スポンサーリンク

中居正広の「めちゃイケ」出演ラスト企画の画像が流出!?なんと「72時間ホンネの旅」に挑戦することが判明!

この記事をシェアする

来年春で番組終了を迎える「めちゃ×2イケてるっ!(以下、めちゃイケ)」(フジテレビ系)で来年1月2日に中居正広が名物企画である「中居&ナイナイ日本一周」に出演することが12月2日に判明し話題を呼んでいる。

このコーナーはめちゃイケの21年半の歴史の中で、過去11回放送。めちゃイケのゴールデンタイム進出特番として1996年に放送されたのが初めてであり、番組継続と共に歩んだと言っても良い企画だ。

最後に放送されたのは2015年1月10日だったが、3年ぶりに返ってくる事となり、そしてめちゃイケの終了と共に最後の企画となりそうだ。

放送内容の期待が高まる中、驚くべき画像が流出している。それはまだ正式に発表されていないが、ラストの旅企画のサブタイトル名称が「72時間ホンネの旅」であることが画像流出から判明したのだ。

スポンサーリンク

中居正広が72時間ホンネの旅

番組は毎回東京でナイナイが中居正広の前に突如現れスタートし、北海道が最初の中継地点となるケースが多い。その後、東京経由で九州・沖縄に向かい、最後は東京に戻って大オチで締められるのが毎度のパターンだ。

空港から目的地への移動はオープンカーで行われることから、今回の画像はそのオープンカーだろう。

ファンの感動を呼んでいるのはもちろん「72時間」「ホンネ」というワードが、先月大きな話題を呼んだ稲垣吾郎・草なぎ剛・香取慎吾の3人が出演したAbemaTVの「72時間ホンネテレビ」の匂わせどころか、そのままだからだ。

ただし車に記載されている文字の5色はそのままSMAPの赤・黄色・青・緑・ピンクの5色カラーでこれは完全に匂わせだ。未だに不仲説が流れる木村拓哉のカラーである赤も当然ある。

72時間に込められた意味

「72時間ホンネテレビ」では頻繁に”72”というワードが取り上げられた。

まず最初は偶然だが、稲垣・草なぎ・香取の3人が森且行の元を訪れた際、森が出場したレースの1着の賞金が「72万円」で、レース結果は7番・2番の順だった。

そして番組の終盤で「72曲ライブ」を3人が熱唱すると、視聴者数が「7200万」を超えたことが知らせれ、3人は喜びつつも驚きの表情を見せていた。

さらに実は中居正広と木村拓哉は1972年生まれ。

香取が特に暗号好きで知られていることから、72時間という体力的にはかなりきつい長時間ながらも3人が挑戦し「72」にこだわった理由が2人に対するメッセージではないかとのファンの憶測も呼んでいた。

AbemaTVについてはジャニーズ事務所はこれまでタレントを出演させていないし、もちろんフジテレビを始めとする地上波の今後ライバルとなり得る存在。

先日の「72時間ホンネテレビ」のニュースもネット上では話題になったが、多くの地上波のニュース番組ではスルーしたことからも、その立ち位置がわかるだろう。

それだけに今回、めちゃイケ・フジテレビ・ジャニーズ事務所の関係各所がこのサブタイトルを許したとすれば驚くべき状況かもしれない。

12月1日にフジテレビは定例社長会見で記者から「72時間ホンネテレビ」の感想を聞かれると、宮内社長は「視聴はしてないですが、あった事実は知っておりますし、反響も聞いております。新しい形の見せ方であること、ターゲットが若者であるということで、反響が大きいという印象を持ちました」と評価。

ジャニーズ事務所を退所した3人が早くも地上波とインターネットの間にある芸能界の垣根を壊しつつあるのだろうか。

そして中居が新しい地図や飯島氏率いる株式会社CULENに合流する可能性が高まったとも言えるかもしれない。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スマジョをフォローする

関連する記事

スポンサーリンク