スポンサーリンク

SMAPの聖地・大阪「かく庄」にSMAP愛を感じるディスプレイが登場。近くに寄った時にはぜひ!

この記事をシェアする

SMAPとファンの聖地で大阪・福島区にあるお好み焼き店「かく庄」にSMAP愛を感じるディスプレイが登場し、絶賛の声が上がっている。これまでも一部グッズが並んでいたが、リニューアルされたようだ。

かく庄はSMAPの5人が2013年に「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)の企画「はじめてのSMAP5人旅」で訪れた場所。結成25周年を迎えた当時のメンバー5人が2013年3月7日に訪れていた。

この企画のルールは3つあり「5人で行動すること」「行き先も宿泊先も自由」「それぞれの場所で撮影許可を自ら取る」というもの。事前に嘘のスケジュールを聞かされていた5人は、急遽企画を知らされ大阪の伊丹空港近くのレンタカー店で合流。

その後、すぐに「大阪に来たんだからお好み焼き店に行こう」と訪れたのがこの場所だ。

店主は昨年、女性セブンのインタビューで当時の事を語っており、5人が来た時の感想について「その日は、まさかSMAPが来るなんて思ってもみなかったから、そりゃもうびっくり。来ると知ってたら、ほかの客を帰してたよ。でも会ってみて、彼らの印象が変わったね。それまでは普通のアイドルかなと思ってたけど、残さず食べるし、丁寧に挨拶するし。“ごっそさん”って、スーッと出ていく感じじゃなくて、ちゃーんと頭下げていってた。そういう人たちだから、みんなが彼らを応援したくなるのは当然だと思うよ」とコメントしていた。

一部では「突撃訪問はヤラセでさすがに事前に知らされていたのでは?」という声も上がっていたが、当日急遽訪れたことが嘘ではないことを証言していた。

この店では昨年末、5☆SMILEが実施したSMAP存続を願う37万人筆が集まった署名用紙も店内に設置したりするなど、この時以降SMAPファンも多く訪れる聖地となっている。

この場所はJR大阪駅から一駅でJR環状線福島駅を降りて、高架下を歩いてすぐ右にあるため、行けばすぐ分かる場所ではあるが、SMAPファンが押し寄せることも多く、メニューは売り切れになることもあるようだ。

運が良ければSMAPの座った席を案内してくれることもあるようだが、旅行で行くとなれば並ぶこと・売り切れる可能性があることは覚悟しなければならないだろう。

店内にはファンが置いたとみられるSMAPグッズも数多く見られるが、中でも最近店の前にあるディスプレイがリニューアルされており、そのSMAP愛を感じる様子にファンから絶賛の声が上がっているようだ。

スポンサーリンク

SMAP5人で訪れた思い出の場所

「かく庄」のSMAP愛を感じるディスプレイが話題に

SMAPメニューも大人気

5人のメンバーが食べた料理をそのまま頼むのをSMAPメニューと言い、全品頼んだ場合、メンバーに出したのと同じ順番で出てくるという。

・軟骨の塩焼き
・とんぺい焼き
・焼きそば
・あっさりネギ焼き
・モダン焼き
・生姜焼き(中居くん絶賛)

ファンが大勢訪れることから売り切れになる場合も

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スマジョをフォローする

🔻フォロワー4千人突破🔻

スポンサーリンク