スポンサーリンク

中居正広を芸能界で一番の親友と語る松本人志。2人の初の出会いの動画

この記事をシェアする

先月放送された「ガキの使い特別版」(日本テレビ系)で「芸能界の親友は」と問われた松本人志は「中居くんかなぁ」と回答。これまでも様々な番組で中居正広を「芸能界で一番の親友」と語っていた松本人志だが、2人が親しくなったきっかけは2000年に放送された連続ドラマ「伝説の教師」(日本テレビ系)だ。

その後は松本は自身のラジオ番組で中居について「変人でアイドルではない、芸人寄りの発送を持ってるからMCなどの話す仕事ができる」と絶賛。どうやらプライベートはもとより、芸能人としての能力についても相当リスペクトしているようだ。

一方の中居は今年4月に「ナカイの窓」(日本テレビ系)で松本について連絡する時を「会いたい時みたいな感じ。ちょっと行きましょうか、しゃべりましょうかって時」と明かし、「すごいサイクルの時もあれば、すごい空く時もあれば、ちょっと独特だよね」と語っている。

そんな2人の初対面は1995年7月10日に放送された「Hey!Hey!Hey!」(フジテレビ系)。まだ森且行を含めた6人体制だったSMAPだが、それまでダウンタウンはSMAPについて辛口なボケ発言をすることが多かった。

ガキ使では、その年の紅白出場歌手を予想するコーナーにおいて、SMAPの「10$」を「この10ダラーって言うのはこの子達の値段?」とボケ。また紅白の裏番組に出演していた松本は「今誰歌ってるんや?SMAP?じゃあ大丈夫や」などとも発言していた。

それだけに初共演が注目されたのだが、その当時の動画を見てみよう。

スポンサーリンク

松本人志と中居正広の初共演動画

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スマジョをフォローする

スポンサーリンク