スポンサーリンク

フジテレビの株主総会で株主と経営陣がSMAP問題で攻防「お詫び会見させたのはフジテレビの最大の間違い」

この記事をシェアする

6月28日に行われたフジテレビの株主総会で昨年のSMAPの件や香取慎吾がMCを務める「おじゃMAP!!」の継続について株主から質問が上がったことが話題となっている。

昨年フジテレビ系列で放送されていた「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)でSMAP5人は公開謝罪。その後、12月26日に番組は終了した。今後ファンの間で気になっているのは9月で退所することに決まった香取慎吾の「おじゃMAP!!」が継続されるかどうかだろう。

実はジャニーズ事務所のジュリー副社長は元フジテレビの社員。フジテレビの秘書室勤務を経て、ジャニーズ事務所のスタイリストとなり、その後に初の自社レコードレーベル「ジャニーズ・エンタテイメント」の初代社長を経て、新レコードレーベル「ジェイ・ストーム」の代表取締役社長へと就任している。

それだけにフジテレビはいわゆる事務所とべったりの構図。テレビ朝日のようにSMAPのメンバーをかばうよりはジャニーズ事務所を忖度する可能性が高い。

それでは株主総会の内容を見てみよう。

スポンサーリンク

SMAP問題をフジテレビの株主総会で質問

株主総会という一問一答形式の中で、結局ハッキリしたことはわからなかった。

気になるのは稲木氏が「一昨年暮れにSMAPが解散するという報道がなされた。」と事実誤認している点。報道がされたのは1月13日なのだが、一昨年暮れのタイミングで問題を認識していたため誤ってしまったのか。

多くの国民が疑問に思っていることを代表して株主が質問してくれたような形になったが、フジテレビの経営陣には届いているのだろうか。

騒動を知った人の声

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スマジョをフォローする

🔻フォロワー4千人突破🔻

スポンサーリンク