スポンサーリンク

デーブが草なぎ剛のNHK「ブラタモリ」継続方針に対し「降板させたら2度と英会話番組を見ない」

この記事をシェアする

草なぎ剛がナレーションを務める紀行番組「ブラタモリ」について6月21日、NHKの木田幸紀放送総局長が定例会見でコメント。「(退所後も)このままナレーションをお願いする予定」と話したことにファンから安堵の声が聞こえる。

ただし「草なぎさんの個性を生かして番組を作ってきたので、(番組内容の)コンセプトを変えない限りお願いしたい」「事務所と契約しているわけではないので、現時点ではこれまで通りお願いしようかと思います」とも話している。あくまでも現時点の予定であり、継続が決定していないことに要注意だ。

その話を受けてデーブ・スペクターがツイート。その内容にファンから「ありがとう」の声が集まっている。

デーブといえば、先日「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)にコメンテーターとして出演し、SMAPは被害者だと生放送で熱弁。解散理由を「SMAP5人自身とは全く関係ない。事務所の中の人事の確執」と語っていた。

今回の草なぎ剛の起用継続方針を受けてデーブがツイートした内容は以下。

こういった声がテレビ番組に出演する人達からもっと出てきてほしいものだ。

(参考)デーブのSMAP関連の渾身ギャグまとめ

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スマジョをフォローする

スポンサーリンク