スポンサーリンク

スマスマ最終回の「ビストロスマップ」ゲストはタモリに。しかし最終回の生放送は絶望的

この記事をシェアする

スマスマ内のコーナー「S-LIVE」の収録は12月1日が最後だったが、12月8日にビストロスマップの最後の収録も行われた。12月1日の収録ではSMAPが「世界に一つだけの花」を熱唱し、中居正広が号泣したという情報が話題になった。

今回ビストロスマップに出演する最後のゲストとして明かされたのはSMAPと親交の深いタモリ。

草なぎ剛と香取慎吾は正月をタモリの自宅で過ごすことが定番となっており、そこでタモリは毎回手料理でもてなしてくれるという。2017年の正月もタモリの自宅で二人が過ごす可能性は高い。

また「笑っていいとも」で長年共演してきた中居正広への思いれも強く、「自分の後継者は中居くん」と周囲に語り、SMAPが独立しようとしたときには自らの所属事務所に迎え入れるために根回しも行ったとされる。

そんなタモリがビストロスマップ最終回に出演した様子とは――。

スポンサーリンク

ビストロスマップ最終回収録の模様

 メンバー5人は、午後0時40分から同1時3分にかけて、それぞれ別々の車でスタジオ入りした。木村拓哉(44)はサングラスをして助手席に座り、他のメンバーは各車の後部座席に座っていた。関係者によると、収録は午後2時ごろから4時半ごろまで行われたという。午後4時48分の木村を皮切りに、次々とメンバーを乗せた車がスタジオを出た。5時22分にラストの香取慎吾(39)が出ると、約100人集まったファンたちから「しんくん!」などと歓声が飛んだ。歩道を走って車を追いかけたり、手を振るファンもいた。

関係者によると、この日は同番組最後の収録だったという。中居正広(44)からは有名焼き肉店「叙々苑」の焼き肉弁当がスタッフ全員分差し入れられた。メンバーがシェフ姿でゲストに料理を振る舞う「ビストロスマップ」の収録のみが行われた。96年から20年間続いた人気番組のクライマックスだが、番組終了をファンに報告するコメント取りや、最終回のあいさつシーンの収録もなかった。

「ビストロ」のゲストは5人と親交が深いタモリだった。メンバーたちが途中で番組終了について触れることはなく、収録後もスタッフとの集合写真を撮影しただけ。この日が誕生日の稲垣吾郎(43)はスタッフから花束を贈られ祝福されたが、番組終了セレモニーなどは一切なし。メンバーたちは「お疲れさまでした」などとあいさつするのみで、終始淡々とした表情。まるで来週も引き続き収録があるかのような、あっけない幕切れだったという。

引用:日刊スポーツ

※この日の放送回はメディアによって19日か26日か見解がわかれている。

ここで気になるのは終了のコメント取りやあいさつシーンの収録も無かったということ。

スタッフから花束を贈られるなど祝福されることがあったというから、スマスマ最後の収録であるのは間違いないだろう。となると生放送の可能性は絶望的。今後あったとしてもメンバーそれぞれ個人でのコメント撮影ぐらいだろう。

約5時間という長時間のスマスマ最終回のほとんどは過去の放送の編集となる可能性が高そうだ。

これではファンから不満が続出するのは目に見えているが、一方のNHKで12月31日に行われる「紅白歌合戦」の生放送での出演可能性について直近の状況はどうだろうか。

タモリの紅白歌合戦出場はSMAP参加の狙いも

12月7日にタモリは「NHK紅白歌合戦」にマツコ・デラックスと共にスペシャルゲストで出演することがNHKから発表された。木村拓哉の高校での同級生であったマツコ・デラックスに加え、中居・草なぎ・香取との信頼関係の強いタモリの起用ということで、ここにはSMAP出演のための狙いがあると見られる。SMAP同士での絡みがNGとされる可能性が高いことから、ビストロスマップと同様にSMAPのメンバーとゲストとの絡みが必須となるからだ。

紅白の司会や出場歌手はすでに発表されたが、SMAP出演のために昨年より出場枠は5枠を削って15分を捻出している。今後、まだ発表されていないのは特別枠や企画枠、審査員などの発表となり、まだまだサプライズは続くだろう。SMAP出演のための布石はタモリだけではない。

和田アキ子を落選させてまで大竹しのぶを出演させ、11月には明石家さんまを「第1回明石家紅白」に起用したことから何かしら元夫婦が絡む企画が紅白内に盛り込まれるだろう。そしてSMAPのツートップと親交の深いさんまの出演もSMAPと絡ませる企画の狙いがあるだろう。

NHKは12月に入ってからもタモリの起用の発表など、まだまだSMAP出演を諦めていない様子が伺えるが、本当にSMAPは出演するのだろうか?

今回12月8日のスマスマ収録でタモリとSMAPのメンバーは楽屋などで個別に話はしただろう。きっとそこでタモリは出演の要請をしているはずだ。

ジャニーズ事務所もSMAPも紅白に出演させない、もしくはしないという意志が本当に固いのであればとっくにNHKも諦めているだろう。しかしNHKの正式発表では出演オファーはしているが”出演するともしないとも返事がない”という。

NHKは”紅白の複数年司会”や”大河ドラマの主演”などを材料にジャニーズ事務所側と交渉しているというから、台本通りの生放送ということであれば事務所も出演をOKする可能性はあるだろう。もちろんSMAPのメンバーが台本通りに従うかどうかだが…。

スマスマ最終回に生放送がないとなれば、やはり紅白に生放送でSMAPのメンバーが出演し、そこで期待するのは”解散撤回”のサプライズ。

SMAP解散予定まで残り22日。果たして華麗なる逆襲は見られるのだろうか。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スマジョをフォローする

関連する記事

スポンサーリンク