フジテレビが公式発表・香取慎吾の「おじゃMAP!!」は10月も継続。データでは干されているのは木村拓哉という状況に

シェアする

フジテレビが本日9月5日に10月の番組改編説明会を開き、SMAP出演の2番組について宮道治朗編成部長が今後の編成状況を説明した。

スポンサーリンク

おじゃMAP!!は終了決定報道を一蹴。継続へ

まず香取慎吾がレギュラー出演する「おじゃMAP!!」については各メディアがテレビ局関係者の話から終了が決定したと先月8月に一斉に報じていた。

一時期、視聴率20%超えを果たした同番組も、最近は視聴率が低迷しており、打ち切りも仕方が無いのではと見られていた。さらには事務所側の情報筋と見られるが、香取慎吾の精神面不安説とあわせてもテレビ局関係者の話は信ぴょう性が高いと見られていた。

しかし宮道氏はおじゃMAP!!について「改編の予定はありません。水曜午後7時でしっかり放送させていただく」として、時間帯もそのままで放送は続く見通しとなった。

またSMAPが解散する来年1月以降については「今は10月改編のお話しなので、ここでお話しすることではないと思いますが、改編したりという予定は今のところございません」と語り、こちらも終了するかどうかはまだ未定となった。

スマスマについて

年内で終了が決定している「SMAP×SMAP」の後番組については、ジャニーズ事務所からKinKi Kidsが有力視される等、様々な報道が出ている。

これについて宮道氏は「現在、いろいろ調整検討中。この場でお話できることはありません。具体的に決まっている状況でもありません」と明言。また、最終回の日程も「決まっていません」とした。年内であることは決定しているが、どのタイミングになるかは現段階では正式に決まっていないことになる。

そして結果的に気になるデータがある。SMAPの解散騒動が水面下で動き出したのは昨年末からだとされているが、公になったのは今年の1月。

そこで2016年上半期のテレビ出演本数がどうなっているかのデータが次のとおりだ。

SMAPの2016年上半期テレビ番組露出調査

メンバー全員を除く、SMAP個人別テレビ番組露出数
(ニホンモニター調べ。対象は1~6月のレギュラー・ドラマ含む関東地区の地上波全出演番組)
※SMAPとしてはスマスマのみで21本。

中居正広 120本

(中居正広の金曜日のスマイルたちへ、ザ!世界仰天ニュース、中居正広のミになる図書館、ナカイの窓、Momm!! など)

香取慎吾 64本

SmaSTATION!!、おじゃMAP!!、日曜劇場「家族ノカタチ」など

草なぎ剛 49本

「ぷっ」すま、スペシャリスト など

稲垣吾郎 36本

ゴロウ・デラックス、不機嫌な果実 など

木村拓哉 1本

2016年1月1日に放送された特番『さんタク』(フジテレビ系)のみ

これだけを見ると数値上は明らかに木村拓哉がダントツで干されていることになるが、元々バラエティーへの出演は少なく、ドラマの出演が無いことが大きな理由だろう。

一時期のようにドラマに出れば高視聴率が取れるとも限らなくなってきていたところに、今回の騒動でのイメージダウンがあり、次に予定されているは2017年1月のTBSドラマ。医師役に挑戦すると見られているが、次のドラマの視聴率が今後の露出量に大きく影響してくるだろう。

2017年に公開される映画「無限の住人」の主演も決定しており、今年露出量が減っているのは偶然だったのだろうか。

🔻Twitterでジャニーズニュースを速報中

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事