「ジャニーズMC選抜総選挙2016」の1位~3位に輝いた中居正広・堂本光一・亀梨和也のMCの魅力

シェアする

当サイト「スマートジャニーズ」で「ジャニーズMC選抜総選挙2016」を8月23日から28日まで実施致しました。1人1票の中、投票総数は4683票も頂きまして、大変ありがとうございました。

スマートジャニーズの選挙の中で、常に上位に選ばれている3人ですが、今回はMCとしてトップスリー選ばれました。

TOP3の順位

1位 中居正広 2467票
2位 堂本光一 886票
3位 亀梨和也 562票

スポンサーリンク

1位 中居正広 2467票

当サイト「スマートジャニーズ」の数々の選挙でも抜群の人気を誇る中居正広は今年8月18日に44歳となって、なお一層、人間的な円熟味が増してきた。苦労を乗り越えるごとにMCとしての力に益々深みと温かさが増して磨きが掛かってきた。中居正広の話す言葉から湧いて出てくるような不思議な魅力はどこにあるのかーー。

野球少年で野球に没頭していた中居正広が、ケガにより野球を諦めて14歳の時にジャニーズに入所。1988年4月SMAPのメンバーとなってから、歌や踊りで活躍できるように日々努力した。次に利発な中居正広の頭に浮かんだのは、自分がジャニーズのタレントして光り活躍できるジャンルは何かと考え「誰もやっていないこと」ことを目指した。飯島元マネージャーが開拓するSMAPの活躍の道をともに進んだ。

ジャニーズの先輩たちの道を踏襲するのではなく、新たなジャンルを開拓するという目標が、若き中居正広の心に芽生えたのだ。「SMAPの中で一番おしゃべりができるようになる、ジャニーズの中で一番おしゃべりができるようになる、芸能界でジャニーズなのにおしゃべりが一番できるようになる」という目標が視野に入ってきた。

そして1993年4月に始まった「キスした? SMAP」にMCとして実現したのは22年前のこと。その後、ラジオ「オールナイトニッポン」のパーソナリティーとなり、また1993年からは深夜バラエティ「中居くん温泉」では初冠番組のメインMCを担当した。目標はステップアップして多くの番組でMC力を磨くチャンスを活かしていく。

目的意識を持った中居正広は、1994年に運命の名司会者「タモリ」を引き寄せて出会った。「笑っていいとも」に番組入りして20年間、タモリの側で司会とは何たるかの真髄を学ぶ絶好のチャンスを得た。それはMCとして力の張った進行というよりは、先ずは出演者のために心地よい環境を整えるおもてなしの心から始まる。

周りの空気に寄り添いながら、自由自在に自らの表現を変えていく力は、自分の気持ちを優先させたいという個人の欲求を押さえて、次元の高いレベルでの人として愛のこもった接点を生み出す。

そして見ている人の気持ちを代弁して高揚させる視点をも同時に織りなしていく名人技。そんな中居正広のMCなら楽しくて安心して任せていける信頼感が出演者にある。MCをする為に常にあらゆる情報を仕入れ記憶した。どんな相手をも思いやる心と細かい気づかいの出来る人である。

出演者と視聴者の両方の視点に立って、両方が同時に楽しめる空気を創り上げる仲介者としてのMCぶりは、明朗快活なトーク力と頭の回転の良さと、人の好き嫌いを越えた包容力と鮮やかな判断力のもと、人間的な愛と調和のある誘導で、みんながひとつに溶け合う喜びの場と調和の美の世界を作りだしていく。そんな天才的な醍醐味がある中居正広は、ジャニーズのタレントとしての位置付けを越えた、MCという仕事を通して中居正広の持ち味を引き出して表現している。

年末のSMAP解散でも、例え来年9月のジャニーズ退社があろうとも、ファンや視聴者が受ける感動は止まず、どこにいても中居正広を愛し求め続けるだろう。

2位 堂本光一 886票

KinKi Kids ジャニーズ 公式 生写真 堂本光一

堂本光一の静かな面持ちに秘める、燃えるような熱い情熱は、頭脳の中に眠る獅子を呼び覚ます原点となる。いつもクリエイティブな視点で分析し、そして創造していく。己に厳しく人生の瞬間を無駄にせず真面目に生きて行く姿勢が、「Endless SHOCK」の中に余すところなく表現されている。

