スポンサーリンク

香取慎吾が40歳最初のラジオ番組で「華麗なる逆襲」を選択。これから始まるSMAPの華麗なる逆襲をファンへ伝える暗号か

この記事をシェアする

2月5日に放送された草なぎ剛と香取慎吾がパーソナリティを務めるラジオ番組「ShinTsuyo POWER SPLASH」(bayfm)で、1月31日に40歳を迎えたばかりの香取慎吾がファンにお礼のメッセージを送った。

2月4日にはSMAPの元マネージャーである飯島氏の芸能界のマネジメント自粛期間が終了したことで今後メンバーとの合流が噂される中、40歳最初のラジオ放送では”暗号”とも受け止められる楽曲が流された。

スポンサーリンク

香取の誕生日を祝うファンへお礼のメッセージ

この日の放送は冒頭で香取が「1月31日にお誕生日を迎えまして、40歳になりまして、たくさんの人にお祝いをして頂きまして、皆さんの想い、しっかりと届いています」と誕生日を祝ってくれたファンへのお礼メッセージを送った。

先週1月29日に放送された同番組では香取慎吾の生誕祭を放送したが、その時はまだ39歳。

草なぎは40歳になった香取に「どうですか?変わる?」と心境を尋ねると香取は「いや〜、嬉しいですよ。『お誕生日おめでとう』の声を頂きまして、ほんとに幸せな40歳を迎えれました。」とファンへの感謝を語った。

そして番組には誕生日を祝うハガキがたくさん届いたようで、草なぎは「すごいじゃん、そのハガキみたいなの。オレの時そんなに来ないのにおかしいね。どういうこと?これファンの差があるんですかね?」と自虐的に笑った。

香取は「そりゃ差がある…」と受け流しつつも、「日本中、世界中で僕の誕生日会をしてくれた皆さん、僕の気持ち、想いは皆さんの誕生日会に出席しましたからね。」と改めてファンへ感謝のコメントを送る。

これに草なぎは「アイドルっぽい」と突っ込むと、香取は「アイドルっぽいじゃないよ!素直な気持ちだよ!ありがとうの!アイドルバカにすんなよ!」と反論。草なぎはそれでも「アイドルっぽいねー」と再度突っ込んでいたのだが、40歳最初の放送は2人の仲の良いやり取りで始まった。

40歳最初の放送を「華麗なる逆襲」で締める

番組最後のフリートークのコーナーでは、現在草なぎ剛が主演する「嘘の戦争」の裏話を明かしている。

リスナーからの「嘘の戦争最高です!」というハガキに触れた香取は「面白いですよ」と草なぎ主演の番組の感想を述べた。

「見てくれてるんですか!?」と喜ぶ草なぎに香取は「毎日見てますよ。(渡部)篤郎さんの…」と話しだすと遮るように草なぎは「それ『銭の戦争』じゃない!」と現在再放送中の「銭の戦争」を香取が見ていたようだ。

「字も似てるからわかんないんだよ」と語る草なぎはここでドラマの裏話を明かした。

「最初、本当は台本もらったときに(ドラマのタイトルが)『虚言の王』ってなってて、嘘の戦争ではなくて。始まる直前に『嘘の戦争』にしようってなって。その後、よく考えたら『虚言の王』のほうが良かったのかなってちょっと思ってた。今思うと、銭なのか、嘘なのかどっちなのかわかんないっていうのが面白くなってきた。でも本当は『虚言の王』だったんだね」と”戦争シリーズ”と呼ばれている今回のドラマは実は当初”戦争”がタイトルにつかない予定だったという。

この話を香取は知っていたようで「僕もそれ(嘘の戦争の)プロデューサーから会った時に聞いて、でも嘘の戦争で良かったと思うよ。」とフォロー。

草なぎは番組名が最終的に『嘘の戦争』に決まった理由を「虚言の王だと俺だけが嘘つきみたいな感じになっちゃう。でも俺だけじゃないやつがいっぱい嘘つくわけよ。だから”戦争”にしたほうがいいって、プロデューサーさんの言い訳っていうか…」と話しつつも、プロデューサーが普段この番組を聞いているようでこれ以上言えないとのことで裏話はここまでとなった。

そんな話を終え、最後の楽曲を選ぶ際に草なぎは40歳を迎えた香取に選択を任せた。以下が最後の曲を選ぶ際の2人のやり取りだ。

草なぎ「何にしましょうか?」

香取「じゃあ銭の…久々に」

草なぎ「じゃあ…華麗なる逆襲?」

香取「うん」

香取「SMAPで」

草なぎ・香取「華麗なる逆襲」

香取慎吾からたびたび送られる暗号

香取がたびたびファンへ暗号を送っているのはご存知だろうか?

それは勝手にそう解釈しているわけではなく、香取が意識的に送っていることを過去に何度か明かしている。例えば2015年7月31日放送の稲垣吾郎がMCの「ゴロウ・デラックス」(TBS系)に出演した香取は、自身のブログで様々な暗号を発信していることを明かしていた。

例えば以下のブログの内容。

angou

左端の最初の文字を縦に読むと「昨日家から私服が消えた」となり、このブログの前日に香取自身の私服コレクションを集めたファッションブック「服バカ至福本」の撮影で、家から服をトラックで全て運んだことを伝えたかったようだ。

同番組では右揃えや3文字目など様々なパターンで縦読みでの暗号を発信したことがあると明かしていた。

ちなみにその放送当日のブログには

午後から収録やってます
6チャンネルだよTBS
出ますよ遂に嬉しいな
来月いや今月末オンエア

と書いてあり、左端を縦読みすると「ゴロデラ(午6出来)=ゴロウ・デラックス」が浮かび上がってくる。

そして昨年のSMAP解散報道時には、不仲説が噂された木村拓哉とお揃いのバングルでテレビ出演をしたり、「世界に一つだけの花」のトリプルミリオン達成時には生放送である「SmaSTATION!!」(テレビ朝日系)に花と王冠がデザインされた衣装で登場。ファンは「5本の花に王冠3つ。SMAP5人でファンとトリプルミリオン達成を祝うためだ」と暗号をすぐに読み取っていた。

昨年、事務所関係者の情報発信と思われる週刊誌やスポーツ紙の報道で「精神的に弱っている」「芸能界を引退する」「コンサートをしなかったのは香取のせい」「解散は香取のせい」など最も攻撃を受けたのが香取慎吾だった。

自身が40歳を迎え、これまで長年仕事を一緒にしてきた飯島元マネージャーの芸能界自粛期間も終了し、反撃の準備はできた。

40歳を迎えた最初のラジオ番組で流した最後の楽曲の意味は、これから始まるSMAPの「華麗なる逆襲」をファンへ伝える暗号だったに違いない。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スマジョをフォローする

スポンサーリンク