木村拓哉の来年1月新ドラマのヒロインが決まらず危機に。同級生のマツコが救うのか

シェアする

来年1月、TBS系で放送が予定されている木村拓哉(43)主演のドラマが医師役という報道は早々と報道されていたが、綾瀬はるか、満島ひかり、波瑠など…色々と名前が取り沙汰されていたが、いまだにヒロインが決まらない。

遅くとも、この10月から動き出さないと間に合わないと関係者は焦っている。今回のSMAP解散騒動で、大恩ある飯島元マネージャーと、何よりも大切なSMAPの4人のメンバーを裏切って、ジャニーズ事務所に引き戻したというストーリーのはずが、ネットで逆に「裏切り者」として批判され、憎まれて「悪者」のレッテルを貼られてから、イメージの下落による影響が深刻化している。

木村拓哉のヒロイン役としては普通有名女優が抜擢されるが、大手芸能プロダクショはどこもエース格の女優を出すことの大きなデメリットを考えて難色を示している。相手役もいないという今、国民的ヒーローだったキムタクのイメージは地に落ちてしまった。

「ダッセーと思うことはやりたくない。カッコつけマンだから、俺」と公言していた木村拓哉。本当は不器用なのに、カッコつけるために陰ながら相当努力をした負けず嫌いなのかもしれない。

スポンサーリンク

木村拓哉が人を裏切って得たもの

飯島元マネージャーの狙い通り俳優として一世風靡してきた。そして今後の木村拓哉のブランドを揺るぎないものにするための役作りの戦略を持っていた。皮肉にも自分にとってかけがえのない存在をキムタクは幾つも切り捨ててきた。

元恋人のカオリンや、両親、SMAPのメンバー、飯島元マネージャー、そして大切であるはずのファンを裏切ってでも、妻の工藤静香との結婚を選択した。それが今、窮地に立たされている元凶となっているとしたらーー。

自分にとって何が大切かは本人が決めることだが、その結果が今の木村拓哉の状況。キムタクブランドは何処へやら、ヒロイン役にすらそっぽを向かれている現実がある。最近では結婚のために人気が急落した福山雅治のヒロインが決まらず、何とか自分の事務所からヒロインを選べたが、20歳という無名歌手では年齢差の不自然さもあってか、全話平均8.4%と月9史上最低の結果を記録してしまった。

キムタクの医師役のヒロイン役がいないからといって、福山雅治のようにジャニーズには女性はいない以上、他から緊急にヒロイン役を呼んでくる必要がある。

共演NGだったマツコ・デラックスとのバラエティ進出か

2017年からの木村拓哉の売り出しをメリー・ジュリー副社長が必至になって色々と戦略を考えている。その中で“木村拓哉バラエティ進出”がある。そのキーマンとして、大物オネエ系タレントのマツコ・デラックスが浮上しているという。人気絶頂のマツコ・デラックスとの共演が口火となりブレークすると期待してのことだ。

今や各局から、マツコ・デラックスは“視聴率女王”のような扱いで出演番組を増やそうと取り合い気味。木村拓哉とは元高校の同級生という話が有名だったが、今まで共演が一切なかった。

ジャニーズとしては、おネエ系との絡みは半ばタブー視されていたが、この際のこと、元高校の同級生という縁を切口にして、木村拓哉との共演が実現するとなれば、先ず世間から大きな注目を浴びるだろうし視聴率も取れるとの思惑がある。

現在「マツコデラックス」と関ジャニ∞の村上信五の「月曜から夜ふかし」での共演で絶妙なトークで人気絶頂な村上信五も真っ青なこの企画、今後の発表が注目されているがどうなるだろう。

「まずは単発のスペシャル番組などで様子を見るかもしれませんが、来年以降、木村とマツコのレギュラー番組が生まれてもおかしくないほど、ジャニーズサイドはこのプランにノリ気になっています。現在、各局の間で木村とマツコの争奪戦になっています」

引用:サイゾーウーマン

明石家さんまとのバラエティ進出は

“木村拓哉バラエティ進出”として、先ず名前の挙がったのは明石家さんまだった。だが現在、明石家さんまの「俺は木村派や」という宣言で、当の本人であるさんま自身や、木村拓哉が窮地に立たされているという皮肉な状況になっている。

『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)に出演したさんまは 、冒頭からSMAPの解散騒動に言及。雨上がり決死隊の宮迫博之が「中居(正広)派かキムタク派か、どっちなんですか?」と迫ると、さんまは「派閥でいくと、ハッキリ言うわ。俺は木村派や」と断言した。

また、解散の真相については、「言えることは……、いつになったら言えるかわからんけど、ゴーサインが出たら言う。まだ、ジャニー(喜多川社長)さんにもメリー(喜多川副社長)さんにも承諾を得てないから」としながらも、「記事通りってことですか?」との問いかけには、「ほぼ間違いないと思うよ」「お前らの想像通りやって」と明言した。

これに、ネット上では「やっぱり、木村が裏切ったことは、間違いないのか」「さんまがしゃべればしゃべるほど、木村が追い込まれるな」「(工藤)静香と真逆のこと言ってるさんまの、どこが木村派なんだ」といった声が上がっている。

引用:日刊サイゾー

8月22日ハワイのバカンスから帰国した木村拓哉が「去年の末から、今回の騒動に至るまで、自分自身は変わっていない」とコメントし、寝返っていないことを強調した。

さらに、23日にハワイから帰国した妻・工藤静香も、「皆さんの想像とは違うと思います」と、夫に関するネガティブ報道を否定。「木村の行動はSMAPを守るためか?」との質問には、「その他にないです」と夫の心情を代弁して庇ったことを、さんまの発言が見事に打ち消す形になった。

明石家さんまの木村派の言動の真意がどうなのか分からないが、さんま自身が憎まれて、SMAPファンの怒りを買い、キムタクファンの心を揺さぶって、木村拓哉を窮地に立たすという言葉は何を意味するものか?さんま自身の本当の胸の内は分からない。

明石家さんまが司会を務めるトーク番組「さんまのまんま」が9月25日でレギュラー放送を一旦打ち切り終了することが話題になっている。

ネット上では打ち切り理由について色々な意見がある。色々と事情があるだろうが、さんまの「60歳引退説」がほぼ有望視されている。

さんま自身が60歳を過ぎたことで引退することが視野にあるなら、芸能界からの引き際を考えての発言だろうし、最後に芸能界のためならと、身を挺して言いたいことがあるという大きな意味が隠されているとは思えるが、その場の感情での軽い言葉なら、芸能界の去り際が惨めなものとなるのが気にかかる。

SMAPファンを始め、日本中を心配して気をもませ、そして悲しませたSMAP解散の騒動。芸能界の派閥まで生んで代理戦争となるような気配だったが、当分の間静まることがないだろう。

SMAPのファミリークラブもなくなった今、SMAP解散取り消しというどんでん返しは無理としても、飯島マネージャーによる新事務所設立での「新SMAP」の奇跡の復活!という選択肢も夢ではないことを期待している。

🔻Twitterでジャニーズニュースを速報中

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事