嫌いなジャニーズ1位に選ばれた木村拓哉がスマスマ大運動会についてラジオで苦しい弁明

シェアする

先日週刊女性が毎年恒例で好きなジャニーズと嫌いなジャニーズのベスト10を実施し、結果を発表した。結果、好きなジャニーズは嵐のエンバーが上位5つを独占した。一時期は国民的アイドルだったSMAPの中からは9位に木村拓哉が選ばれた。

しかし、木村拓哉は昨年好きなジャニーズの2位だったのだが、大幅ランクダウン。また嫌いなジャニーズは2年連続1位という不名誉な結果となっている。

スポンサーリンク

運動神経バツグン。のはずが木村拓哉のスマスマ運動会での失態

木村拓哉といえば、先日フジテレビのスマスマ大運動会の50メートル走で中居正広のわざとコケた演技がなければ、最下位になっていた可能性が高い。その際、木村拓哉はあまりのショックで声も出なかった。

そのことについて木村拓哉は3日放送のラジオで弁明した。

木村拓哉が直接運動会の結果について弁明

「今だから話せるんですけど、運動会の前日に友達が誕生日で、そこに行ってたんですよ。気づいたら4時半ぐらいになってて、やべ、明日は運動会だしなーと思って。起きたらなんかグルングルンしてるなという中、会場に行って。何やるんですか?って行ったら「SMAPで50メートル走やります」って言われて。いくら友人が誕生日だからといって運動会の前日に4時半まで飲んではダメですね。だから結果も悔しいも糞もないんですよ。結構カラダにもきましたし、ちゃんと早めに寝て、早めに起きてから現場に行きたいですね」

まあ、本当は木村拓哉が1位で調子がたまたま悪かった。そういうことにしておきましょう(笑)。次に同じような企画をしてリベンジしてもらいたいですね。

🔻Twitterでジャニーズニュースを速報中

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事