ジャニーズ事務所内に広がるSMAPの大晦日「解散しません」宣言案。嵐の売上減少で戦略に変化も

シェアする

SMAPの解散発表が大きな波紋を広げる中、日本最大の芸能事務所と言われるジャニーズ事務所への影響も深刻なレベルに達している。

ジャニーズ事務所の売上はグループ全体で年間約1,000億円程度。その内、約200億円をSMAPが占めていたと推計される。現在の売上トップは嵐だが、最新作のアルバムは前作から初週の売上を10万枚近く落としてしまい、人気の頭打ちも囁かれている。

嵐の売上低下については大野智・二宮和也の熱愛騒動や松本潤が井上真央と結婚が近いと言われており、ライト層のファンが減少したことが1つの要因とも。さらにSMAPの解散騒動で事務所に嫌悪感を抱いたファンも多く、その影響が他のグループにも波及してきたとも言われている。

SMAPの解散はメンバーが解散について言及する機会が無く、ラジオなどでのコメントも台本通りだとして、ジャニーズ事務所の対応に批判的な声が多い。そんな怒りからジャニーズ事務所のタレントはもう応援しないという声も多く、業績への影響は必死の状況だ。

そんな中、ジャニーズ事務所内でもついに解散撤回の動きが見られるようになったという。

スポンサーリンク

解散撤回の声は事務所内でも

以下、引用

「SMAPの解散を撤回したらどうか……という案が事務所内で出てきているんです。解散騒動によってSMAPの大きさをあらためて認識させられ、売上においてもSMAP抜きでは今後厳しくなることが確実となってきた。

そのために一部の幹部から大晦日に『解散しません』と宣言する撤回案が噴出し、メディア関係者に漏れ伝わってきている。しかし、あまりにも『時すでに遅し』という印象。これだけ大々的に解散を発表して撤回できるわけがない。それでも撤回案が出るほど、ジャニーズ内部が混乱しているのでしょう」(週刊誌記者)

ジャニーズ事務所は「SMAPがなくても嵐がいる」と安心していたのだろうが、SMAP解散で急転直下、大混乱に陥るほどの正念場に立たされているようだ。

引用:デイリーニュースオンライン

一部ではSMAPの解散発表は事務所の”売上対策”で狙い通りという報道も出回っているが、今回の報道によるジャニーズ幹部の打撃は深刻で、事務所の狙い通りという説は信憑性が低いだろう。

しかし事務所の売上への影響が深刻で、SMAPファンの怒りが他のグループへも影響を及ぼすと見られるようになった現状を見れば、事務所もSMAPの解散を回避するべく、調整に動くという可能性は論理的に十分あり得る。

このままではSMAPにとっても、ファンにとっても、事務所にとっても、誰にとっても良いことは無い。解散撤回のほうが誰にとっても良いのは明らかだ。

5☆SMILEという70名程度のSMAPファンのグループが実施した解散撤回に向けた署名活動は1ヶ月あまりで25万人を超えた。署名は中国など海外からのものも多く、SMAPの国際的な人気が伺えるものともなっている。

先日の木村拓哉の誕生日である11月13日に「世界に一つだけの花」 の集中購入日がファンの間で設定されており、300万枚の販売実績に限りなく近づいたと見られている。

こういったファンの声は間違いなくSMAPのメンバーに届いているが、事務所の判断にどこまで影響を及ぼすのだろうか。

解散撤回はあるのか?

先日11月11日に放送された福岡のローカル放送「今日感テレビ」(RKB毎日放送)に出演したフライデーの小柳津氏が「SMAP本人達も解散したくないんですよね。」とこれまでの大手メディアの木村拓哉と香取慎吾の不仲説を否定するような発言が話題となった。

本人達の口から直接聞いたわけではないだろうが、様々な情報が飛び込んでくるフライデーだけに、ある程度根拠も掴んでいるのだろう。

そもそもSMAPファンの大半は解散は強制であり、SMAPのメンバーは望んでいないと考えている。プロフェッショナルな彼らが、ファンを悲しませるようなこういう終わり方を選択するとはどうしても思えない。

中居のプロ意識を内閣参与・飯島氏も絶賛

SMAPのプロ意識の象徴として、中居の姿勢を絶賛した飯島勲氏の声を紹介しておきたい。飯島勲氏は過去に小泉政権を支えた政界の大物。現在では内閣参与(特命担当)を務めている。

被災地に向かう政治家のほとんどがパフォーマンスであると嘆いた上で、中居のことを以下のように評価した。

以下、引用

逆に私が賞賛したいのは、アイドルグループ・スマップの中居正広さんだ。中居さんは、東日本大震災のときに、スマップとして4億円以上の寄付をしたうえで、極秘で福島の原発から60キロメートルの被災地を訪れ、炊き出しをした。

今回の熊本地震でもカメラを引き連れずに炊き出しを行っていた。あまりにも有名人なので、途中でバレてしまったようだが、その心意気に被災者は勇気づけられるのだ。

日本には、誰かに評価されたいわけではないのに行動できる人物がいる。私は目頭が熱くなり、涙がでそうになった。

引用:プレジデントオンライン

東日本大震災の時に限らず、過去日本に起こった様々な災害の時にもSMAPは日本国民に寄り添ってきた。そんな彼らが日本国民を悲しませるような解散の仕方を選ぶだろうか?

強制解散なのだとしたら、もはやSMAPのメンバーの力だけでは解散の撤回は難しいだろう。

頼りになるのはファンの力。25万の署名は徐々にメディアに取り上げられてきているが、さらに大きな声となれば事務所も対応せざるを得ないだろう。

解散予定日まで約1ヶ月半と迫った。果たしてどこまで声は広がるのだろうか――。

🔻Twitterでジャニーズニュースを速報中

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事