スポンサーリンク

2017年も中居正広のラジオにSMAP存続を願うハガキが殺到していることが判明。黒沢年雄は絶賛「本当に素晴らしいMCだ」

この記事をシェアする

ニッポン放送の岩崎社長が11日に都内で定例会見を開き、昨年大晦日に放送された「中居正広のSome girl’ SMAP」の最終回の後、1週間で約5,000通のハガキが届く等、大反響があったことを明らかにした。

SMAPのメンバーの中で唯一、ファンのSMAP解散撤回を望む様々な活動についてコメントをし、最後には「慎吾!剛!吾郎!木村!SMAP!じゃあねー、バイバーイ!」と叫んだことが話題を呼んでいた。

スポンサーリンク

ニッポン放送の岩崎社長が明かしたサムガ最終回の反響

パソコンやスマートフォンで無料でラジオが聴けるサービスであるradikoの視聴数も通常の約2倍となる3万件に上った。

番組終了後の1週間に届いたハガキの数は約5,000通で通常の5倍程のハガキが到着し、その多くはSMAPの存続を願うものだったという。

ニッポン放送の岩崎社長は「年末にいろんなSMAPの番組がありましたが、肉声で今の心境やSMAPのメンバーへの思いなどを肉声で伝えられた。リスナーに気持ちを伝えるのはラジオが一番だと感じた。パーソナリティの役割を強く感じた放送でした。たくさんの番組があった中でインパクトはこれが一番だった」と振り返った。

今年に入ってリニューアルした番組「中居正広 ON&ON AIR」の初回は7日に放送されたが、解散については触れていない。またメンバーのラジオ番組の中で唯一中居だけがSMAPの楽曲をかけることは無かったが、これまでプロデュースを務めていた舞祭組の新曲をかけるなど、後輩想いの中居らしい一面も垣間見れた。

中居に限らず、他のメンバーも4月以降のラジオの継続が心配されているが、「中居正広 ON&ON AIR」については4月以降も継続予定だという。

黒沢年雄が中居正広を絶賛

「中居正広のミになる図書館」(テレビ朝日)のスペシャルが1月16日(月)19:00~21:48に放送される。番組に出演した黒沢年雄が中居のMC力を絶賛している。

以下、引用

3時間番組なので、休憩2回を入れて長い収録

バラエティーですから、クイズあり卓球あり、の何でもありです。

バラエティーに出演する時の心構えは、番組に合わせてバカに徹する事。

MCに名指しで、バカにされようが、それに徹し、楽しむ事。

その進めかたの上手いMCによって、番組が良く出来るか、つまらないか、が決まってしまいます。

大きく分けて2つのタイプがあり、自分を最大限出して進行して行くタイプのMCと、自分を出しながら、タレントのキャラクターを上手く引っ張り進めて行くMC。

中居君は後者のタイプ。

MCの中居正広君、彼とは何回か共演してるが、上手いね。

出演者が、20代、30代、40代、50代、60代、総勢100名位を切り盛りしながら嫌な顔全く見せずまとめながら進行。

全てに機転がきき、思いやりがあり、こきおろしても、嫌みがなく、かえってタレントの良さを引き出している。

本当に素晴らしいMCだ。

特に気に入ってるのは、収録以外の場所での対応の人間性がとても気分がいい。

売れ続けている理由は、技術もそうだが、中居正広の人間性だね。

以上、お世辞ではありません。

あっ…そうそう

中居正広君からの、お鮨の差し入れ、有り難う、美味しかった。

引用:黒沢年雄オフィシャルブログ

中居の司会力は芸能界トップクラスであることは間違いない。ジャニーズ事務所からの独立について噂が絶えないが、どちらにしてもメディアからは引っ張りだこだろう。

4月クールもラジオは継続予定となっているが、注目は9月のジャニーズ事務所との契約更新。中居正広はジャニーズ事務所から出るべきなのだろうか。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

関連する記事

スポンサーリンク