スポンサーリンク

SMAP×SMAP最終回発表も放送直後にカウコンCMが流れる違和感。明石家さんまはSMAP解散原因を不仲と断言

この記事をシェアする

12月5日、「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)がちょうど放送され始めた頃、12月26日の最終回は午後6時30分から11時18分の約5時間という超特番になることが判明した。その情報はスポーツ誌などが一斉に報じると同時に、番組のテロップでも流された。詳しい内容については不明で生放送が入るかどうかも含めて現在調整中だという。

20年9ヶ月も続いた人気番組は920回目の放送を迎えるその日を持って最後となる。しかし約5時間という最終回のスポンサー探しに苦労しているようで、大手スポンサーが続々と降りる中、普段CM出稿していない企業にまで幅広く営業をかけているという。

30秒のCM枠についている値段は500万円。同時間帯の価格としては平均的なものだが、SMAP×SMAP最終回という枠としては破格の安さだろう。

ここ最近、視聴率が低迷していることと、放送まで後20日という余裕の無い日程も影響していると思われる。

スポンサーリンク

SMAP×SMAPの12月5日放送回の流れに違和感

12月5日の「SMAP×SMAP」の放送回では特に久保田利伸の名曲でもうテレビでは歌わないとしていた「missing」をSMAPと熱唱したことにファンは感動。2008年に久保田が「SMAP×SMAP」に出演した際にも「missing」をコラボした他、木村拓哉のロングバケーションの主題歌でもあった「la la la love song」、「夜空ノムコウ」を熱唱していた。当時、木村拓哉は久保田利伸が封印していた「missing」をこの番組のために特別歌ってくれたと明かしていたが、その日以来、またSMAPのために封印を解いてくれたのだろうか。

しかしその余韻に浸るのも束の間、「SMAP×SMAP」直後のCMになんと大晦日にフジテレビで放送予定の「ジャニーズカウントダウンライブ2016-2017」(略称・カウコン)のCMが流れたのだ。今回のカウコンにはSMAPと活動休止中のKAT-TUNを除くほとんどのグループが参加するだけに、同時間に御用スポーツ誌でSMAP×SMAP最終回の情報が流れたことも相まって、”シナリオをつくっている”と憤るファンも多い。

同じジャニーズくくりでSMAPのファンをカウコンへ誘導したいのかもしれないが、SMAPの番組にSMAPの出ないCMを流すということについてはもう少し配慮があっても良かったのではないだろうか。

12月12日放送回はついにレディ・ガガが登場

11月上旬に収録済みのレディ・ガガとの共演がついに12月12日で放送されるようだ。「S-LIVE」だけでなく、「ビストロSMAP」にも出演するという。11月上旬にレディ・ガガのインスタグラムでビストロSMAPのお皿の写真をアップしていたことから、今回はビストロSMAPにも出演するのではないかと見られていた。

ピンクの着物姿で来店したレディ・ガガのオーダーは「ピザ」とのことで、一番大事にしている家族との食卓には欠かせないものだという。イタリア系アメリカ人というルーツを持つだけに、イタリア食が好みのようだ。

また「S-LIVE」ではニューアルバム「ジョアン」から日本でテレビ初披露となる「ミリオン・リーズンズ」などの楽曲をSMAPとコラボするという。

槇原敬之が語る「世界に一つだけの花」

12月4日放送の関ジャニ∞がMCを務める「関ジャム 完全燃SHOW」(テレビ朝日系)にSMAPの「世界に一つだけの花」を作詞・作曲した槇原敬之が出演。

300万枚の売上突破目前となった「世界に一つだけの花」の制作秘話を明かした。SMAPには元々別の曲を用意していたというが不採用になったという。そして期日に追われる中、朝6時頃に起き、約10分から20分で書き上げたそうだ。

その時について槇原は「この曲だけは降りたと思う。自分でも苦労してないし、曲つけるころまでトータルで1時間かかってないと思う」と明かしている。

そのことについて槇原は「努力してる曲だけが売れるわけではない。この曲は本当に神様からのプレゼント」と振り返った。

明石家さんまがSMAPの不仲説を断言

11月26日に放送された「誰も知らない明石家さんま 初のロングインタビューで解禁!」(日本テレビ系)ではさんまが共演NGのタレントについて聞かれた際にSMAPについて言及した。「嫌いなままで仕事するっていうのは嫌でも本番やんか。だからそれはちゃんとプロとしてやるべき。それをSMAPに伝えたかった」と発言。

このさんまの発言について「SMAPはプロでないとでも言いたいのか?」という批判もあったが、SMAPのメンバーと直接連絡もやりあう仲のさんまの発言だけに、「不仲がやっぱり本当ってこと?」とショックを受けるファンも多かった。

SMAPの事情通ぶっているさんまにはSMAPファンから批判的な意見も多い。これまで好感度ランキング1位に長年君臨してきたさんまがここまで批判にさらされるのはおそらく初めてではないだろうか。

SMAP解散の一因として批判される木村拓哉を少しでも擁護したいというさんまの意図があると言われるが、具体的ではない抽象的な発言が多くのファンを混乱させている。テレビで突っ込んだ発言はできないことはわかるものの、ファンのために一切語らないか、詳細を語るかハッキリとして欲しいものだ。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

関連する記事

スポンサーリンク