スポンサーリンク

スマステ終了は香取慎吾から言い出すことは絶対に無い理由。本人が語った大下容子アナへの信頼と15年後

この記事をシェアする

ついに決定してしまったSMAPの稲垣吾郎・草なぎ剛・香取慎吾の3名の退社。今後気になるのはメンバーのレギュラー番組などが継続されるかどうかだろう。早くも各テレビ番組宛にハガキなどで継続について要望を出している人も多いようだ。

特に終了について危ぶまれているのは、6月15日付の「日刊スポーツ」が終了内定を報じた香取慎吾がMCを務める「SmaSTATION!!」(テレビ朝日系)だろう。

この報道についてはおかしなことが多く、事務所幹部からのリークである可能性が高い。

すぐにテレビ朝日はこの「10月編成については、まだ確定しておりません」と内定の事実を否定。

SMAPや香取慎吾への愛情が深いテレビ朝日スタッフだけに、守ろうとしているのだろうか。

仮にスマステが終了するとなれば、絶対に香取慎吾からは言い出さないだろう証拠が実はあった――。

スポンサーリンク

スマステ終了は香取慎吾から言わない根拠

SMAP解散騒動で日本中が存続に向けて僅かな希望を持っていた昨年11月24日に発売された「女性セブン(2016年12月8日号)」では15周年を迎えたスマステのインタビューで香取慎吾本人を直撃している。

そのインタビューの中では緊張せずに安心してできるのは、番組でコンビを長年組むテレビ朝日・大下容子アナウンサーの存在が大きいと語り、「大下さんはとても優しいし愛にあふれているけど、鋭さもあるから怖い(笑い)。でも、優しさにあふれて、優しいだけでこの人実は何を考えているんだろう…みたいなところがまったくなくて、ストレートなところが好きなんです」と率直に語っている。

さらにスマステはどんな場所なのか、また今後について香取慎吾本人がインタビューで語ったのが以下の内容だ。

以下、引用

さまざまな仕事があるなかで、スマステはどんな場所なのか?

「スマステは“生活の一部”という感覚がすごくあるんですよ。毎週土曜日のほぼ同じ時間にスタジオに来て、始まりと終わりの時間も決まっていて、生放送が終わったら『お疲れさま』と言って帰る場所。ぼくは会社勤めをしてないから、ここが唯一のルーティンの場所なんです。ホームみたいな感じ!」

さて、今後のスマステは…?

「16年目も気持ちは変わらずにルーティンのままで、スタッフを信じて、スタッフに任せて(笑い)。小さな進化と絶対的なマンネリで番組をやっていきたいですね。次の15年後は54才か~…。その時も、ぼくがやっていることもそうですけど、大下さん(大下容子アナ)と一緒に番組を続けていられたらいいですね!」

引用女性セブン

このインタビューは一部マスコミが香取慎吾の引退説やうつ病の可能性が高いなどと猛烈な下げ記事が乱れ飛ぶ、昨年11月のもの。そんなタイミングでも明確に15年後も続けたいと語っているのだから、今になって急に辞めたいとは言い出さないだろう。

香取慎吾にとってスマステは唯一のルーティンであり、ホームのような場所。15年後も大下アナと一緒に続けたいと明確に語っている。

永遠とは言わないから5、60年一緒に…続くはずだったSMAPと同様、香取慎吾のホームであるSmaSTATION!!まで奪おうとするのだろうか――。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スマジョをフォローする

スポンサーリンク