スポンサーリンク

SMAPの元マネージャー・飯島三智が新会社の代表取締役社長に就任。SMAPやキスマイなどの独立・ジャニーズ分断の布石か

この記事をシェアする

明日発売の週刊文春で衝撃的なスクープが報じられることがわかった。

なんとその内容とはSMAP解散を巡る騒動のカギとなっていたSMAPの元マネージャー飯島三智氏が新会社の代表取締役社長にすでに就任しているというものだ。

社長に就任したのは昨年12月21日のようだが、昨年12月8日の週刊新潮では飯島三智氏がジャニーズ事務所を分断し、木村拓哉以外のSMAPメンバー4人を引き連れて独立すると報じた直後のタイミング。

その報道では中居正広を事務所の「顔」に据えて、キスマイやジャニーズJr.など20人以上を引き連れていくというものだった。飯島氏は周囲に「アイディアが本当に湧いてくるの」と語り、やる気満々で興奮を抑えきれない感じだったという。

この情報には半信半疑の声が多かったが、実際に飯島氏が社長に就任したとすると信憑性が高まってきた。これまで芸能界の掟により、事務所退所後1年間の謹慎期間が必要だったが、昨年1月のジャニーズ事務所退社から1年が経ったばかり。

ついにここから本格的に動き出すのだろうか。週刊文春の発売に先駆けて、週刊文春WEBが報じた内容は以下のとおりとなっている。

スポンサーリンク

週刊文春が報じた飯島三智の代表取締役社長就任

中居正広らSMAP独立組のメンバー4人が、ジャニーズ事務所と契約を更新するか否かに注目が集まる中、SMAPの元チーフマネジャー・飯島三智氏が昨年12月21日、ラオックスの関係者が立ち上げていた新会社の代表取締役に就任したことが「週刊文春」の取材により明らかとなった。

飯島氏は2011年、SMAPが北京でコンサートを開催したのをきっかけに、ラオックスの羅怡文社長夫人と親密な関係となった。

「羅社長は中国の政界や芸能界にも太いパイプがある。そのような背景から飯島氏が4人と合流したうえで、中国進出を計画しているという話が浮上しています。実は、ジャニーズを退所した元KAT-TUNの赤西仁が現在、中国でコンサートツアーやドラマ出演などを果たし、大成功を収めているという前例もあるのです。ジャニーズサイドはもう4人をコントロール出来ないというのが実情で、すべては本人たちの腹次第だと言える」(大手プロ幹部)

新会社の会社登記情報を見ると、目的の欄には〈日本コンテンツの海外発信事業〉〈映画製作〉が含まれており、中国芸能界への進出をうかがわせる。

飯島氏はジャニーズを退社後も、田辺エージェンシーの田辺昭知社長やケイダッシュの川村龍夫会長ら芸能界の大物との接触を続けていた。飯島氏や田辺氏への直撃取材の内容も含め、SMAP独立計画をめぐる詳細は1月19日(木)発売の「週刊文春」で報じる。

引用週刊文春WEB

飯島氏の会社の事業内容に注目

詳しくは明日発売の週刊文春を見てもらいたいが、事業内容に「映像制作」とあるのが気にかかる。SMAPのマネージャーを務めていた時に飯島氏はSMAPの映像管理を担当する会社「ジェイ・ドリーム」の取締役(代表取締役社長はジャニー喜多川氏)を務めていたからだ。

契約上、SMAPの映像の権利を移すことは困難だと思われるが、今年9月にジャニーズ事務所と元SMAPのメンバーの契約が終われば新会社に籍を移し、新たなグループを結成する可能性も現実味を帯びてきた。

また「日本コンテンツの海外発信事業」というのはSMAPメンバーのコンテンツの中国販売以外考えられない。

中国へは様々なコンテンツ企業が進出しているが、漫画・アニメ・ゲーム以外、ほとんど成功事例を聞かない中、唯一可能性があるのは過去に中国でのコンサートを大成功させたSMAPだろう。

この新企業が飯島氏もノウハウの無い中、漫画やゲームを手がけるとは考えづらいため、芸能ビジネスとして活動していくのは間違いない。

今後、飯島氏によるジャニーズ事務所分断工作が活発化しそうだが、昨年干され気味だったKis-My-Ft2などはどう動くのだろうか。

既に昨年からジャニーズ事務所が分裂する予兆はあった。

新会社は資本力や中国コネクションのあるラオックスや以前から噂されている田辺エージェンシーなども後ろ盾となり、今後は日本の芸能界での活動に加え、市場の大きい中国での活動も1つの強みとなるかもしれない。

SMAPやKis-My-Ft2だけでなく、これまで中居につくと報じられていたのは今井翼や亀梨和也、さらにジュリー派と言われる関ジャニ∞からも何名か出ていくのではと報じられていた。日の目を見ないジャニーズJr.からも出ていくメンバーはいるだろう。

中国で既に大人気となった元KAT-TUNの赤西仁なども合流する可能性もある。

芸能事務所のマネジメント能力に優れた飯島氏に加え、芸能界から人望も厚くファンも多い中居正広が中心となってジャニーズ事務所に変わる新たな企業をつくっていくのだろうか。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スマジョをフォローする

スポンサーリンク