稲垣吾郎と噂のヒロくんがグリーンキャブ会長の高野将弘氏の息子、高野公志氏であることが判明

シェアする

先日、中居正広のISOROで正体を明かした稲垣吾郎の同居人である「ヒロくん」の正体が大手タクシー会社「グリーンキャブ」会長の高野将弘氏の息子である、高野公志氏だと判明しました。

株式会社グリーンキャブとは

株式会社グリーンキャブ (Green Cab) は、東京都を拠点にハイヤー・タクシーと福祉車両、貸切バスを運行する事業者で、タクシー事業においては東都自動車グループ、日の丸自動車グループとともに都内準大手3社の一社とされる。

売上は約250億円程度で、従業員はなんと約3,600名にも登る。

会長は創業者であり、ヒロくんの父である高野将弘氏。ヒロくんこと高野公志氏は5人兄弟の4男のようだが、長男の髙野公秀氏が社長を務める。

ヒロくんこと高野公志氏は何をやっている人なのか

ヒロくんは長野県にある佐久平カントリークラブの総支配人であり、稲垣吾郎が以前付き合っていたと言われる菅野美穂とゴルフに来ていたという噂がある場所でもある。

この情報は番組内で稲垣吾郎が1度ヒロくんのことを「高野さん」と読んだことからも間違いないだろう。

妻は元宝塚の三城礼でもあり、美術品収集家の本業はゴルフ場総支配人というところなのだろう。兄はグリーンキャブの社長を努めており、一家としてかなりの資産家が正体であったようだ。

🔻Twitterでジャニーズニュースを速報中

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
スポンサーリンク