立川志らくさんがSMAP解散撤回を要望「まだ時間はある。ファンの為にも撤回すべき」

シェアする

SMAPの解散予定日まで2ヶ月を切った中、芸能界からも遂にSMAP解散撤回について声が上がり始めた。

これまで芸能人の中では10月8日に放送された「今夜も生でさだまさし」(NHK)でSMAP解散について笑福亭鶴瓶が「こんな終わり方あかんよ!」と番組内で発言し話題となったが、SMAP解散撤回について堂々と発言する人は皆無だった。

そんな中、なんと落語会の大物で映画監督なども務める立川志らく氏がSMAP解散撤回を公に発言し始めた。

スポンサーリンク

SMAPについての発言

立川志らくは10月3日から「ひるおび!」(TBS系)のレギュラーコメンテーターとして出演している。志らく一門は立川談志を除けば立川流では一番の弟子の多さを誇り、志らくは落語家として実力を見せながらも、映画への造詣も深く、映画と古典落語を組み合わせた「シネマ落語」でも人気を集めている。

師匠である立川談志も歯に衣着せぬ物言いで有名だったが、志らくは「ひるおび!」のレギュラーコメンテーターに決まった際、「落語家っていうのは、毎日しゃべりたいことがあるものなんです。ですから『ひるおび!』で毎日、世の中の出来事で思ったことをしゃべる機会をいただけるというのは、私にとってとてもプラスだなと感じております」と語っていた。

ファンからは地上波やTwitterでSMAP解散撤回の発言をしていることに対して、「圧力が掛かりそうで心配」などの声もあがっているが、そうならないことを願っている。

SMAPの音楽に携わってきた関係者も声をあげる

SMAPのCDデビュー25周年を記念して12月21日に発売されるベストアルバム「SMAP 25 YEARS」。収録曲が11月3日に発表されたばかりで、特に上位曲にはCDシングルではない作品も多く、改めてその楽曲に注目が集まっている。

またSMAPの所属レコード会社・ビクターエンターテイメントはTwitterで「約200万票のリクエストの中から上位50曲が選ばれました」と報告したが、その発表時間が25周年にかけた2時5分の発表だったことからもファンを気遣う対応に賞賛の声も多い。

選ばれた楽曲にはメンバー5人を紹介する「FIVEシリーズ」から5位「CRAZY FIVE」、6位「FIVE RESPECT」、41位「Five True Love」がランクイン。3位は森且行が卒業する際、またSMAP5人のメンバーのはじめての5人旅で歌い中居正広が号泣した「BEST FRIEND」がランクイン。2位は名曲「オレンジ」。1位はSMAPにグループ解散を撤回し、留まってほしいと願うファンの気持ちが「STAY」を選んだ。

前回の「年越しプレミアムライブ」(TBS系)でSMAPはSTAYを歌っており、メンバーの結束を示しているとファンの間で話題になっていた。今回、STAYが1位になったことにファンの間では「STAY返し」とまで命名されている。

STAYの歌詞には「僕らずっと共に歩こう。永遠なんて言わないからさ 5、60年それだけでいい」とあり、ファンからのメッセージとしてきっとSMAPのメンバーにも届いているだろう。

今回のベストアルバムに収録されている楽曲に携わっている関係者が一斉に感謝の声を上げ始めている。

作曲家:知野芳彦

映像監督:糸曽賢志

ミュージシャン・音楽プロデューサー 本間昭光

プロデューサー・アレンジャー等 村田陽一

クリエイティブディレクター等 山崎隆明

作詞家等 森浩美

🔻Twitterでジャニーズニュースを速報中

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事