消される”SMAP”の名称。中居正広に続き、稲垣吾郎のラジオも番組名からSMAPを削除も、番組自体は実質継続決定

シェアする

稲垣吾郎がメインパーソナリティとして出演するラジオ番組「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」(文化放送)が来年以降も実質的に継続することが発表された。

文化放送の三木明博社長が15日に都内で行われた定例会見で明らかにしている。ただし形としては現在の番組は年内で一旦終了し、来年1月から放送時間を30分早めてタイトルも変更するという。同番組については9月20日の定例会見で2017年1月以降の放送は未定であると発表されていたため、ファンの間では継続を心配する声があがっていた。

三木社長は「12月29日の放送で終了し、来年1月5日から稲垣吾郎さんのパーソナリティーでタイトルと放送時間を変更し、新しい番組として来年3月末までは放送する。4月以降は検討中」とコメントし、4月以降の継続は不透明であることを明かした。

取締役編成担当の長谷川実氏は「SMAPというタイトルは使わないが、新タイトルは最終的につめている」と説明。「内容、スタイルも少し変わる。稲垣さんの魅力が十分出る番組を作る」とし、「4月以降も稲垣さんも続けられればいいと思っていると思う」と話した。

現在の「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」としては12月29日が最終回となる。

スポンサーリンク

「STOP THE SMAP」のこれまで

ファンの間で「ストスマ」として親しまれており、番組は1991年10月7日から開始している。SMAPのテレビ・ラジオ番組の中でもっとも長寿番組として続いており、SMAPのCDデビューから約1ヶ月後にスタートした記念すべき番組。

2012年3月まではメンバーが交代で出演していたが、同年4月から稲垣が単独でパーソナリティーを務めるようになり、タイトルも「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」となっていた。

番組名の由来についてメンバーは番組開始時に「好き勝手しゃべってしまうSMAPのメンバーをリスナーに止めて欲しいから」と明かしていた。

中居正広のラジオも同様の対応

先立って11月10日にはニッポン放送で1995年から放送されている中居正広がメインパーソナリティを務める「中居正広のSome girl’ SMAP」も1月以降は”SMAP”の文字列を外すことを条件に、来年1月クールも継続されることを発表している。

こちらの番組の最終放送日は12月31日。タイトル名は12月中に決定する予定だ。

これでSMAPの番組で1月以降の方針が決定していないのは木村拓哉がメインパーソナリティを務める 「木村拓哉のWhat’s UP SMAP!」(JFN)と 草なぎ剛と香取慎吾が2人でパーソナリティーを務める「SMAP POWER SPLASH」(bayfm)の2番組となった。

8月27日に「さんまのお笑い向上委員会」(フジテレビ系)に出演した明石家さんまは「他局のSMAPの名が入る番組はどうなるのか?」と問われ、「12月31日まではあのままや!」と発言。番組名や名前については「SMAPの番組はなくなるって。タイトルはや!」と改題されると明言していたが、くしくもその通りのに進んでいる。

稲垣吾郎が今後についてテレビで語る

11月10日に放送された稲垣吾郎がMCを務める「ゴロウ・デラックス」(TBS系)で今後について語る場面があった。

番組では「やまとなでしこ」「ハケンの品格」「ドクターX」などの脚本家で、占い師として活躍したこともある中園ミホが出演。稲垣吾郎を占うこととなった。

稲垣は「今、渦中の人間になっちゃってますけど」とSMAP解散騒動について遠回しに言及。中園は「ここ2年は静かな場所で物事を考えたほうがいい。3年後には全然違う生活をしている」と告げた。

また中園が「来年結婚相手に出会う可能性が高い」と告げると稲垣は「ついに来た!そういうことですよね」と前向きなコメントで笑いを誘った。

今後の稲垣吾郎の仕事は安泰という業界の評価も

稲垣吾郎主演の「金田一耕助シリーズ」はハマり役でSMAPファン以外からも俳優としてのイメージも強い稲垣だが、最後に主演を務めたのは2013年に放送された「診療中- in the Room-」と3年前の作品。

その後は2015年に「HEAT」(フジテレビ系)で不動産会社の社長役、今年に入ってからは4月期の「不機嫌な果実」(テレビ朝日系」で妻を拒否する夫役、10月22日に放送された「特命指揮官 郷間彩香」では立てこもり事件の主犯役と名脇役を務めている。

SMAPの他のメンバーの中では中居正広、木村拓哉、草なぎ剛、香取慎吾は主役以外でドラマに出演することは困難と見られ、今後主役以外の仕事をすると、”落ちぶれた””干されている”などのイメージを持たれる可能性もあり、ここから脇役に転換するのはタイミング的にも難しい。

稲垣吾郎であれば、これまでの実績からも主役以外でも今後のドラマに起用しやすい。

もちろん各メンバー主役で今後もドラマに出続けれることができれば良いのだが、これまでジャニーズと対立したタレントが、その後も活躍し続けた事例は郷ひろみなどの事例があるものの、数少ない無いだけに今後が心配される。

その郷ひろみはジャニーズを退所し、バーニングに移籍し新たなバックが着いた。SMAPは退所して田辺エージェンシーに移籍するという噂もあったが今後は果たして――。

🔻Twitterでジャニーズニュースを速報中

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事