SMAP存続を願う25万人以上の署名をジャニーズファミリークラブが受け取り拒否。見当たらない正当な理由

シェアする

何度も当サイトで紹介している5☆SMILEのメンバーを中心に実施したSMAPの存続と活動継続を願う直筆署名活動。25周年のSMAPに25万人以上の署名が集まる形となったわけだが、先ほど5☆SMILEの公式Twitterアカウントから緊急連絡として驚きの内容が共有された。

なんと大事な署名を持参して受け渡そうとしたところ、署名の直接受け取りを拒否するというものだった。

スポンサーリンク

署名の受取を拒否!?

10万人を超えた時点でまずNHKが「ニュースウォッチ9」でこの署名運動を取り上げ、25万人を超えた現段階では民放各社も頻繁にこの署名の存在をワイドショーなどで報じているが、その署名を直接受け取らないというのだ。

もちろん5☆SMILEとしてはこれだけ大量の署名を郵送で送るわけにもいかない。郵送事故の可能性をゼロにはできないし、責任ある立場の人に届いたかどうか等、不透明な部分が多くなってしまうからだ。誤って廃棄してしまったなどと言われる可能性もある。

大事な署名を持参して受領書をもらうのは必須になるだろう。

ファミリークラブの言い分としては、ちょうど渋谷に移転した影響からか現在窓口を閉じていることが理由だと言う。10月22日から移転しており、そこから年明けまで再開見込みが無いという驚きの状況。いったい何ヶ月閉鎖するつもりだろうか。もはや受け取りたくないため、閉鎖していると思われても仕方が無いような状況だ。

そもそも署名提出については以前受取り頂けると回答があったはず。

年末・年始の忙しい時期に打診したならともかく、まだ11月下旬。そもそも11月上旬には提出を打診している。普通なら25万人を超える署名が来るとなれば、ジャニーズファミリークラブの窓口の事情はどうあれ、責任ある立場の人が受け取るだろう。受取を拒否する正当な理由がまったく見当たらない。

そもそもSMAP解散発表のリリース文面によると、ジャニーズ事務所はSMAPの存続を望んでいるのでは無かったのか?

本当に存続を望んでいるのなら解散撤回の後押しとなる重要な署名を何故受け取らないのだろうか。今後の事態の推移を見守りたい。

5☆SMILEの質問と回答

11月27日 9:15追記

5☆SMILEの公式アカウントから続報で多かった質問への回答は以下のとおり。

画像が読みづらい方は下記の通り。

①事務所への提出

ジャニーズ事務所は署名も含めファンの窓口としてファミクラを設置されています。当初からファミクラなら受け取ると言われており郵送を薦められてはいました。こちらが持ち込み希望なのでファミクラが開いたら持参します、と伝えておりました。

②活動資金

今の所問題ありません。本当に大きなお金が必要な時は無理せずちゃんとご相談します。

③取材関連

来ています。いくつか回答もしています。ですがどちらも記事になる前に名前を出すのはご迷惑が掛かることになりかねないので差し控えます。

④弁護士について

当初から相談は何度かしていますが、事例がなくこちらの成果に繋がらない上に費用だけが掛かるようなので専属の方がいる訳ではありません。ただ今回の問題では署名だけが唯一の突破口になる可能性が高い事、この短期間で集めた事実を驚かれています。

⑤各種郵便書類の使い分けについて

弁護士にも言われたことですが喧嘩をする訳ではないので配達記録くらいで良いのでは?と考えています。

この記事の続報はコチラ

SMAP活動継続を願う署名がなんと約37万人分に到達。しかし思い出される男闘呼組の強制解散・署名活動の過去
5☆SMILEが主導する”SMAPの存続と活動継続を願う直筆署名”の数が先月末時点で25万人分だったのが、残りの集計作業も進み37万3515...


【参考】5☆SMILEの署名に関する過去の記事

SMAP解散撤回を望む署名に25万人。驚異的な数が示すファンの願い

SMAP解散撤回を!5☆SMILEの署名活動になんと1日1万人分以上が到着

🔻Twitterでジャニーズニュースを速報中

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事