SMAP「世界に一つだけの花」3ミリオン認定。出荷300万枚突破・ファンの熱い思いが次々と奇跡を起こす

シェアする

「#SMAPデビュー祝25周年」のタグ付きツイ―トは15万超えと驚異的な数字を記録し続けている。 SMAPに対するファンの「SMAPデビュー祝25周年」を祝う熱い祝福の声がtwitter上に満ち溢れた。

そして“花摘み”の働きかけにより「世界に一つだけの花(シングル・ヴァージョン)」(2003年3月5日発売)が、日本レコード協会により9日「3ミリオン」作品として認定された。まもなく累計売り上げ枚数が300万枚に到達しようとしている。

世界に一つだけの花

以下、引用

日本レコード協会は9日、2016年8月度のゴールドディスク認定作品を発表。SMAPの「世界に一つだけの花(シングル・ヴァージョン)」(2003年3月5日発売)が「3ミリオン」作品として認定された。

シングルの3ミリオンは、1999年3月度で認定された、速水けんたろう・茂森あゆみ/ひまわりキッズによる「だんご3兄弟」 以来2作品目となる。なお、シングルでは現時点において、4ミリオン以上の認定作品はない

引用:MusicVoice

SMAP解散という衝撃が日本中に衝撃を与えたが、海外のメディアが続々と報じ始めている。SMAPファンの英文による働きかけにより、8月20日には、アメリカの「ニューヨーク・タイムズ」がこのニュースを1面で取り上げた。

そして、事務所へ不信感を抱くファンたちの声を取り上げて「少年アイドルグループシーンを40年近くにわたり支配してきた所属事務所である『ジャニーズ事務所』の欺瞞に対する、ファンや業界の評論家の疑念」が、騒動をより大きくしていると伝えている。さらに海外ウェブサイトでもトップページに掲載。ジャニーズの存在と、その在り方に深くメスを入れる記事が掲載された。

スポンサーリンク

25周年に聖地巡礼するファンも

SMAPがCDデビュー25周年を迎えた9月9日、SMAPを愛して止まないファンによる応援が次々と形を変えて、東京新聞をはじめ、静岡新聞、北日本新聞といった地方紙では、個人のメッセージが掲載できる「伝言板」などにSMAPへの変わらぬ愛と、解散を惜しむ涙のメッセージがあふれ、日本全国がSMAPを祝福する声に包まれた。

そして25年前にSMAPがデビューイベントを開催した記念すべき、埼玉・西武園ゆうえんちには、9日、たくさんのファンが詰めかけ“聖地巡礼”をする 姿が見られた。その中で、ファンの1人がお祝いイベントの開催を計画も、西武園側により見送られたというが、園内では2001年発売のベストアルバム「Smap Vest」や、2003年のアルバム「SMAP 016/MIJ」に収録されているメンバーのソロ曲を流すこの日を祝う粋な計らいに、現地のファンの喜びと感動はひとしおで、SMAPの思い出の地として足を運んで、ファンそれぞれの胸の内に住むSMAPへの想いを祝っていた。

以下、引用

また、「SMAP兄さん」との愛称もツイッター上を賑わせている。KinKi Kidsの堂本光一と堂本剛の2人がSMAPへの親しみをこめて呼ぶ愛称として広く知られているが、ファンからも「SMAP兄さん達が居たからキスマイも舞祭組も大きくなれた」「これからもKinKi Kidsの良きお兄さんでいて下さいね」「その大きな背中を沢山の後輩が見てきたと思います。これからも格好いい憧れのお兄ちゃんでいてください」などと、ジャニーズ事務所の後輩グループを応援するファンからも続々と感謝のメッセージが届いた。

SMAPへの祝福はネットだけに留まらない。東京新聞、北國新聞、上毛新聞、静岡新聞などの地方紙の朝刊コメント欄がSMAP関連のメッセージで埋まった。その新聞を受け取った人からは「今朝の新聞すごい! 愛が溢れてる」「何気に目にした私達をも優しさを感じれ幸せになれる」「小さなちいさな元気玉がたくさん集まって大きな元気玉になった」「素敵だねぇSMAPファンって」などと、SMAPの直接のファンではない人にも大きな印象を与えてい るようだ。

25年もの長きにわたり、アイドル界の先頭を走り続けてきたSMAPのデビュー記念日。解散の報に打ちひしがれたファンを含めて、多くの人がSMAPというグループの存在の大きさを改めて感じる一日になっている。

引用:MusicVoice

KinKi Kidsの堂本光一と堂本剛が、SMAP・中居正広と共演を果たした音楽番組「音楽の日」(TBS系、7月16日放送)にMCを務めていた中居に、歌っている最中の光一が駆けよって、戻ろうとする光一を剛が押し戻して、3人の胸に迫る涙を誘うような熱い場面があった通り、3人には心温まる数々の歴史があった。

KinKi Kidsとしてデビュー前にはSMAPのバックダンサーを務めていたが、中居正広の優しい心づかいの言葉によるフォローがあったりして、かねてよりSMAPに対するあこがれや尊敬の念を口にしてきた2人。KinKi Kidsの2人によるSMAPへ熱い愛のエピソードで感動を与えているが、もう2度と「SMAP兄さん」のバックでも、一緒でも歌い踊れないという悲しい現実が突きつけられている。ジャニーズで共に過ごした長い年月。SMAP解散に対してやりきれない胸の内が伝わってくる。

SMAPファンの涙ぐましい運動が世界に広がる

SMAPファンの数々の運動は、益々広がりを見せている。2003年3月5日発売の「世界に一つだけの花」が累計売上げ枚数が300万枚に今到達しようとしている。そしてファンは、日本のマスコミではジャニーズの真実は報道されないとして、海外のマスコミに働きかけたのだ。その結果、仏ルモンド紙、英BBC、米NEW YORK TIMESがSMAPのこと報じている。「ビートルズ」の解散に匹敵するとして、またジャニーズの「奴隷」としてのキーワードで問題視している。

米NEW YORK TIMESはジャニーズ事務所の人権問題、ルモンドは独占権と支配に関してSMAPのニュースを1面で取り上げた。また海外のメディアが一斉に取り上げている。ファンによるSNS拡散。メリー喜多川氏の解任要求運動を起こし、SMAP謝罪に憤慨のファンが署名活動を起こしたが、突然謎の停止となった。

世界に一つだけの花が300万枚に到達目前。その勢いは終わりが見えず、奇跡が起こすパワーがある。

🔻Twitterでジャニーズニュースを速報中

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事