スポンサーリンク

木村拓哉「A LIFE」が逃げ恥と同じ視聴率で終了もやまないバッシング。改めて考える木村拓哉が語ったSMAP解散への想い

この記事をシェアする

3月19日に最終回が放送された木村拓哉が主演するドラマ「A LIFE〜愛しき人〜」(TBS系)の平均視聴率が16.0%だったことが発表された。最終回にて自己最高記録を更新し、全話平均で14.5%となっている。

第1話が14.2%となり、その後第4話には最低の12.3%をつけたものの、最終的には多くの視聴者を惹きつける結果となったようだ。

この全話平均視聴率の14.5%というのは昨年話題となった「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)と全く同じ数値。逃げ恥のほうは最初10.2%から話題を集めて急速に視聴率が上がっていき最終回には20.8%まで上がったという推移こそ違うが、それでも大ヒットドラマであることは間違いないだろう。もちろんこの1月クールに放送されたドラマの中でも視聴率はダントツトップでもある。

しかし木村拓哉をバッシングしたいのか、”あること”を持ち出してバッシングするメディアが後を立たないようだ。その”あること”とは後輩である嵐の松本潤との比較だ。

スポンサーリンク

A LIFEは大ヒットのはずもネガティブな報道が相次ぐ

以下、引用

TBSがっくし!? 木村拓哉『A LIFE』16%で有終の美も、嵐・松本潤『99.9』に大負けで……

木村にとって、連ドラ主演は昨年4月クールの『アイムホーム』(テレビ朝日系)以来1年半ぶりで、日曜劇場となると『安堂ロイド~A.I.knows LOVE?~』以来3年ぶり。『A LIFE』の外科医役は、木村が演じた職業としては20個目だった。

「『A LIFE』の期間平均は、『アイムホーム』の14.6%とほぼ変わらず、『安堂ロイド』の12.6%を大きく上回った。ただ、TBS的には昨年4月期の嵐・松本潤主演の日曜劇場『99.9 -刑事専門弁護士-』の期間平均17.2%をここまで下回るとは思っていなかったとか。それほどまでに、『A LIFE』はTBSが総力をつぎ込んだドラマだったということでしょう」(テレビ誌記者)

引用日刊サイゾー

木村拓哉、「A LIFE」が嵐・松本潤に完敗で「主演俳優はもう厳しい」の声

では、ドラマとしては、どう評するのか?

「ドラマの伏線となったものが、最終回でもすべて未回収といった感じです。深冬(竹内結子)はなぜ沖田(木村)でなく、壮大(浅野忠信)と結婚したのかは、結局わからずじまい。また、沖田の父が口癖のように『お前は半人前だ』と繰り返したことにどんな意味があったのか。最終回で壮大が、父との確執を吐露した時、沖田自身も父から壮大と比較され、認めてもらえなかった思いを言うのかと思ったら言わない。医療的には、難しい部位の腫瘍を取る場合、高度医療の現場では3DでABS樹脂のモデルを作って、手術シミュレーションを考察するのが主流なのに、それもない。機材リースの予算がなかったのかと勘ぐってしまいました」(前出・芸能ジャーナリスト)

それにしても、同時間帯、同局で放送された松本潤主演ドラマ「99.9 -刑事専門弁護士-」の平均視聴率は17.2%。「A LIFE~」は14.5%。後輩にも惨敗した木村に、主演俳優としての今後は厳しいものになったようだ。

引用アサジョ

どちらの報道も昨年ドラマの平均視聴率年間2位(1位は「ドクターX ~外科医・大門未知子~」の21%)の松本潤主演でヒットとなったドラマ「99.9」と比較しているのだから仕方が無い。

昨年のドラマと「A LIFE」を比較すると、それでも「99.9」に続いて「逃げ恥」と同様の3位に入るほどの大ヒットドラマとなったのだから結果としてドラマ制作陣は安堵しているだろう。ちなみに昨年4位だったのは大野智主演の「世界一難しい恋」(日本テレビ系)の12.9%となり、1.6%ほど差をつけている。

昨年のSMAP解散騒動以前にはほとんど無かったが、それ以降はやはり”キムタクバッシングありき”の報道が増えている。そんな状況は今後変わっていくのだろうか。

今後の木村拓哉の予定

次に控えるのは4月29日より全国公開される映画「無限の住人」と4月10日にスマスマが放送されていた月曜22時枠ともかぶっており、21時〜23時18分に放送されるバラエティ番組「さんタク」だ。

すでに「A LIFE」のドラマの撮影を終えている木村がさんタクの収録に参加した様子は明石家さんまのラジオ番組などでも一部伝えられている。

他に3月・4月に木村がテレビ出演することがあるとすれば映画「無限の住人」の番宣だろう。また「さんタク」は次の視聴率次第ではレギュラー化される可能性もあると噂されている。

そして次に内定していると言われているのが、テレ朝の火曜日23時枠で木村拓哉がMCを務める冠バラエティ番組と10月か1月クールでのフジテレビ月9ドラマの主演だ。

1月に「A LIFE」の番宣で各バラエティ番組に出演する木村の姿はこれまでに無いものだった。そして今後の内定報道も含めて本当に実現するとなれば、木村がこれほど積極的にメディア露出を図る理由は何なのだろうか?

「昨年のSMAP解散騒動で下がってしまった好感度を少しでも上げるため」

そのようにまたネガティブに報道するところもあるかもしれないが、木村がSMAP解散について語った”ホンネ”という雑誌でのインタビュー特集を改めて見てみたい。

世間ではSMAP解散が迫り木村への批判が高まっていた昨年10月24日発売の「UOMO」に掲載されたインタビュー内容だ。

以下、引用

自分のスタンスとしては、これまで「I am」ではなく、「We are」でずっとやってきました。「We」の中には支えてくれるファンやスタッフもいて、そういう人たちに向けてしっかりコミュニケーションがとれないまま半端なかたちで終わってしまうことが本当に無念です。

今までグループとしてやり続けてこられたのは、間違いなく支えてくれた人たちのおかげ。その人たちに向けて「ありがとうございました」ではなく、「ありがとう」という言葉をとにかく伝えたいですね。たとえグループとしての活動が終わっても、それまでの思い出や記憶がなくなるわけではないから、この先も関係性はずっと続いていくという意味で、過去形ではない純粋な「ありがとう」をちゃんと伝えたいという思いは今でもあります。それはせめてもの礼儀だよなって。

引用:UOMO

長年あったSMAPの解散が”半端なかたち”で終わると、その無念を語っている。

今年1月に入ってからの積極的な活動は、足りないと感じているファンやスタッフたちとコミュニケーションを取ろうとする姿勢の表れではないだろうか。

もちろんSMAP解散について”無念”と考えているのは、木村だけでなくSMAP5人が全員そう考えていると思うし、スタッフもファンもそうだろう。そう考えていないのは解散を決定した張本人であるメリー氏くらいだろうか。社長であるはずのジャニーさんは1月にインタビューで解散の詳細については「僕は何も知らないですから、正直なところ」とも語っており、解散の意思決定者であるはずがないことはこれまでの言動からもわかるだろう。

無念を晴らすためにも噂される飯島元マネージャーの暴露本出版でSMAP解散騒動の真相を明らかにしてもらいたいものだが――。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スマジョをフォローする

スポンサーリンク