スポンサーリンク

亀梨和也が木村拓哉との仲の良さをTOKIOに語る。そしてSMAPファンとKAT-TUNファンが東京湾で合流!?

この記事をシェアする

3月8日に放送された「TOKIOカケル」(フジテレビ系)にKAT-TUNの亀梨和也が出演。そこで木村拓哉との関係を語る一幕があった。

木村拓哉と亀梨和也といえば、昨年SMAP解散騒動で揺れる中、週刊誌「週刊女性」が2017年に2人でユニットを組んで期間限定で中国でコンサートツアーをやる計画があると報じた。具体的にはこれからとされていたが、国内の話ではないという。

信憑性の低い情報かと思われたが、今年になって亀梨は山下智久との期間限定ユニット「亀と山P」の結成を発表しており、今後木村とのユニットの可能性がゼロというわけでもないかもしれない。

そんな中、亀梨が語った木村との関係性とは

スポンサーリンク

TOKIOカケルで語った亀梨和也の木村拓哉とのエピソード

番組では亀梨に関連するジャニーズ年表を整理。ジャニーズ事務所に入所した1998年の12歳の頃から2006年のデビューまでの間を振り返った。

その後、TOKIOの国分太一が亀梨に「先輩で言うと誰と仲が良いの?」と訪ねると亀梨は「木村さん…木村くんとかは若い時から海に連れて行ってもらったり、山に連れて行ってもらったり」と木村の名前が上がった。

昨年から一部メディアで同じ野球が趣味ということもあり、亀梨は中居正広に近く、木村拓哉と距離を置いており、中居が独立したときには真っ先についていくのではと報じられていた。

今年の2月にも複数のメディアが報じており、その”ウワサ”を事実上否定した形となったようだ。これも報じられ続けた亀梨の移籍説を否定するための筋書きだったのかもしれない。

国分が「それどっちが…木村先輩のほうが誘ってくるの?それとも連れて行ってくださいって言うの?」と訪ねると亀梨は「誘って頂きますね。『明日何やってんの?』とか」とリードするのは木村のほうだと明かした上で、2人が仲が良くなったキッカケを語った。

TOKIOのメンバーが「素人じゃなくてもビビる」「オレでもちょっと焦るよ」と驚く中、キッカケについて「道を歩いてたら車を横付けされて、『亀!』って言われて。はっ?誰だ?って思って。サングラスかけてて最初。ずっと見てたら、パって(サングラス)外して『木村!』あっ!どうもっおはようございますって」と街中での偶然の出会いが関係を深めるキッカケとなったようだ。

亀梨はその後「ちゃんと会話するのこれが初めてで『何やってんの?』(って言われて)、これから買い物行こうと思ってと言うと『うそ、乗れよ』って助手席に乗って、自宅に連れていってもらって、コーヒー頂いて」と木村の自宅に行ったことを明かすと「ちょっと待って、もういきなり自宅なの!?」「ナンパされていきなり自宅なの?」とTOKIOのメンバーも驚く。

その後、コーヒーを飲み終えて2人で買い物にいった時に木村は「これこないだオレ買ったけど、お揃いになるけどいる?」と亀梨にお揃いの服をおすすめ。もちろん亀梨は「お願いします!」と買ってもらったことを明かした。

このエピソードに国分も「これはレアだわ」と驚く。

それからも休みの日が合うと出かけることがあるようで「それで番号を交換させて頂いて。それから僕がオフの日に限って朝から『何やってんの?』って。今日休みです(って言うと)、『海行くぞ』、はい」とやり取りを明かした亀梨。

山口達也はこのエピソードに木村が亀梨の予定を事前に調べてると感じたようで「調べてる」と言うと亀梨は「調べてないと思いますけど」と苦笑。

これに国分も「それぐらい計算あるよ。先輩なんだから」と木村が亀梨に気づかって事前にスケジュールを事務所に確認していると推測していた。

ちなみに亀梨が一番仲が良いのは、ここ数年は正月を一緒に共にしていることを明かしている山下智久だと思われるが、先輩では木村拓哉が一番仲が良いということなのだろうか。

