スポンサーリンク

SMAP解散を待っていた?工藤静香が公式インスタグラムを開始し、限定写真公開でフォロワーが急増中

この記事をシェアする

SMAP解散騒動ではメリー氏・ジュリー氏と共に、SMAPファンから批判にさらされていた工藤静香が公式インスタグラムを開始したようだ。

工藤はこれまでモバイルファンクラブサイト「はい。工藤静香です。」(有料)のメールマガジンなどでファンに近況を報告してきた。昨年8月6日にはメルマガで「言いたい事を言わず何が何でも我慢するしかない時を十年以上も続けています」と鬱憤がたまっていることを伺わせていたが、SMAPが解散した今、SNSが開始できるタイミングだと判断したのだろうか。

スポンサーリンク

2017年年始からの様子とインスタグラム

年が明けた数時間後に工藤は「今年も身体に気を付けて一生懸命進んで行きましょう」とメルマガでコメント。女性セブン(1月19日号)で年明けの木村家の様子を報じていたが、元日は木村拓哉と工藤静香、娘と義母と一緒にアパレルメーカー社長の自宅へ挨拶に。現地で本木雅弘一家とも合流し、賑やかな正月を過ごしたという。

工藤は2000年に木村拓哉と結婚し2人の娘をもうけており、今回のインスタグラムも娘が登録してくれたと1月7日にメルマガで語っている。ファンが写真を楽しめるように開始したが「問題があったら直ぐ辞めます!」といい、継続するかどうかは様子見のようだ。

現在の工藤のインスタグラムは全員が見ることができるようにはなっておらず、工藤のアカウントをフォローし、承認されると見ることができる限定公開だ。承認基準はわかっていないが、マスコミや野次馬的なユーザとみなされたアカウントは未承認となるものと思われる。

気をつけたいのは「工藤静香 インスタグラム」などで検索すると、それらしきアカウントが複数あるので、「工藤静香オフィシャルインスタグラム 。30周年ありがとう!ファンクラブ用」(kudo_shizuka)が正式なアカウントとなっている。

kudo-shizuka

画像は工藤静香 公式インスタグラムTOPページ

1月11日現在で投稿は18件でフォロワーは昨日から倍増しており、2400人を超えている。

そんな工藤静香のインスタグラムで初めて投稿されたのは1月7日の投稿で「去年のクリスマスケーキ!」とコメントし、同時にアップされたのがイチゴがたっぷりと乗ったクリスマスケーキだった。

以後、木村拓哉も一緒に食べているであろう手料理の様子や愛犬との散歩の様子、ファンから貰った球根を植える様子などプライベートな写真などがある。インスタグラムをフォローした後、承認されるかどうかそこまでは厳しくないようなので、気になる方はフォローしてみると良いだろう。

また画像の中には木村拓哉が主演し、15日からスタートするドラマ「A LIFE~愛しき人~」(TBS系)の番宣のために9日出演した「関口宏の東京フレンドパーク2017新春ドラマ大集合SP!!」(TBS系)に関連するものもある。その時間帯に、レタスをくわえた愛犬の写真と共に「珍しくテレビを見て興奮してる間にレタス泥棒」とアップしているものがあった。家でフレンドパークを見ていたものだと思われるが、15日のドラマの時間帯にはどのような画像がアップされるのだろうか。

「女性セブン」(1月1日号)では長女が自立を考え、知人が経営するセレクトショップでインターンしていたと報道されていたが、そんな子供のサポートや犬の世話、もちろん旦那のサポートもしているのだろうが、忙しい様子がインスタグラムからは垣間見れる。

昨年、一部報道で今年夫婦共演が解禁されるとも言われていた工藤静香だが、さっそく昨年とは違う動きを見せた。

昨年大晦日、SMAP最後の日となった12月31日に森且行を含めたメンバーの中に木村拓哉はいなかった。誘ったのか誘わなかったは不明だが、家庭がある木村を大晦日にメンバーは誘いづらかったかもしれなし、誘ったとしても家族を優先し、断ったという可能性もあるかもしれない。

どちらにしても工藤の存在は大きいものだろう。

工藤静香のディナーショーの様子

工藤は歌手としての活動をまだ継続しており、SMAP解散が迫る昨年12月にはディナーショーも開催。12月22日発売の「週刊文春」では12月13日の神戸で行われたディナーショーの潜入レポを掲載した。ディナーショーのチケットは3万8,000円だったというが、ファンが約400人集まっていたという。

また工藤が足の先から帽子まで全身黒ずくめの衣装を着ていたため、センテンススプリングはその様子を「記者にはSMAP追悼の喪服姿にしか見えなかった」と指摘。バックにいる5人も全員真っ黒だったというから、記者には異様に写ったのだろうか。

毎年行っているこのディナーショーでは客席を回っていたが、今回は警戒していたのか回ることはなかったという。とはいえ、トークでは木村を「主人」と呼んだりしていたようだ。

さらに記事では工藤が「MUGO・ん…色っぽい」に出てくる歌詞を持ち出し、「色んなことをみなさん考えているでしょうけど(笑)。“言いたいことならどれくらい…”ってとこなんですけど。ハレルヤにしたいなと思います」と語り、「主をほめたたえよ」などの意味を持つ「ハレルヤ」を強調したという。

この週刊文春の記事を見た工藤静香は22日にメルマガで「神戸で何にも言ってないのは、お客様が知っているからいいけど、捉え方や想像力にはビックリしましたね」と文春が悪意のある書き方をしただけだと遠回しに否定した。

また文春がファンの年齢層やスタイルについて「客の7割が茶髪、男はみんなEXILE風」などとヤンキーファンが多いというようなことを匂わせており、工藤はファンに「ごめんなさいね」と謝罪している。

さすがに文春もディスりすぎだとは思ったが、多くのSMAPファンはまだメリー・ジュリー・工藤にまだまだ怒りを覚えているため、どちらかというと文春側の支持の方が多そうだ。

工藤は12月24日のクリスマスイブに京王プラザホテル(東京・新宿)で行われたディナーショーで、「旦那が今度お医者さんになります」と新ドラマの宣伝。「来年(2017年)は30周年なので精力的に活動しますよ」と語っていたというので、その第1歩がインスタグラムの開始でファンとの距離を縮めようというものなのだろうか。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スマジョをフォローする

関連する記事

スポンサーリンク