ジャニーズの海外進出に暗雲。飯島三智氏の“暴露本”出版争奪戦が繰り広げられる

シェアする

飯島三智元マネージャーが、ジャニーズの将来の展望を考えて10年前からアジア戦略を始めた。そのプロジェクトが飯島元マネージャーの退社により、アジア進出計画が進展するどころか頓挫しかけているという。

自分たちの目的のため、ジャニーズサイドに都合の良い大義名分を付けて、飯島氏を追い詰めて退社させ、行場を失って宙ぶらりん状態のSMAPを年内に解散の事態に追い込んだメリー副社長。ファンや海外も含めた世間からの評判は地に落ちた。それに伴ない経済的損失も大きく、将来の展望も失い続けている。

ジャニー社長の夢であったジャニーズのアジア戦略。ジャニー社長の信頼のあつかった飯島三智氏が任されて、アジア戦略の総責任者になった。先ず中国を突破口として、韓国、台湾、タイ、フィリピンなどを対象にしてプロジェクトが組まれた。努力は実を結び東アジアを中心にコンサートを各国で展開していて、行く先々での人気は想像を絶する熱狂ぶりで迎えられていた。

スポンサーリンク

アジアを中心とした海外戦略が頓挫

敏腕飯島三智の手腕で進められ成功していた戦略が、総責任者である飯島三智氏が退社してからプロジェクトを引き継ぎもなく重大危機に見舞われている。このまま、このプロジェクトが失敗したらジャニーズ側のダメージが大きい。2011年9月にはSMAPの初海外公演が北京の工人体育場で開催され、海外でのジャニーズの人気は高まっていた。

総責任者である飯島三智の退社後は、人材や資金繰りなど、担当者との打合せも出来ずビジネスの話もかみ合わず頓挫している。

「中国はとにかく人脈を大事にする。最近、ジャニーズサイドの関係者がI女史の退社を伝えたのですが、“これまでと変わりなく”というわけにはいかないようで、ビジネスの話をしても全く進まないらしい」(前出の関係者)

中国のみならず、韓国やフィリピン、タイなどでも同じような状況になっているという。

「最近はAKB48に戦略のお株を奪われてしまっているが、I女史がいない から人材や資金繰りがうまくいかないんです。それぞれの国にはI女史と連携を取れるスタッフがいたんですが、退社したことで皆、バラバラですよ」(同関係者)

引用:東スポ

総責任者である飯島三智の退社後は、人材や資金繰りなど、担当者との打合せも出来ず肝心のビジネスの話もかみ合わないため、山下智久が待望していた中国進出が白紙撤回されてしまい残念な結果となっている。結局のところ飯島三智の能力を引き継ぎが出来る人材がいない。今後ジャニーズの力が衰えつつある具体例となる。

また飯島元マネージャーの担当タレントだったSMAP、キスマイ、セクシーゾーン 、A.B.C-Z等が、嵐やTOKIO…を担当しているジュリー副社長担当に代わっているが、干しているのか、新しい仕事を取ってきている様子もあまりない。ジュリー氏の配下の新マネージャーの営業力、またはヤル気がないのか、ジャニーズの弱体化に拍車が掛かっている。

飯島三智氏が“暴露本”出版か・SMAPの新事務所設立か

飯島三智氏の“暴露本”出版の争奪戦も展開されているという。ファンや世間の誰もが待ち望む内容は、SMAP騒動の真実、ジャニーズの本質や裏側、メリー喜多川副社長の正体や確執、木村拓哉の裏切りの真相など、ジャニーズを知りつくしている飯島氏の暴露本の出版を誰もが期待している。

ちなみに「元光GENJI」であったとする著者木山将吾(山崎正人)氏がジャニー喜多川社長の性的虐待を暴露したという「SMAPへ―そして、すべてのジャニーズタレントへ」は現在発売中止となっているが、Amazonではいくらか在庫が残っているようだ。

飯島氏は数々の真実を知っているからこそ書けないのか、書いたらどんなペナルティーがあるのか、事情の一部は報じられていて察しがつくが、真実の暴露が大いに期待されている。出版されたらベストセラーとして売れ続けると思われるが、ジャニーズ事務所のダメージは大きくて凋落は避けられない。

いずれにしても、命に係わる事情…ジャニーズが出来た本当の目的と巨大な利権とブラックな背景、戦後の日本を左右した政財界の大物たち、ジャニーズの闇などには言及はしないと思われるが、もし「暴露本」が出版されるなら、パイプのある週刊文春ではないかと言われている。

だが芸能界の業界は狭くて繋がっている。SMAPやキスマイなど、今後芸能関係の活動を考えているとしたら、暴露本を出版すれば円滑な芸能活動は出来なくなる可能性が高い。ジャニーズ事務所は売上1000億円規模の会社だと推測されているものの、社員数は十数人といわれており、零細企業並みの人員規模なのが謎とされている。

飯島三智の退職金は1億円だと言われているが、働きぶりを考えたら桁違いに少ない。これでは何も出来ないとSMAPの4人のメンバーで250万円ずつ出し合って、1000万円を大恩ある飯島三智氏に餞別として贈ったと言われている。どれほど感謝していて絆が深いか分かる。そしてどれほど深く傷ついているか。

今後の飯島三智がジャニーズの力よりも強い大手芸能事務所のバックアップの下、新たなる復活を期待して、SMAPやキスマイなどの活躍の場を作ってくれると期待されている。

🔻Twitterでジャニーズニュースを速報中

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事