木村のソロデビューのウワサも囁かれる中、亀梨との期間限定ユニットが本当に誕生すれば大きな話題になることは間違いない。

とはいえ、SMAPファンとしてはSMAPの再結成が重要だし、KAT-TUNファンはKAT-TUNの充電期間終了・再始動を望んでいる。それだけに2人の期間限定ユニットは賛否両論の声が出てきそうなこともあり、実現の可能性は低いのではないだろうか。

そしてSMAPとKAT-TUNというそれぞれのグループを想うファンの気持ちが、2月に東京湾で合流させたと発売中の週刊女性が報じている。

SMAPとKAT-TUN、ファン同士が東京湾で合流!?

週刊女性2017年3月21日号ではSMAPファンとKAT-TUNファンが偶然にも2月25日に東京湾で遭遇したことを報じている。

以下、引用

「2月25日に、SMAPファンの有志が、彼らを応援し続ける“スマ活”の一環として屋形船を貸し切ってパーティーを開いたんです。

東京湾を周遊するクルーズだったのですが、その途中のお台場で、同じ日に同じく船を貸し切って行われていたKAT-TUNファンによる、デビュー11周年と亀梨和也クンの誕生日を祝うパーティーの船とバッタリ遭遇したんです」(SMAPファンの女性)

解散と活動休止─。ジャニーズの数あるグループのなかでも、特にお互いがその気持ちをわかりあえるであろう2つのグループのファンたちは、この出会いに歓喜。

「横を通りすぎる1隻の船に“あれ、KAT-TUNのじゃない!?”という声が上がりました。窓から見えたうちわで気づいたそうですね。お互いの船から“頑張ってね〜”“頑張ろうね〜”とエール交換をする声が聞こえてきました。ファン同士、お互いに心が通じ合うんでしょうね」

そう話してくれたのは、SMAPファンが貸し切った屋形船を運航する『晴海屋』の女将・安田恵津子さん。実はこの屋形船は、SMAPが’15年にリリースした両A面シングル『華麗なる逆襲/ユーモアしちゃうよ』のPVで使用された船。

「船もいろいろな種類があったのですが、PVの撮影で使われた船と同じもので、とおっしゃるので、それに乗っていただき、同じルートで運航しました。

引用:週刊女性

グループの再開を願う2つのグループのファンの気持ちが通じたのだろうか。

それにしても華麗なる逆襲のPVの船を貸し切ったSMAPファンたち。SMAPを想う気持ちはまだまだ健在だ。

そしてそれはSMAPのメンバーもしかり。現在、中居正広がWBCの侍ジャパン公認サポートキャプテンを努めており試合中の番組に登場しているが、裏番組で草なぎ剛が主演のドラマ「嘘の戦争」(フジテレビ系)や香取慎吾がメインMCを務める「おじゃMAP!! 」(フジテレビ系)が放送されると、必ずその間、中居は姿を見せないようにしている。

いわゆる”裏かぶり”を考えてのことだろうが、同じジャニーズ事務所というだけでは気にしなくて良いことだ。それでも中居が裏かぶりを気にしているということは、まだ”SMAP”というグループは健在だということでもあるだろう。

亀梨がTOKIO・山口達也に激怒された事件

話は「TOKIOカケル」に戻るが、その中で1999年のジャニーズ野球大会で亀梨が激怒された事件が紹介された。

松岡昌宏が「うちの山口さんって勝負事半端ない。ファンの子たちがきゃーって言ってる中、バッターボックスで『このやろう!』って。どうした?って聞いたら『変化球投げやがった』って。」と語ると、亀梨は「怒鳴られました」と苦笑。

山口は「こんなうまいピッチャー初めてだった」と亀梨の腕前を絶賛すると、亀梨は実はジャニー喜多川社長から「ノーヒットノーランやってきてよ」と言われたようで、前半ストレートだけ投げていたら「You、手抜いているよ。勝負なんだから関係ないよ」と指摘されたという。

そのため「マジで投げました」と明かしたが、「次の回から変化球とか投げたら、先輩がバーンってキレて。やべーと思った」と当時はジャニー社長と先輩の板挟みで大変だったようだ。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

関連する記事

スポンサーリンク