SMAP解散阻止へ!「SMAPが好きな一般人よ立ち上がろう」新たな活動広まる

シェアする

SMAPが解散するかもしれないとして発表されている12月31日に向けて、その日は刻一刻と迫っている。

ここまで「世界に一つだけの花」の300万枚の販売に向けた購買運動、5☆SMILEによる署名活動は街頭署名活動を禁止しているにも関わらず5万人を超えたという。

またSMAPファン主催の「25周年おめでとう~Small Fan Party~」では2000名を超えるファンが集結。SMAPが出演するTVやラジオにハガキを送る「スマヲタハガキ職人への道」などの活動も続いている。

活動の多くは全国のSMAPファンが中心と言っていいだろう。

そんな中、10月23日頃より一般の方にも声を広めようという活動が急激に広まっている。

始まりは2016年8月の半ばにSMAPファンだと気づいたというゆかり紫さんの1つのTwitterでのツイートが発端だった。

スポンサーリンク

「#SMAPが好きな一般人よ立ち上がろう」誕生の経緯

始まるキッカケのツイート

このつぶやきが急激に広がり、今ではこのハッシュタグをつけたツイートが1日1,000を超えるほどに広がっている。

ゆかり紫さんが公開している複数パターンのスタンプを自分のアイコンに貼って、極力リツイートではなく「#SMAPが好きな一般人よ立ち上がろう」のタグをつけてツイートしてほしいとのことだ。

そんな中、熱心なSMAPファンとまで言えない人はSMAPは強制的に解散させられるのではなく、メンバー間の仲が悪くなり、自らの意思で解散を望んでいると思っている人が多いだろう。それこそ大手メディアが報じる”芸能プロ関係者”からの情報を元にした報道を多くの人は見聞きしているからだ。

しかし解散の発端となったのは以下の記事。


楽天→週刊文春が報じた ジャニーズ女帝メリー喜多川 怒りの独白5時間【文春e-Books】【電子書籍】

過去にマッチと付き合っていた中森明菜が自殺未遂を図った”金屏風事件”と呼ばれる疑惑の内容が事実であれば巧妙に仕組まれたワナだ。特にそのことを知るファンからは今回の解散について納得していない人が多い。

何か問題が起これば必ず自分たちの声でファンに説明していたSMAPのメンバーが解散については読まされたセリフ以外何もコメントせず、メディアからは正体不明の”芸能プロ関係者”からの情報を元に、日々SMAPメンバーを攻撃するような報道が続いている。

SMAPファンの力が様々なメディアや芸能関係者を動かしつつあるが、この力が一般人にも広がれば大きな力になるだろう。

今すぐ「#SMAPが好きな一般人よ立ち上がろう」のハッシュタグをつけてツイートしよう。

🔻Twitterでジャニーズニュースを速報中

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事