中居正広が5☆SMILEのSMAP解散撤回を求める25万人以上の署名に感激か「皆よくやってくれてる」「すげーよな」

シェアする

たびたび当サイト「スマートジャニーズ」でも紹介している5☆SMILEが実施した” SMAPの存続と活動継続を願う直筆署名”活動。10月31日時点で25万人以上も集まっており、この成果にはNHKも「ニュースウォッチ9」でトップで取り扱うなど、メディアからも注目が集まっている。

ファンの間ではこの思いをいかに広めるかということで、多くのメディアに取り扱ってもらおうという動きが続いているが、この気持ちはSMAPのメンバーにも届いているようだ。

スポンサーリンク

中居正広も署名活動に感謝!?

以下、引用

「中居くんのヘアメイクを担当している方が、11月13日に更新したブログの中で、中居くんが署名活動の一件を知っていたと明かしたんです。中居くんは『皆よくやってくれてる』『すげーよな』とファンの行動力に驚いていたそうで、『ファンのみんなの事、もっと考えないとな~』と話していたとか。

その後、この投稿は削除されてしまったのが残念ですが……。おそらく、中居くんは地元の友人などから聞いて事態を把握したんだと思います。神奈川県・辻堂で居酒屋をやっている中居くんの友人が、自身のTwitterに『「SMAP存続並びにグループ活動の継続願い」について』と書かれた5☆SMILEプロジェクトの用紙をアップし、署名したことを報告していました。

10月末にツイートしていたのですが、こちらもそのツイートを消してしまったため、現在は見れない状態です」(SMAPファンの女性)

引用:サイゾーウーマン

当サイトでもこの該当ブログについて調査したが、残念ながら見つからず、真偽は不明だ。確認できたのは該当ツイートだが確かに拡散していたので、反響の大きさに驚きブログやツイートを削除したのかもしれない。

どちらにしても高まるファンの声を聞かないようにしてるわけもなく、SMAPのメンバーそれぞれには声は届いているだろう。

心配される中居の体調不良

10月22日に放送されたラジオ番組「中居正広のSome girl’ SMAP」で体調不良を公表した中居。

収録中に汗が異常に出てしまい、寝付きの悪さや寝ている時にまで何かに追いかけられる夢を見るなど異変を告白している。自律神経の乱れやストレスなどが原因としてファンの間でも心配の声があがっていたが、11月12日の放送でリスナーが「幸せ成分不足で精神的に不安定なのでは?」というハガキが直接届いた。中居は「そんなことないでしょ」と笑う。

家庭を持ったほうが落ち着くという案にも「ないっしょ!イライラするでしょ!奥さんが毎日いて。絶対に寝られない」と否定した。

解散撤回の署名のファンの気持ちが中居に届き精神を安定させた?という可能性もあるが・・・。

そもそも中居の”家庭を持ちたくない”・”結婚はしない”というのは中居なりのキャラ設定だとも考えられる。

中居のホンネ

2016年9月12日に放送された「Momm!!」(TBS系)で中居はこれまでの結婚に関する考え方と真反対の願望を明かした。

結婚についてトークとなったこの日の収録で中居は「僕は老後が楽しみなんですよ」と話だし、「こんな生活をしているので、普通の人よりもデートの数も少ないですし、彼女との娯楽がすごく少ない。だから結婚とかしたらすごい遊べるのかなっていう期待が。2人きりで海外とか行ったことないので」と明かした。

さらに結婚について「しようと思います。」と断言。「70歳か80歳になるかもしれないですよ」と付け加えたものの、これまで結婚願望がまったく無いと答えていた中居だけに出演者は一様に驚いていた。

これまでの結婚感は中居なりの”キャラ設定”だったのだろう。これ以外にもずっと公称プロフィールでは165センチとしていた身長が実は170センチあることをここ2・3年で何度か番組で明かしている。

SMAPで一番年上である中居が一番小さいという構図が面白いと考えて、グループを考えた上で戦略的に逆サバを読んでいたようだ。

10月15日のラジオでは「来年になったら色々とスタイル変えてみようかなって思う。」とも語っていた中居。今思う次なる戦略はどのようなものなのか。

来年以降は新たな領域に挑戦も

MCの力が業界トップクラスの中居はテレビから求められており、多くのレギュラー番組は来年も続くと見られている。しかし問題はこのレギュラー番組が終了した場合、次に新しくレギュラー番組の仕事が来るかという点。

今年の事務所との問題以降、事務所が新たにSMAPのメンバーに仕事をとってきた形跡は無い。キー局のテレビ番組のレギュラーともなれば、来年以降新たに決まる可能性はもっと低いだろう。

とはいえ、中居はキー局にこだわるつもりは無く、MCの仕事について地方局での仕事も積極的に受ける意志を持っているという。

ローカル番組はジャニーズJr.がたまに番組に出演することはあっても、デビューしたジャニーズのメンバーが出演することがほとんど無く、事務所の圧力があまり効かない。

またキー局と比較すると、発言などに関するしがらみは少なくMC力が業界トップクラスの中居が地方局で出演するとなれば、日本全国のテレビ業界に大きな影響を及ぼすだろう。

そもそも中居が日本で最も名誉と言われる紅白歌合戦の司会を務めたのは1997年で、なんと若干25歳の時。中居は紅組の司会部分も含めて、全て覚えて本番に望んでいたというが、後に紅白の司会について「最初はプレッシャーが尋常じゃなかった」と告白している。

以降も様々な経験を積み、どんなトラブルにも対応できるMC力は非常に評価が高い。それまで音楽番組ばかり出ていたジャニーズにMCとしてのポジションを確立するだけでなく、バラエティ番組、ドラマなど様々な分野を切り開いた。

その後、合計6回も紅白の司会を務めることになったが、今では司会の座を後輩に譲り、今年の嵐・相葉雅紀も含めて、11年連続でジャニーズ事務所のタレントが紅白の白組の司会を務めることになった。その後輩のための道を築いたのも中居の功績だろう。

ジャニーズ事務所に多くの功績をもたらした中居を含めたSMAPのメンバー。そんな彼らの25周年である今年は、昨年までに決定していたレギュラー番組の仕事がほとんどだ。事務所が新しくもたらした仕事はもしかして1月の公開謝罪くらいではないだろうか。

🔻Twitterでジャニーズニュースを速報中

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事