小倉智昭がSMAP解散に関するフジテレビの報道規制を認める「言ったら番組つぶれる」

シェアする

フジテレビの小倉智昭アナウンサーが「バイキング」(フジテレビ系)にゲスト出演。12月31日で解散予定となっているSMAPについての報道に規制があることを認めた。

番組では26日に最終回だった「SMAP×SMAP」のラストステージについて取り上げた。MCの坂上忍からコメントを求められると、小倉は「残念ですけどね。ただSMAPについては『とくダネ!』の事前の打ち合わせでも『ここまではいいけど、こっから先は止めてください』という縛りが非常にありました。自局の番組だし、SMAPは看板でしたからね。」と自らSMAPに関する発言の規制があったことを語りだした。

そしてこの番組は規制が無いというのを確認した後、「この番組潰れますよ」と番組では言えない大きな裏があるように匂わせたものの、詳細は語らず「そりゃだって言えないことはあるでしょう。僕は、自分の番組じゃないから何でも好きなこと言っていいよといったら、この番組潰すことくらいどうってことはない」と語った。

坂上も「そんな潰れるようなネタがあるんですか?」と興味津々のようだった。

スポンサーリンク

とくダネ!でのSMAP解散に関する言及

小倉の「とくダネ!」での発言にはたびたびファンから批判の声が上がっていた。11月にはSMAPの今後について「まぁ、あまり期待は持たない方がいいかも分からないね」「バラバラになっても頑張っていきますよ。彼らはね」とコメントしており、多くのファンから批判の声が飛んだ。

直近だと12月22日の「とくダネ!」では小倉智昭がSMAPの活動継続の可能性を疑問視していた。

社会学者の古市憲寿氏がSMAPが年末に解散したとしても、今後また再結成する可能性もあるだろうと指摘したものの、小倉は「でも、人生ずっと通してSMAPでいるわけには、現実的には無理だと思うんだよね」と再結成の可能性すら疑問視。そして「(メンバー個人で)それぞれに活動は続くわけだから」と語っている。

こうした事務所寄りの発言が、バイキングで明かした規制の範囲内ということになるのだろうか。

スポンサーリンク

🔻Twitterでジャニーズニュースを速報中

シェアする

フォローする

関連記事