スポンサーリンク

スマスマ後番組の視聴率が大幅ダウンで大爆死。一方で「#スマスマ」がTwitterトレンドに入った驚きの理由とは

この記事をシェアする

昨年12月26日に惜しまれながらも20年9ヶ月の歴史に幕を下ろした「SMAP×SMAP」(フジテレビ系、以下”スマスマ”)。その後番組「ちょっとザワつくイメージ調査 もしかしてズレてる?」の第1話が23日に放送された。

初回放送は注目度も高いため視聴率が高いことが多いが、まさかの大爆死となったようだ。あまりにも偉大な番組の後ということもあり比べられるのは仕方が無いが、あまりにも低い視聴率に早くも3月末での打ち切りが現実味を帯びてきた。

スポンサーリンク

「もしかしてズレてる?」初回の関東・関西の視聴率

同番組はフットボールアワーの後藤輝基とフリーアナウンサーである田中みな実、歌手・俳優であるDAIGOの3人がMCを務め、「芸能人たちが持つ自分のイメージは、世間とどのくらいズレているのか?」をアンケートに基づいた調査結果で浮き彫りにするというバラエティ番組だ。

過去に3回特番として放送されていたが、その時は後藤・田中と共に関ジャニ∞の横山裕がMCを務めていたが、ファンの反発を予想してか代わりにDAIGOがMCに入っている。

そんな初回放送の平均視聴率は6.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区。関西地区は8.5%)となり、大爆死だ。企画はありきたりだし予算もかかっていないような内容で、これではスマスマ後枠という影響を考慮し、4月の新番組までのつなぎだと思われても仕方がないだろう。

番組開始前にフットボールアワーの後藤は「この枠は今までの長い歴史がありますから、大変なのは分かっています」と覚悟を語っていたが、予想どおり厳しい船出となった。

初回放送では「20~60代 男女100人に聞いた『月曜夜10時 フット後藤MCの新番組見たい?』」というアンケートがあり、後藤は相方の岩尾から「あの月曜よる10時の番組ですよ?」と振られ「誰かがやらなあかんねん! でも、なんで俺やねん!」とプレッシャーの大きさを示唆していた。

「これから始まるねんから、よくも悪くも期待していただきたい!」と吹っ切れた様子だったが、やはりスマスマの後番組というのは難しいと思い知ることとなっただろう。

同時間帯でスマスマがTwitterトレンドに入った驚きの理由とは

注目が集まるはずの初回放送で6.7%という驚きの低視聴率で始まった同番組。一方のスマスマは12月26日の最終回は関東地区23.1%(関西地区24.1%)で、1996年からの全920回の平均視聴率は18.1%だった。

SMAP解散発表後は低調な視聴率の時もあったが2桁台を基本的に維持していただけに、新番組は大幅ダウンの視聴率と言えそうだ。

さらには驚いたのは同タイミングでTwitterトレンド(その時間帯にTwitterで急増したワードのランキング)に「スマスマ」が入っていたこと。何故そのような事が起こったのか調べてみると、SMAPファンの多くが復興支援のために義援金の呼びかけをしているではないか。

スマスマでは東日本大震災(昨年からは熊本地震も)からSMAPのメンバー5人がずっと義援金の呼びかけをしていた。それは東日本大震災から5年以上、最終回まで休まず行われた。

後番組となった「もしかしてズレてる?」ではそのような呼びかけが無かったので、SMAPファンが代わりに呼びかけていたのだった。SMAPファンからすれば驚きでも何でもないかもしれないが、一般の人たちからしたら驚くべき状況だろう。

ファンはSMAPが語ったメッセージ「東日本大震災より5年が経ちましたが、まだまだ皆様からの応援が必要です。支援金の受付につきましては東日本大震災復興支援財団のHPをご覧下さい。そして平成28年熊本地震により被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。こちらも義援金の受付を行っております。宜しくお願いします」のコメントや画像を引用し、多くの人に義援金を呼びかけていた。

スマスマが終了し、テレビが誰もSMAPの意志を引き継いでくれなかった中、SMAPファンだけはSMAPの意志を引き継いでいる。それはファンクラブの会費返金を義援金に振り替える行為を見てもそう思う。

東日本大震災の時には合計約4億円ものお金を寄付しているSMAPメンバー。もちろん被災地には何度も足を運んでいた。それだけでなく、多くの人にずっと義援金を呼びかけ続けており、どれだけ被災地の人たちの力になっただろうか。

国民的アイドルを超越した存在とも言われるSMAPだが、ずっと国民に寄り添ってきたグループの姿をファンはずっと忘れない。そして活動再開を待ち続けるだろう。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スマジョをフォローする

🔻フォロワー4千人突破🔻

スポンサーリンク