スポンサーリンク

テレビで木村拓哉のタトゥーが写ってしまう放送事故。工藤静香とお揃いのデザイン「2匹の絡み合う蛇」に衝撃的な意味

この記事をシェアする

1月15日に放送された木村拓哉の主演ドラマ「A LIFE ~愛しき人~」(TBS系)は平均視聴率は14.2%となり、草なぎ剛が主演する「嘘の戦争」(フジテレビ系)との視聴率対決を制したが、木村拓哉が主演した歴代ドラマの初回視聴率としては過去最低の記録となってしまった。

昨年のSMAP解散騒動で一部から批判が上がってしまっただけに、今後の俳優活動のためにもイメージを回復するのが優先だろう。

そんな木村は年が明けてから「A LIFE」の番宣のためにバラエティ番組などに積極的に出演している。その流れの中で今月13日に放送されたバラエティー番組「ぴったんこカンカン」では木村の着ていた服に星がついていたりとSMAPを想起させる衣装に歓喜の声が上がっていた。

しかし同番組の中で衝撃的な放送事故部分があることがわかった。

スポンサーリンク

木村拓哉の足にあるタトゥーが写ってしまう

以前から木村が妻の工藤静香とお揃いのタトゥーを入れていることは業界関係者の間では知られていた。工藤静香が木村拓哉にお揃いのタトゥーを入れさせたという噂は10年ほど前からインターネット上に存在する。これまで噂のタトゥーがテレビなどで表示されたことは無かったが、2009年に放送された「さんま&SMAP美女と野獣のクリスマススペシャル」(日本テレビ系)では、熱湯風呂に入るために服を脱いだ木村の左足首に何かを隠そうとテーピングが巻かれてあった。


tatoo7

これまではタトゥーが映りそうな撮影では事前に肌色のテーピングを巻いていたのだが、この日ゲスト出演した「ぴったんこカンカン」では木村も予想だにしないシーンでタトゥーが写ってしまった。

番組では「A LIFE」の番宣のために共演者とロケを行い、TBSアナウンサーの安住紳一郎に加え、及川光博、菜々緒とヨガに挑戦。半袖シャツにジャージを履いて、マットの上でヨガのポーズをとった。前かがみに両手をついて、左足を伸ばした場面で左足首にタトゥーが映ってしまったのだ。確かに細長い黒っぽい模様のようなものが見えており、この映像は数秒間映っていた。

うっすら表示されるタトゥーに編集した担当者も気づかなかったのだろう。あろうことかこの映像がテレビで流れてしまった。

tatoo2

ジャニーズ事務所はタトゥーを禁止しているが、プライベート写真が流出した長瀬智也や元KAT-TUNの田中聖など、実際はタトゥーを入れているタレントは複数いる。

Twitter上では「タトゥーの噂が本当だったことにショック」「知らなかったからビックリした」という声が多いようだ。

実は同じ模様のタトゥーは工藤静香の足にもあり、お揃いの柄となっている。

 

5tatoo

工藤静香のタトゥー

海外ではアーティストやスポーツ選手など、広く市民権を得ているタトゥーだが、イメージがヤクザに直結するだけに日本では温泉に入ることが禁止されていたりと制限が多い。

日本のテレビ局でも青少年への影響や、局へのクレームを防ぐためにもタトゥーを出した姿を公共の電波に乗せるのは困難。通常であれば、モザイク処理がされたり、今回の場合ならカットすべきシーンであったが、編集担当者も気づかなかったのだろう。

そしてこの画像だが、工藤静香の足の写真を拡大したものを見ると、どうやら2匹の蛇が絡み合っているデザインとなっている。


tatoo6

工藤静香のタトゥーの別ショット


蛇は脱皮を繰り返し、再生や不老不死という意味合いがある。また絡み合っているデザインは「執着」を意味するという。

「あなたは一生私のモノ」

お揃いのタトゥーを入れさせたのはそういう意図からだろうか。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

関連する記事

スポンサーリンク