スポンサーリンク

SMAP再結成を要求し過激な発言をするジャニーズ探偵局とは一体!?北公次が暴露する動画を公開もファンは今のところ冷静

この記事をシェアする

「ジャニーズ探偵局」という謎の団体が2月21日のTwitterトレンドに急に現れ話題となっている。

トレンド入りしたのは東スポがSMAP再結成を願う団体として取り上げたからだが、どうも不可解な点が多い。

しかし、一体何の目的で起ち上げられた団体なのだろうか。その内容を見てみよう。

スポンサーリンク

ジャニーズ探偵局とは何者?

この団体のTwitterアカウントの最初のつぶやきは2月9日。そして調査すると公式HPのドメイン取得日が2月1日になっているので、少なくともまだネット上に現れてから1ヶ月も経っていないことがわかる。

公式HPには設立の目的について「本局の目的はSMAPの再結成にあります。かつてジャニー喜多川社長は『命にかけてもSMAPを解散させない』と公言しました。その約束を守りSMAPを再結成させて自らの責任を全うすることを求めます。同時に飯島マネージャーへの横暴な言動によりSMAP解散に至らしめたメリー副社長もその非を認め、ファンに対して公式の場で経緯の説明と謝罪することを求めます。」として批判。

さらに「情報大募集」としてジャニーズに属した新旧のタレントやファン、関係者からのジャニーズ事務所に関する情報を募集しており、有力な情報には上限100万円の謝礼を用意するとしている。そして気になるのは公式HP上では暴露DVDの予約受付を開始しているというものだ。

一連の流れはこのDVDを販売するための告知目的のようにも思えるが、その煽り動画のようなものが公開されている。

2月20日に公開された「衝撃告白!SMAP そして嵐へ」と題された動画で、内容は以下のとおりだ。

ジャニーズ探偵局が公開した動画

動画には元フォーリーブスの北公次(本名:松下公次)が出演しているが、2012年にすでに亡くなっている。ということは今回の動画公開は決して本人の許諾が取れるものでもないのだ。

しかも命日が2月22日であり、タイミングは偶然なのだろうか。

動画では北公次が「ボクから言わせると男版の「大奥」だね。ジャニー、メリー お前たち、どんだけひどい目にあわせてるか分かるか?」と過激な論調から始まり、「俺はホモが悪いとかそんな事言ってねぇよ、絶対に。それはしょうがないよ。だが騙すのは良くねぇって言うんだよ。子供だけじゃなくて、親までも騙してさ」と主張。

動画の字幕には「SMAP そして 嵐へ・・・」と表示されるが、動画に映っているのは北公次のかなり若い時の映像であり、時期的にも北公次のメッセージは決してSMAPや嵐へ向けられたものではないだろう。

赤裸々に語られる少年時代の性体験として「僕も15の時でした。10代ですよ、10代の頭。そういう男の子もやられてんの知ってるんだ、俺は。芸能界だって皆知ってるんだよ!」と語り、「アンタ達わかってんのか?ファンの子が一番苦しむんだぜ?!アンタ達はそれを一番利用してんだよ!」として締めくくり、次回の動画は3月3日公開という予告で終わっている。

なぜ東スポはこの団体を取り上げたのか

不可解な点としてできたばかりの活動であるにも関わらず、2月20日の東スポで取り上げられたことだ。まだ世間的にはまったく広まっておらず、この取り組みに何かしら東スポが関連しているのかと疑ってしまうほど早いタイミングだ。

東スポに設立目的について団体の事務局長とするA氏は以下のように答えている。

以下、引用

A氏は「私が入手した情報では、テレビ局のI氏派は一掃され、今後キムタク(木村拓哉)以外のSMAPメンバーは干されていく。妖怪メリーのエゴから“育ての母”であるI氏が飛ばされ、姑息なやり口で空中分解に追い込まれた。SMAPに青春をささげ、金をつぎ込んできたファンは突然、はしごを外されてどうする? 責任を取る、再結成させるのが筋だろう」と憤る。

こうした思いになったのは“過ちの歴史”が再び繰り返されてしまったからだという。

今から28年前、元「フォーリーブス」の故北公次さん(享年63)が半生記「光GENJIへ」を出版した。ジャニー氏との4年半にわたる一方的な“愛欲生活”を暴露した。これと前後して、人気絶頂だった光GENJIは急降下。入れ替わるように当時、一事務員だったI氏がSMAPを引き取り、栄光への第一歩を踏み出した。

この騒動にはあるきっかけがあった。同年に発売された成人向けビデオ「ありがとう トシちゃん」(クリスタル映像)で、セクシー女優がジャニーズの人気アイドル・田原俊彦(55)と関係したことを告白。これにジャニーズ事務所が大激怒したのだ。

その後、ビデオ制作側とジャニーズとの間で話し合いが持たれた。制作側はAV嬢を伴い、メリー氏、藤島ジュリー景子・現副社長の母子は田原を引き連れて登場したが、母子は女優をヒステリックにののしり、話し合いは決裂。その後に制作側関係者が放った矢が、前出の北さんの暴露半生記だったのだ。

こうした歴史を知るA氏だけに「メリーはこの世界の女王様。自分の権力を見せつけるためには、配下のタレントや社員が傷つこうが関係ない。同じことを繰り返し、多くの人を悲しい目に遭わせている。もうすぐあの世に行く前に、この世で制裁しないと正義の名が廃る」とまくしたてた。

社長のジャニー氏も同罪だという。A氏は「北さんは壮絶なセクハラを強いられ、その悪夢から覚醒剤に走った。いたいけな少年たちの夢のしずくを一滴残らず吸い尽くし、成長して毛が生えたらポイ捨てする。虐待トラブルのたびに姉のメリーが『うちの弟は病気なので許してください』と方々へ謝罪して回ったが、どちらも人でなしの似た者きょうだいだ」と告発した。

引用:東スポ

まずそもそも論だがSMAPファンの多くはメリー氏を批判している声は大きいが、ジャニー社長への批判はそれほど大きくない。

さらに昨年実施された373,515筆集まったSMAPファンのグループである5☆SMILEの署名活動についても、街頭活動などで不要なトラブルを避けるためにも街頭署名を禁止していたくらいだ。多くのSMAPファンは毎週月曜日のスマスマの放送時間帯に募金活動をSNSで呼びかけたりはするものの、こういった過激な活動をしないのではないか。

逆にこの活動が広がれば広がるほど、ジャニーズの他グループファンをはじめとして多くの人からSMAPファンがネガティブに見られてしまう元凶になりかねないだろう。

今のところ公開された映像は昔のもので、SMAPや嵐は全く関係無いにも関わらず両グループの名前が出てきている。やはりSMAPファンというのはDVDの販売枚数を増やすための大義名分で営利目的なのだろうか。

この内容にどちらかというとSMAPファンは冷静に反応しているようだ。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

関連する記事

スポンサーリンク