流行語大賞に”SMAP解散”ノミネートも注目はブラック企業大賞2016の候補に電通やジャニーズ事務所か!?

シェアする

毎年恒例の「ユーキャン新語・流行語大賞」2016年のノミネート30語が本日17日に発表された。

流行語の豊作となった今年は1月にいきなり話題となった「センテンススプリング」「文春砲」「ゲス不倫」からスマホで話題となった「ポケモンGO」や「歩きスマホ」、7月に就任した東京都知事に関連して「都民ファースト」「アスリートファースト」「盛土」「レガシー」、最近の映画から「君の名は。」「シン・ゴジラ」などが順当に選ばれた。

ジャニーズファンの間で気になる「SMAP解散」もノミネートされており、 これについては11月13日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)でも事前に候補予測として上がっていたが、番組に出演していた”まえだまえだ”の前田航基が、SMAP解散について「 やっぱり、『SMAP解散』とかは嫌だなって。まだ認めたくない感じがあるんで。なんかそれやったら寂しくなるな」と率直な思いを語り、SMAPファンからは賛同の声が上がっていた。

スポンサーリンク

そもそも流行語大賞って?

「新語・流行語大賞」として創始されたのは1984年。「現代用語の基礎知識」(自由国民社)の読者アンケートの結果から編集部によって選出されたワードがノミネートされ、7名の選考委員会によってトップテンと年間大賞が選定される。

2003年からはユーキャンと提携し、「ユーキャン新語・流行語大賞」に改称された。

選ばれたワードには過去、政治的偏向に対する批判があったり、お笑いタレントが選ばれると翌年から人気が落ち、一発屋になるというジンクスがある。今回選定された「斎藤さんだぞ」や「PPAP」などはこれらのジンクスから喜んでいいのかわからない状況だ。

30の候補

アスリートファースト/新しい判断/歩きスマホ/EU離脱/AI/おそ松さん/神ってる/君の名は。/くまモン頑張れ絵/ゲス不倫/斎藤さんだぞ/ジカ熱/シン・ゴジラ/SMAP解散/聖地巡礼/センテンススプリング/タカマツペア/都民ファースト/トランプ現象/パナマ文書/びっくりぽん/文春砲/PPAP/保育園落ちた日本死ね/(僕の)アモーレ/ポケモンGO/マイナス金利/民泊/盛り土/レガシー

トップテンと年間大賞は12月1日に発表されるが実は、同日に狙ったかのようにノミネート企業を発表する賞レースがある。

それは「ブラック企業大賞2016」だ。

ブラック企業大賞とは

2012年から始まったブラック企業の頂点を決める企画で従業員に過労やサービス残業を強いたり、パワーハラスメントや偽装請負、派遣差別を行ったりした企業がノミネートされる。

運営は作家や弁護士、大学教授などが「ブラック企業大賞企画委員会」を構成して行っている。過去のブラック企業大賞受賞企業は2015年はFCオーナーの「見切り販売」を妨害するなどしたという理由で「セブンイレブン・ジャパン」、2014年は超過残業を理由に「ヤマダ電機」、2013年は過労自殺のあった「ワタミフードサービス」、2012年は原発関連の理由で「東京電力」が大賞を受賞している。

しかし昨年はあまりTV等の大手メディアで取り上げられることがなく、多額の広告宣伝費をTVに支払っている大企業を大々的にニュースで取り上げることに及び腰のメディアの姿勢が問題視されている。

今年はさらにメディアで取り上げられることが無いと見られ、それはTV局だけでなく、雑誌や新聞などあらゆるメディアがスルーする可能性が高い。

何故なら今年のノミネートはあの企業だからだ。

2016年のノミネート企業は

今年は新入社員の過労自殺で強制捜査の入った「電通」が最有力と見られるも、1月のSMAPの「公開謝罪」などがパワハラとして「ジャニーズ事務所」がノミネートされる可能性も高い。

他にパワハラやレコ大などで問題になったEXILEのいる「LDH」や労働環境で問題が指摘されたいくつかのチェーン店などが候補となるだろう。

順当にいけば強制捜査まで入った「電通」だが、問題はノミネートが12月1日に発表された後、投票が”ウェブ投票”であることだ。過去最大の2013年の投票数でもたったの30,480票。この程度の投票総数であれば、何が起こってもおかしくない。

ウェブ投票実施時期は12月1日(木)16:00から12月22日(木)17:00となっており、SMAP解散が近づくタイミングと重なるため、解散撤回がなければSMAPファンの怒りの矛先が向き、ジャニーズ事務所に票が集まる可能性もある。何故ならSMAP解散撤回の直筆署名に25万人が集まったという実績があるからだ。直筆署名はもちろんネット投票よりも手間がかかり、ハードルは断然高い。

今年の授賞式は投票を締め切った翌日の12月23日。おそらく授賞企業は電通などの影響の少ないネットニュースが大々的に取り上げるだろうが、大手メディアは取り上げないと見られるため、大きな話題になることはないかもしれない。

電通・ジャニーズ事務所が候補に入れば、テレビ局が取り上げることはないだろうし、新聞・週刊誌・スポーツ新聞も広告宣伝費の大半を占める電通やジャニーズ事務所を敵に回したくないだろう。

しかしインターネットメディアやSNSが普及した昨今、ネットだけで大きな話題になる可能性もあるかもしれない――。

🔻Twitterでジャニーズニュースを速報中

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事