送前から期待されていた。

「S・LIVE」のコーナーでSMAPとコラボしたイエモンは、10月19日発売のニューシングル「砂の塔」を歌わずに、あえてカップリング曲である「ALRIGHT」を選んだ。

その歌詞も非常に意味深であり、”イエモンやスマスマスタッフからのメッセージ”として受け取っているファンも多いようだ。

スポンサーリンク

意味深な楽曲とは

最初に歌った「バラ色の日々」はイエモンが解散した直前に発売したベストアルバムでファン投票1位を獲得した楽曲。

以下の歌詞をSMAPとイエモンは熱唱している。解散前にイエモンが歌った曲ということもあり、解散前の心境を歌ったところもあるのかもしれない。

そう 満たされ 流され 汚され
捨てられ 騙され 心まで 奪われ
I WANT POWER(力が欲しい)
I WANT FLOWERS(花が欲しい)
I WANT A FUTURE(未来が欲しい)
I WANT PLEASURE(喜びが欲しい)
I’m JUST A DREAMER(ただ夢をみていたい)
ARE YOU A BELIEVER?(信じられますか?)

そして「ALRIGHT」は12年ぶりに再結成、活動休止からは15年ぶりに再集結したイエモンの決意のような楽曲。シングル楽曲ではなく、あえてこの楽曲を恣意的に選んだところにイエモンからのメッセージが隠れている。


楽天の方はコチラ 【先着特典】砂の塔 (初回限定盤) (チケットホルダー付き) [ THE YELLOW MONKEY ]

ファンからは感動の声

🔻Twitterでジャニーズニュースを速報中

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事