ジャニー社長”85歳誕生日会”は、タッキーが発起人?怒り心頭の中居正広は参加するのか

シェアする

10月23日に85歳の誕生日を迎えるジャニー社長。昨年の84歳の誕生日会は、ジャニーズのタレントが総勢100人以上参加して大盛況だった。少年を見る目はずば抜けていて10年先の姿まで見えるというジャニー社長。

その眼力で全国から美少年を集め、歌って踊れるアイドルに育て上げ、姉であるメリー副社長の手腕と、最強なる数々の後ろ盾もあってのことだが、年間1000億円の売り上げを誇るジャニーズ帝国を築き上げた。

今年は1月からジャニーズにとって、SMAP独立解散騒動に大揺れに揺れた年とあって、特に今年のジャニー社長の誕生日会に注目が集まっている。去年の誕生日会の会場は、六本木の「RYUZU」という高級レストランで行われた。その日は照れたジャニー社長の出席が1番遅れた模様だ。

店の前には、ジャニーズタレントの車が大集合する景色は圧巻で、滝沢秀明(34)が世話人として無線機を使って来訪者を案内していた。ジャニー社長から若い頃より特別に人望の厚いタッキーこと滝沢秀明が発起人と思われたが、後から滝沢が語ったところによると、発起人は中山優馬(22)で、滝沢がアシスタントだったという。

だが実質的には滝沢が世話人として取り仕切っていたが、85歳のジャニー社長の誕生日会はどうなるのか報道が待たれている。

スポンサーリンク

2015年はジャニー社長と親密な中居正広も出席

昨年の誕生会には、ジャニー社長が5月にインタビューに答えて「命を賭けてSMAPを守る」といったジャニー社長の心意気に感動した中居正広が1人で駆け付けた。木村拓哉は参加せず電話で祝福のメッセージを伝えたと言われている。

パーティは近藤真彦(52)や東山紀之(49)、嵐、TOKIOの国分太一(42)、Kis-My-Ft2など100人以上の参加で、背広姿でバリッと決めた天下のイケメン揃いのパーティ会場は男ばかりだとしても、さぞかし華やかでファンも卒倒するほど素敵だったと思われる。

昨年11月7日放送のラジオ「タッキーの滝沢電波城」(ニッポン放送)で「一番はしゃいでいたのは誰?」という視聴者からの質問に対し、タッキーは「中居くん!中居くんはしゃぎすぎ」と答えている。「はしゃぎすぎ」という感じ方をしたのなら、中居正広主導でパーティが盛り上がったことが不快だったと受け取れる。

だが中居からしてみたら、集まっているジャニーズのメンバーはジュリー副社長の管轄がほとんどなので、普段一緒に集まる機会が殆んどなく、この機会を大いに喜んでMCの能力抜群のセンスで盛り上がって楽しいパーティとなっただろう。

週刊文春のインタビューに1時間近く答えた滝沢が、SMAP4人はアホだと受け取れる発言をして話題になっている。この時期に、ジャニー社長の85歳誕生日会の発起人になったら、アホ発言を聞いて怒り心頭の中居とパーティで顔を合わすことになる。

後輩の滝沢が誤解を受けるような発言をして迷惑を掛けていることを詫びれば、中居の怒りも収まると思われるが、中居が滝沢と顔を合わすことすら避けて参加しなければ、今後2人の関係は拗れて新たな火種となる。

中居正広は、男気と人間的魅力、何よりも類いまれなるMC能力でジャニーズの枠を越えての人脈もある。一方、滝沢秀明は少年の頃からジャニー社長の期待を一身に受けて、それに応えながら期待通り成長してきた筋金入りのジャニーズ派。今回のSMAP解散までの騒動を、すべてジャニーズ側の立場で捉えているものと思える。

ジャニーズを守るという強い意志をストレートに表現しているが、同じジャニーズのアイドルの立場として考える立場を取らず、SMAP4人のメンバーを思いやる心が薄いようなら、明日は我が身というが、ジャニー社長も高齢でジュリー副社長が社長に就任した後、どのような立場に追いやられるか解らない。

ジャニーズの後継者次第でタレントが逃げ出す

冷静で努力家で誰よりも真面目で面倒見の良い滝沢秀明。ジャニーズJr.に慕われて“殿”と言われて頼られている。ジャニーズの将来を考えるなら現在の個人経営のような”えこひいき体制”を改め、ジャニーズの若手の為にメンバーの労働条件や給与体制…なども改正して時代に即したジャニーズに変えていく必要がある。

ジャニー社長の後継者候補として名前が挙がっていたのは、メリー副社長の娘・ジュリー副社長、飯島元マネージャー、近藤真彦、東山紀之の4人だった。飯島元マネージャーを退任させた後、3人となる。メリー氏が娘のジュリー氏を次期社長として指名したので、近藤真彦や、東山紀之が社長に就任する可能性は消えた。

メリー副社長の超お気に入りで特別待遇の近藤真彦もメリー副社長が12月26日に90歳になり引退すると待遇が変わるだろう。東山紀之はメリー副社長から森光子の遺産相続問題で確執が有り、それ以降嫌われている。

ましてや滝沢秀明は幹部候補といっても、ジャニー社長がいなくなると線が細くなる。今後、ジャニーズ以外の大物達とのパイプも視野に入れないと、いつSMAPのように不条理な立場に追い込まれて苦い立場に追いやられるとも限らない。

弱体化しているジャニーズ帝国の今後を立て直していくのはジュリー社長の役目となるが、今迄のように事務所の都合でグループを切り捨てるようなやり方では、アイドル達が次々と力が強くて条件の良い大手芸能事務所へ移籍していくだろう。

また都合よく誘導したり隠ぺいしても、ファンやネットによって真実を暴かれ、世間が時代錯誤の横暴を許さなくなり、テレビ局もマスコミも背を向ける日が近いかもしれない。

🔻Twitterでジャニーズニュースを速報中

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事