スポンサーリンク

木村拓哉が今年初めてSMAPメドレーを熱唱。飯島元マネの最後の仕事を終え5月から長期休暇との情報も

この記事をシェアする

SMAPが解散してから木村拓哉の初めてのドラマとなった「A LIFE〜愛しき人〜」(TBS系)。昨年、一部ファンやメディアからバッシングされたこともあり、新しい船出が心配されていたが終わってみれば全話平均視聴率は14.5%。最終話では最高となる16.0%も記録し、1月クール放送のドラマの中で平均視聴率はダントツトップとなった。昨年大きな話題となった新垣結衣が主演する「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)と同じ視聴率なのだから、かなりの高視聴率と言えるだろう。

それでも嵐・松本潤が主演の「99.9 -刑事専門弁護士-」(TBS系)と比べて低いなどと一部バッシングされている状況はもはや叩きたいだけだろう。

もちろん「A LIFE」のスタッフは今回の高視聴率に大きな達成感を感じているようだ。そんな木村拓哉や出演陣、スタッフが100人近く集まり、3月19日に東京・新宿のパーティースペースで開いた打ち上げの様子を3月30日発売の女性セブンが報じている。

打ち上げで「最高のチームで最高の作品ができました」と語った木村だが、なんとSMAPの楽曲をメドレーで歌うというソロコンサートのようなシーンもあったという。

スポンサーリンク

木村拓哉が打ち上げで歌ったSMAPメドレー

一次会は10時半にお開き。一行はロケバスで近くのビルへ。二次会の会場は、黒の革張りソファで店内を統一した高級ダイニングバーだった。ここで、仕事終わりの木村文乃(29才)も合流。

「二次会も盛り上がって行きましょう!」という木村のかけ声で再び宴会が始まる中、夜も更けた0時、店内がざわついた。共演者やスタッフと飲んでいた木村が、ひとりでふらりと店奥のカラオケルームに入室。『夜空ノムコウ』を熱唱し始めたのだ。

「最初に音程を合わせていました。5人のパートをすべて木村さんが歌うわけですが、それがめちゃくちゃうまくて。みんなひと目見ようとカラオケルームに殺到して、大騒ぎになりました。松山さんや文乃さんも目を輝かせて聞き入っていたし、歌い終わると拍手喝采でした」(別のスタッフ)

会場の全員が酔いしれる一幕だったが、サプライズはここからだった。

「アンコールの声があがりましたが、さすがにそれはないだろうと思っていたんです。でも木村さんはマイクを離さず、次々にSMAPの代表曲を入れていきました。『SHAKE』、『セロリ』、『青いイナズマ』、『世界に一つだけの花』と歌い続けてくれて、さながらソロコンサートですよ。途中から松山さんも一緒に歌い始めて、大盛り上がり。なんだかもう感動しちゃって…。彼にとってSMAPは本当に大切な思い出なんだな、っていうことが伝わってきました」(前出・スタッフ)

当初、二次会はプロジェクターでNG集を流す予定だったというが、

「木村さんの“SMAPメドレー”があまりに盛り上がりすぎたため、中止になりました(笑い)」(前出・スタッフ)

宴もたけなわ、二次会は深夜3時まで続いた。松ケンがふらりと無警戒で退店したのとは対照的に、木村の退店時はスタッフが毛布で幕を作り、姿を晒さないよう配慮する鉄壁ぶり。だが迎車の助手席に乗った木村は、晴れやかな笑顔を見せていた。

引用女性セブン

今年に入って中居を除くSMAPのメンバーは自身のラジオなどでSMAPの楽曲をかけ続けているものの、多くのファンがSMAPロスに苦しんでいる。TwitterなどでもSMAP不足だとツイートする声も多いのだが、さながらソロコンサートだったこの日の様子にスタッフは感動したようだ。

ではファンはいつ歌声を聞けるのかというと、4月に放送される特番「さんタク」(フジテレビ系)では木村の歌唱シーンがあるかもしれない。3月17日に木村がパーソナリティを務めるラジオ番組「木村拓哉のWhat’s UP SMAP!」(TOKYO FM)では”「さんタク」で歌って欲しい”というリスナーからの要望に対して木村は「歌ねぇ。アイデアは提示されているんですけど、それがどういう形になるっていうかは…。ものすごい不透明ですね。歌うとなったら久々で照れくさい感じは非常にするんですけども、ちゃんと形になるかな。不安ですね」と否定しなかった。

多くのファンはSMAP5人揃っての歌を聞きたいと思っているが、まずはソロでの歌声は近いうちに聞く事ができるかもしれない。

木村拓哉の5月以降のスケジュールに長期休暇!?

4月29日に公開される木村拓哉が主演の映画「無限の住人」。それに向けて4月は番宣で様々な番組に出演する予定だ。

1月の「A LIFE」の番宣の時にあったように情報番組だけでなくバラエティ番組はもちろん、これまで出演することの無かった地方のローカル局へも生出演する予定だという。4月20日には音楽番組「SONGS」(NHK)にも初出演。ここでは残念ながら歌うことは無いようだが、映画の主題歌を担当したギタリストのMIYAVIと対談し、アメリカ公演の様子を木村がナレーションで伝えるという。

しかし、5月以降は長期休暇となるようだ。SMAPがデビューしてから25年目にして長期休暇は初。もちろん唯一レギュラーの「木村拓哉のWhat’s UP SMAP!」のお休みは無いようだが、10月に予定されていた「月9」の主演は来年1月クールにスライドしたと見られている。

「A LIFE」が成功したことで、テレビ局や映画会社から数々のオファーが届いているというが、少しの間じっくりと休み、色々と考えたいのだろうか。

「A LIFE」はSMAPの飯島元マネージャーがとってきた木村拓哉の最後の仕事だった。木村にとって今後の戦略を見直すには良いタイミングなのかもしれない。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

関連する記事

スポンサーリンク