スポンサーリンク

SMAPの存在を忘れさせるためグループ映像の利用がNGに。公開謝罪から丸1年・テレビ局へ強まるジャニーズ事務所の圧力

この記事をシェアする

衝撃だったSMAPのスマスマでの公開謝罪から明日1月18日で丸1年となる。

SMAPファンだけでなく日本国民にとって忘れられない5人の姿となったが、不可解な事にスマスマ放送翌日にはフジテレビに留まらず各局で繰り返し映像が流された。

ファンが再放送を求める「プロフェッショナル 仕事の流儀SMAP SP」が何ヶ月もNHKへのリクエストトップにも関わらず、事務所が認めないため再放送されていない。一方、公開処刑とも言われたシーンは即許可されている。

これだけで何を言わんとしているかはわかるだろう。

そして2017年に入った今、SMAPの過去映像使用に厳しい制約を各テレビ局に通知しているという。

スポンサーリンク

SMAPの映像利用で許されたシーンとは

昨年末、各局はSMAPの映像利用をジャニーズ事務所に要請したが、許可されたのは12月28日に発売された映像集「Clip!Smap!コンプリートシングルス」の数カットとスマスマ最終回の歌唱シーンのみだったという。

各局SMAPの秘蔵映像が残っているにも関わらず、その利用は認められなかった。これにはSMAPをいち早く過去の存在にしようという戦略が見え隠れする。スマスマを急遽打ち切ることになったフジテレビ系だけは利用しても良い映像は他にもいくつかあったようだが、それも昨年末まで。

各局「Clip! Smap!」も「スマスマ最終回の歌唱シーン」も現在では利用が認められていないという。それが顕著にあらわれているのは「とくダネ!」(フジテレビ系)だ。

同番組は司会の小倉智昭アナがSMAPに関しては発言に規制があると明かしていた。

年明けの「とくダネ!」では解散後のSMAPの様子を報じたが、なんと似顔絵イラストを使って説明。しかも新聞記事などSMAPの写真が使われている場面では、写真部分にモザイクを入れるという徹底ぶりだった。

フジテレビで放送されたスマスマ最終回の「世界に一つだけの花」を歌い中居が涙ぐむシーンまでイラストになっていた。

イラストでしか放送できないこのような状況であれば、今後局側はSMAPとして取り扱うことは止めるだろう。同様に「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)でもSMAPのニュースはイラストになっていた。

SMAPという名前も今後、各局は出しにくくなるだろう。このままSMAPの文字・映像がテレビから消されていくのだろうか。

スマスマ最終回では何故タブーを一部解禁したのか

最終回でファンも驚いたのは、これまでタブーとされていた森且行の脱退、稲垣吾郎や草なぎ剛の逮捕に関する映像を放送したことだ。

脱退・逮捕の件については、ほとぼりが冷めた後はこれまで映像はもちろん、逮捕された事実でさえ各局が触れることは許されなかった。飯島氏がいた時までは…。

一方の昨年1月18日の公開謝罪は最終回では報じられなかった。さすがに「パワハラ」「ブラック企業」などと非難されるキッカケとなった同シーンについては、先にお蔵入りになったのだろう。

一方で写真が初めてWEBに公開

そのような状況の中、驚いたのはSMAPメンバーの写真画像がジャニーズWEBに公開されたことだ。

これまで写真をWEBに公開することはNGだったが、ここに来て公開した意図は何なのだろうか。

またリンク先にある画像はメンバー5人中3人が腕組みをしており、これが心理学上「拒否・防御」といったサインであることは広く知られており、ネガティブな印象を相手に与えることも多い。

また年が明けて公開されたメッセージも簡素なもので、ファンに想いが届くようなものではなかった。

ちょうどこのタイミングでSMAPファンクラブの返金が始まっているのだが、ファンの不満に対して「ちゃんとファンサービスをやってますよ」という言わばファンの不満の”ガス抜き”ではないだろうか。

SMAPの映像が持つ力

60秒のCMが大きく拡散

昨年末のスマスマ最終回で一度だけ流れた特別CM「SoftBank→SMAP」のCMリーチが関東一都六県だけで722万が接触したというデータを1月16日にビデオリサーチが発表した。テレビCMだけでなく、録画やWEB上で映像が拡散したことでリーチが広がったという。

同CMはSMAPの「オリジナルスマイル」の楽曲に乗せて、過去のソフトバンクのCMに出演したSMAPの映像を繋いだもの。60秒のCMの中では「これまであんなことやこんなこと、いろいろしていただきました。今まで本当にありがとう。」とメッセージが表示され、最後にお父さん犬の「さよならじゃないよな」というセリフは大きく感動を呼んだ。

SMAP映像集は史上初の快挙

昨年末に発売されたSMAPの映像集「Clip!Smap!コンプリートシングルス」が1月16日付のオリコン週間ランキングで2週連続のDVD・BD同時総合1位を獲得。なんと音楽映像作品が2週連続でDVD・BD同時総合1位を獲得するのは史上初となった。

プロモーションビデオを中心にライブ映像、秘蔵映像を含め、SMAPのシングル55作品を含め全63曲が網羅されており、発売されてから2週間の間で累積売上枚数はDVDが21.8万枚、BDが20.8万枚の合計42.6万枚を記録している。

SMAPの映像が持つチカラ。

多くの人が目にするテレビでは、その存在が封印されようとしている。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スマジョをフォローする

スポンサーリンク