SMAP解散撤回に現実味。香取慎吾が木村拓哉とお揃いのバングルでテレビ出演し、不仲説を実質否定

シェアする

SMAPファンには大変な朗報が飛び込んできた。

10月17日に放送された「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)にて放送された「S・LIVE」のコーナー。SMAPとイエモンの共演のそのコーナーでは「バラ色の日々」「ALRIGHT」という2曲の選曲が意味深だとして話題になっていた。

ところが、このコーナーのメッセージはこれだけではなかった。木村拓哉と香取慎吾が並んで登場したこのコーナー。なんと不仲だとしてメディアに連日報道されている香取の腕に木村がよく身につけているコディサンダーソンのアクセサリーである星のバングルが身に着けられていたのだ。

コディサンダーソン(Cody Sanderson)は1964年生まれのアメリカのデザイナーで、海外ではジョニー・デップなども愛用しており、アクセサリーはほぼすべてコディ本人による自作となっている。

スポンサーリンク

香取慎吾が身に着けていたバングルとは

このアクセサリーはかなりのレアでコレクターの間でも貴重なものとなっており、”たまたま”身に着けていたという確率は0.000…1%と非常に低いだろう。 TAKAHIRO MIYASHITAとのコラボアイテムで人気のバングルとなっている。

木村拓哉が頻繁にTV番組で身につけているアクセサリーでもあり、同じS-LIVEコーナーでも過去にB’zの稲葉浩志が出演した際に木村拓哉が身につけて出演している。

しかもこのアクセサリーなんと1つ1つがハンドメイド。つまり、世の中に1つとして同じものはないのだ。”Six Star Cuff”や”Five Star Cuff”という種類があるが、今回はどちらのタイプかはわからない。価格は20万円以上となっている。

オシャレ好きな香取が知らないはずもないだろう。本当にSMAPメンバーが不仲で現在も分裂しているのであれば、このアクセサリーを香取が身につけるはずがない。

どのタイミングかは不明だが、木村拓哉から借りたかもらったものであるのは間違いないだろう。実際に映像を見てみるとアクセサリーのサイズが香取には合っていないのがわかる。

加熱する木村と香取の不仲説の報道。スマスマでも”香取が笑わない””木村との距離が遠い”などの場面が解散報道直後には確かに見受けられた。

仮に最初はそうだったとしても、今は仲直りしているのではないか。

ここまで解散の原因について香取慎吾や木村拓哉がスケープゴートにされているため、SMAPのメンバーが解散理由について直接コメントをすることは許されていないと見られている。ベストアルバム発売のPRでさえ”SMAP”の文字を読ませてもらえないのが現状だ。

そして今回のスマスマについても番組収録内容はきっと事前に事務所もチェックしている。直接、解散についてコメントすればカットされるだろうし、そのために番組収録には観客も入れなくしている。そんな中、今回の件は事務所のチェックをギリギリすり抜けて、ファンへ自分の気持ちを伝えようとした行動に思えてならない。

多くのファンが悲しむこの状況のまま解散してしまうのは、ファンのために、日本国民のために尽くしてきたこれまでの自分達の活動を否定することにもなりかねない。ぜひ解散撤回を年末までに表明してもらいたいものだ。

世界に一つだけの花の購買運動はファンの間で今なお続いており、販売枚数は300万枚を超える可能性も出てきた。そしてSMAPファンの有志70名程度で実施されている署名活動「5☆SMILE」では街頭署名を禁止しているにも関わらず、SMAP存続並びにグループ活動の継続願いの署名が1万人を突破したという。

各メディアで報道されている木村拓哉と香取慎吾の不仲説。今回の件を見る限り、既に払拭されていると見ていいだろう。このまま解散になるのだとすれば、不仲説では無い別の理由が原因ではないだろうか。

この件が拡散され、SMAP解散撤回ムードが高まることを期待したい。

🔻Twitterでジャニーズニュースを速報中

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事