スポンサーリンク

SMAPのデビュー記念日を岡村隆史が粋な祝福。改めて考えさせられる「SMAPが戦えなかった」の意味

この記事をシェアする

9月9日はSMAPファンにとっては特別な日。デビューから26周年を迎える今日、ファンはSMAPがデビューした聖地・西武遊園地を訪れたり、「世界に一つだけの花」の購買運動に参加したり等、様々な祝い方をしているようだ。

そんな中、岡村隆史が9月9日になったと同時にインスタグラムのストーリーを更新。SMAPへ祝福メッセージを贈ったことが話題となっている。

ナイナイとSMAPの関係は長い。1996年の「めちゃ×2イケてるッ!ナイナイ&中居の日本一周」(フジテレビ系)から関係が始まった。この企画はその後、第10弾まで続いており、最新の2015年はナイナイのコンビ結成25周年を祝して中居がナイナイの2人をおもてなしするという企画だった。

1997年には「めちゃ×2イケてるッ!」の企画でSMAPのコンサートに岡村がジャニーズJr.として出演。大きなサプライズとなり、この放送は視聴率18.4%と大反響となった。

ちなみにこの時、コンサートで岡村と一緒に踊ったジャニーズJr.の中には滝沢秀明、今井翼、横山裕、渋谷すばる、村上信五などがおり、今ではジャニーズJr.黄金世代と言われている時期だ。

その後、2002年12月・2013年1月放送の「中居ナイナイ日本一周」や2004年7月放送の「FNS27時間テレビ」でも岡村はSMAPのコンサートに出演している。2015年の「27時間テレビ」でもSMAPと一緒に踊ったが、それが今のところ最後となっている。

今では岡村と中居はプライベートでも交流があるというが、そんな岡村がSMAPのメンバーに贈った祝福メッセージとは――。

スポンサーリンク

岡村隆史がSMAPに祝福メッセージ

岡村が9月9日になった瞬間に更新したインスタグラムのストーリーの動画は以下。

祝福メッセージはタイトルどおり「がんばりましょう」「俺たちには明日がある」ということだろう。

SMAPの解散が発表された時に岡村は自身がパーソナリティを務めるラジオ番組「オールナイトニッポン」(ニッポン放送)で「SMAPがちょっと戦えなかったというかね、解散と言うことになってしまって、 非常に残念」と意味深なコメントを残しており、事前に中居からメールで解散発表の連絡を聞いていたと話しているため、解散の真相を知っている可能性もある。

昨年1月にSMAP解散騒動が起こった当時も岡村は中居が「命懸けでSMAPは守ります」「こんなことで、SMAPは終わらないよ」と宣言していたことも明かしていた。

SMAPの解散理由が不仲説ということであればSMAPのメンバー全員と仲が良い岡村が「戦えなかった」とは表現しないのではないだろうか。また木村拓哉が他のメンバーと対立したという構図であれば、木村拓哉が主演したTBS系ドラマ「人生は上々だ」主題歌である「俺たちには明日がある」を選曲しないのではないか。

戦う気はあったが、戦う手段や場が奪われたかのような表現で当時も波紋を呼んだが、改めて考えさせられる。

ちなみに9月9日は多くのファンにとって「SMAPの日(デビュー記念日)」だが、実はナインティナインの「99(ナイナイ)の日」でもある。

今月に入ってナイナイが「実質解散状態」と一部メディアが報じており、そんなこともあってお互い「がんばりましょう」「俺たちには明日がある」と言い聞かせていたのかもしれない。

岡村のカラオケの動画を見た人の声

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スマジョをフォローする

スポンサーリンク