そんなストイックな一面のある堂本光一も、相方の堂本剛の直感的な感性と閃きに触れると、光一はいつも嬉しそうな笑顔をみせてゆるく優しくなる。KinKi Kidsの2人は離れていてもいつも一緒。どんな言葉が2人を裂こうとしても、2人の心の内でブレンドされて、まろやかに溶け合っているから強い。

KinKi Kidsとして同じ立場で経験を積み重ね、喜びと苦しみを分かち合った2人。デビューしてから20周年を共に迎える感謝と感動がある。そんなKinKi Kidsに素敵な20周年イヤー特設オフィシャルサイトが出来た。また9/29~30日本武道館からスタートして、11/1~2のマリンメッセ福岡まで7都市14公演のライブツアーが決定された。

「王子の中の王子」の堂本光一のMCには、ファンに対してドSな言葉が炸裂する。毒舌でファンのことをいじり倒していても、それを嬉々として受け止めるファンと、剛がツッコミを入れて笑いをとる絶妙な味は、KinKi Kidsとファンとの間でしか生まれない信頼関係で成り立ち、ライブでの笑いと楽しい場を一層盛り上げている。

実は堂本光一の毒舌トークの中に、理解してくれるファンへの愛と感謝と涙の結晶がたっぷり詰まっている。甘い言葉でなくても見に来てくれるファンを信じているのだ。KinKi Kidsのファンは老若男女と幅広くて、KinKi Kidsの2人を長い間愛している。光一のドSな愛のシャワーをたっぷり受けて心を通わしている。

3位 亀梨和也 562票

KAT-TUN・【公式写真】・亀梨和也・✩ ジャニーズ公式 生写真【スリーブ付 k100

爽やかな語り口、快適でなめらかなトークで楽しませてくれる亀梨和也のMCは、スターのオーラで満ち満ちてキラキラ輝く笑顔が決め手。少年の頃から野球が大好きで鍛え上げたスキルとともにスポーツ界の情報力が半端でない。

亀梨和也がキャスターを務める「Going! Sports&News」では五輪現地リポーターとして開会式を取材するために現地に飛んだ。リオの輝く太陽とマッチした亀梨和也。弾むような声が心地よく、笑顔いっぱいで開会式の様子を伝えてくれていた。

ブラジルの女性は、白くてかわいい男性が大好きだそうで、イケメンの亀梨和也の魅力はブラジル女性の憧れの存在として大変モテている。また「亀梨和也のスポーツ全力応援 好キニナル」のMCでは、「スポーツにゆかりのないゲストや視聴者にスポーツ好きになるポイントを紹介し、スポーツ好きにする」をテーマに様々なスポーツ(日本プロ野球…等)への取材やVTR企画を行う番組でも人気で活躍中。

ファンが待ち望んでいる「KAT-TUN」のメンバーとしての活動は充電中で、今はソロ活動に力を入れているが、大好きな野球番組以外にも、様々な競技のMCとしても亀梨和也が注目されるように日々情報収集や分析など努力して、信頼を積み重ねて活躍していけるように期待している。

そんな亀梨和也のオフの日は自分チャージをするという。先ずは銀座の一流店のお寿司屋で最高の旨いものを食べる。ガーッと働いた時、最高な場所でご飯を食べるのは、自分の中で贅沢をしてまた頑張ろうというエネルギーになる。

値段も気にせずに贅沢をすることで自分にプレッシャーをかけると同時に、頑張って働こうという自分のモチベーションになる。豪華な食事の後はパレスホテル東京へ。東京に住んでいながら東京のホテルに泊まり、1人で優雅な夜を過ごす。多忙な日々にあえて非日常な日を作ることで心機一転。

そして何よりもオフの日は家族で過ごすことも多いそうで、亀梨和也のパワー充電の源となっている。そんな亀梨和也の高いモチベーション保持力が、フレッシュなパワーと精力的な躍動を生み出し魅力を失わないための秘訣となってるようだ。

2020年東京オリンピックに向けて今回のリオを生で観戦した経験を活かし、更にステップアップした姿とMC力で楽しませてくれそうだ。

🔻Twitterでジャニーズニュースを速報中

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事